Bitbucket Server での監査ログ

このページの内容

このセクションの項目

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Bitbucket Server では、インストール時にデフォルトで内部監査システムが有効になっています。監査システムは、管理者に対し、Bitbucket Server の使用状況のインサイトを提供します。監査システムは、特定の期間の認証および不正な変更、または疑わしいアクティビティを特定するために使用できます。 

最近のイベントを表示する

Bitbucket Server 管理者およびシステム管理者は、[監査ログ] ビューで、各プロジェクトとリポジトリの最近のイベントの一覧を確認できます。これらはプロジェクトまたはリポジトリの [設定] にあり、最も重要な監査イベントのみを表示します。 

監査ログはログ ファイルに記録されたイベントのサブセットを表示し、設定可能な最大サイズ (デフォルトは 500 イベント) に維持されます。詳細については、「Bitbucket Server の監査イベント」を参照してください。

監査ログ ファイルへのアクセス

The full audit log file records a wide range of events in Bitbucket Server. See Audit events in Bitbucket Server for a list of these.
The volume of events that are logged is coarsely configurable by changing a Bitbucket Server instance setting. See Bitbucket Server config properties for more details.
You can find the log file in the <Bitbucket Server home directory>/log/audit directory. 
ログ ファイルは日次で作成されるほか、最大サイズである 25 MB を超えると新しく作成されます。Bitbucket Server が保持する、作成されたファイルの数には、制限 (現在 100) があります。制限に到達すると、それぞれの日のもっとも古いファイルが削除されます。

 

組織でログのコピーを保持する必要がある場合、ログが削除される前にログ ファイルのバックアップを作成する必要があります。

 

監査ログの構成

Bitbucket Server の監査ログの構成にはさまざまなシステム プロパティを使用できます。

最終更新日 2016 年 5 月 26 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

このセクションの項目

Powered by Confluence and Scroll Viewport.