基本的な Git コマンド

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Git の利用開始に役立ついくつかの基本的な Git コマンドの一覧です。

詳細については、Git コマンドやワークフローの視覚的な紹介や例を確認できるアトラシアンの Git チュートリアルをご確認ください。

 

Git でのタスク注意Git コマンド
Git に自分のアカウントを伝える自分のコミットで使用される、作成者の名前とメール アドレスを構成します。

Git は user.name からいくつかの文字を取り除く (末尾のピリオドなど) ことにご注意ください。

git config --global user.name "Sam Smith"

git config --global user.email sam@example.com

新しいローカル リポジトリを作成  
git init
リポジトリをチェック アウト ローカル リポジトリの作業用コピーを作成します。
git clone /path/to/repository
リモート サーバーの場合、次を使用します。
git clone username@host:/path/to/repository
ファイルを追加 ステージングに 1 つ以上のファイルを追加 (インデックス) します。
git add <filename>

git add *
Commit 変更を head にコミットします (リモート リポジトリにはまだ行いません)。
git commit -m "Commit message"
git add で追加した任意のファイルをコミットし、それ以降に変更された他のファイルもコミットします。
git commit -a
プッシュ リモート リポジトリの master ブランチに変更を送信します。
git push origin master
ステータス 変更済みで追加またはコミットが必要なファイルの一覧を表示します。
git status
リモート リポジトリへの接続 ローカル リポジトリをリモート サーバーに接続していない場合、サーバーにプッシュできるようにサーバーを追加しますgit remote add origin <server>
現在構成済みのすべてのリモート リポジトリを一覧表示します。git remote -v
ブランチ 新しいブランチを作成してそれに切り替えます。
git checkout -b <branchname>
1 つのブランチから別のブランチに切り替えます。
git checkout <branchname>
リポジトリにあるすべてのブランチを一覧表示し、自分が現在いるブランチを確認します。
git branch
フィーチャー ブランチを削除します。
git branch -d <branchname>
ほかの人が使用できるように、ブランチをリモート リポジトリにプッシュします。
git push origin <branchname>
すべてのブランチをリモート リポジトリにプッシュします。
git push --all origin
リモート リポジトリのブランチを削除します。
git push origin :<branchname>
リモート リポジトリからの更新リモート サーバーの変更を取得して作業用ディレクトリにマージします。git pull
別のブランチを自身のアクティブなブランチにマージします。
git merge <branchname>
すべてのマージ競合を確認します。

ベース ファイルに対する競合を確認します。

マージ前に変更をプレビューします。

git diff

git diff --base <filename>

git diff <sourcebranch> <targetbranch>
競合を手動で解消したら、変更済みのファイルをマークします。
git add <filename>
Tagsタグを使用して、リリースなどの大規模なチェンジセットをマークできます。
git tag 1.0.0 <commitID>
CommitId はチェンジセットの ID の先頭の文字で、最大で 10 文字であり、一意である必要があります。次のコマンドを使用して ID を取得します。
git log
すべてのタグをリモート リポジトリにプッシュします。
git push --tags origin
ローカル変更のやり直し 作業ツリーの変更を head の最後のコンテンツで置き換えることができます。

インデックスに追加済みの変更や新しいファイルは保持されます。

git checkout -- <filename>
すべてのローカル変更とコミットを削除し、サーバーから最新の履歴を取得して、ローカルの master ブランチでそこを指すようにするには、次のようにします。
git fetch origin

git reset --hard origin/master
検索 作業ディレクトリで foo() を検索します。git grep "foo()"
最終更新日: 2019 年 2 月 11 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.