トラブルシューティング、キャンセル、クリーンアップ

このページの内容

このセクションの項目

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Exporting forks

エクスポート用に個々のリポジトリを選択する場合、以下のルールが適用されます。

  • いずれかの階層でフォークを選択すると、全階層が含まれます。 
  • ルート リポジトリのみを選択しても、すべてのフォークが引き続き含まれます。

競合の解決

Conflict resolution is automatic. If a project with the same name or key already exists, the imported project is renamed. After the import has finished, imported projects and repositories can be renamed or moved around as required.

個人リポジトリでは、同じ名前のリポジトリがすでに存在する場合、インポートされたリポジトリの名前が変更されます。

キャンセル

エクスポート中にキャンセルした場合: 移行は即座に停止し、アーカイブは使用できません。

If you cancel during import: The migration will complete importing the current repository, then stop. It's important to understand that if you cancel midway through the import, the fork hierarchy may not be complete and subsequent imports will not reuse already existing fork parents.

プル リクエストのインポート中にキャンセルした場合、インポートは現在のプル リクエストのインポートを完了してから停止します。

If you cancel while importing Git data, no pull requests will be imported.

Import complete with errors

Every job (both import and export) has messages that you can query from the REST API. 

Warnings:

If a job is completed but has warnings: you should read the warnings and decide if any action is required. 

エラー

Errors mean something is broken or will fail.

ジョブは完了していないため、エラーの原因を特定して、影響を軽減する必要があります。 

"Initializing" のままのリポジトリ:

エラーがある場合、リポジトリが "Initializing" 状態に留まる可能性があります。これは技術的なエラーで、自然に解決されることはありません。現在、この動作を認めた場合、サポート チケットを起票する必要があります。  

Rollback and Delete

There is no automatic rollback, you will need to manually go through and delete the data you do not want, before trying again. 

ソースとターゲットは移行中使用できなくなりますか?

ソースとターゲットはいずれも、移行 (インポートおよびエクスポート) 中も利用可能です。これはパフォーマンスに悪影響を与えることがあるため、可能な限り、使用率が低い期間に実行することをお勧めします。

Export archives may become bigger or less efficient if the instance is being used during migration. Because of this it is not recommended to use an instance during a migration.

移行が破損している場合の対処法

The export can be corrupted: When the job is completed and has no errors in the job messages, you can use the archive. 

インポート: インポートが失敗すると、リポジトリが "Initializing" 状態のままになる場合があります。これは致命的なエラーで、自然に回復することはありません。この状態のリポジトリがある場合、それを削除する必要があります。 

There is a REST endpoint which can be used to find all repos that are in state initializing.

Attachments in comments on pull requests

Attachments are uploaded and stored in the repository of the comment they added in. If a pull request comment references an attachment that was uploaded to a different repository, there is a possibility that the attachment will not be successfully imported. The following will be logged (and added as a warning to the import job) if an attachment is not successfully imported:

WARN c.a.s.i.m.DefaultImportContext Warning registered for job 1 of type com.atlassian.bitbucket.migration.import (RUNNING) against pr attachment: Could not find repository created with export ID '1,234'

回避策: 添付ファイル リンクがインポート中に解決に失敗した際にログに記録されたエクスポート ID を持つリポジトリをソース インスタンスで見つけます (上記の例参照)。

このリポジトリがエクスポートされ、ターゲット インスタンスにインポートされていたら、ターゲット インスタンスでそのリポジトリ ID を見つけ、添付ファイル リンクを参照している任意のコメントのコメント テキストで、その添付ファイル リンク内のリポジトリ ID を更新します。

このリポジトリがエクスポートされていなかった場合、ソース インスタンスから添付ファイルをダウンロードして添付ファイル リンクを置き換え、ターゲット インスタンスでコメントに添付ファイル リンクを再添付します。


最終更新日 2019 年 1 月 16 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

このセクションの項目

Powered by Confluence and Scroll Viewport.