Bitbucket Server を Linux にインストールする

このページでは、Linux インストーラーを使用して、外部データベースのある本番環境に Bitbucket Server をインストールする方法を説明します。

これは、Linux サーバー上で本番サイトを稼働させる最も簡単な方法です。

 

 

Bitbucket Server のその他のインストール方法 

  • 評価版 - 無料トライアルをすぐに利用できます。
  • TAR.GZ – Bitbucket Server をアーカイブ ファイルから手動でインストールします。 
  • Windows- Bitbucket Server を Windows Server にインストールします

このページの内容

 

はじめる前に

Bitbucket Server をインストールする前に、いくつかの質問に答える必要があります。 

サポートされているオペレーティング システムを使用していますか?
詳細を読む...

サポート対象プラットフォーム」 ページで、インストールする Bitbucket Server のバージョンをご確認ください。このページでは、サポート対象のオペレーティング システム、データベースおよびブラウザーに関する情報を提供しています。

参考情報

  • 本番サイトでの macOS への Bitbucket Server のインストールはサポートされません。
  • Bitbucket Server インストーラーには Java (JRE) および Tomcat が含まれているため、これらを別途インストールする必要はありません。
Bitbucket Server をサービスとして実行する予定ですか?
詳細を読む...

Bitbucket Server をサービスとして実行すると、Windows の起動時に Bitbucket Server が自動的に開始します。

Bitbucket Server をサービスとして実行する場合

  • Bitbucket Server をサービスとしてインストールできるようにするには、sudo を使用してインストーラーを実行する必要があります。
  • インストーラーは専用ユーザーアカウント atlbitbucket を作成し、これがサービスを実行します。

Bitbucket Server をサービスとして実行しない場合

  • Bitbucket Server のインストール ディレクトリで start-bitbucket.sh ファイルを実行することで Bitbucket Server を開始および停止します。
  • Bitbucket Server は、Bitbucket Server をインストールするために使用されたユーザー アカウントで実行されます。専用ユーザーとして実行するように選択することもできます。
  • サーバーが再起動される場合、Bitbucket Server を手動で再起動する必要があります。

これらのオプションの詳細については、次のページを参照してください。

Bitbucket は既定で 7990、7992、および 7993 ポートを使用します。これらは利用可能ですか?
詳細を読む...

ポート 7990: Bitbucket は既定ではポート 7990 を使用して実行されます。 このポートがすでに使用されている場合、この変更に関する詳細な説明について「Bitbucket Server がリッスンするポートを変更する 」を参照してください。

ポート 7992 および 7993: Bitbucket Server に組み込みの Elasticsearch インスタンス (機能の検索に必要) はポート 7992 および 7993 を使用する必要があります。これを変更することはできないため、これらのポートが利用可能であることを確認してください。

データベースはセットアップ済みで使用可能な状態ですか?
詳細を読む...

Bitbucket を本番環境で実行するには、外部データベースが必要です。「サポート対象プラットフォーム」ページで、インストール予定のバージョンに対応するサポート対象のデータベースの一覧をご確認ください。

参考情報

  • データベースは開始前にセットアップしておきます。PostgreSQLOracle、およびSQL Server 向けのガイドが提供されています。
  • MySQL は Bitbucket Server インスタンスでのサポート対象ですが、これは推奨されません。詳細については、「Bitbucket Server を MySQL に接続する」を参照してください。

Bitbucket Server ライセンスを持っていますか?

詳細を読む...

Bitbucket Server を使用するには、有効なライセンスが必要です。

参考情報

  • ライセンスをお持ちではない場合、セットアップ中に評価ライセンスを作成できます。この際、業務用のメール アドレスを使用するようにしてください。
  • ライセンス キーをお持ちの場合は、my.atlassian.com にログインして取得することを促すプロンプトが表示されます。セットアップ中にライセンス キーを手動で入力することもできます。
  • Bitbucket Cloud (bitbucket.org) から移行する場合、新しいライセンスが必要です。

Git および Perl の適切なバージョンをインストールしていますか?
詳細を読む...

Bitbucket Server では、Bitbucket Server を実行するマシン上に Git が必要です。Bitbucket Server インスタンスのマシンで Git を確認し、インストールまたはアップグレードする必要がある場合は、「Git のインストールとアップグレード」を参照してください。

Git を最新バージョンにアップグレードする前に、現在サポートされている Git バージョンを「サポート対象のプラットフォーム」ページで確認してください。

トラブルを回避するため、Perl を含むその他のシステム要件をすべて満たしていることを確認します。

 

Bitbucket Server のインストール

1. Bitbucket Server をダウンロードする

インストーラーをダウンロードします: www.atlassian.com/software/bitbucket/download

2. インストーラーを実行する

  1. インストーラーを実行可能にします。

    手順について

    Bitbucket Server をダウンロードしたディレクトリに移動して次のコマンドを実行します。

    chmod +x atlassian-bitbucket-x.x.x-x64.bin

    ここで、X.X.X はダウンロードした Bitbucket Server のバージョンです。



  2. インストーラーの実行 - sudo を使用してインストーラーを実行することをお勧めします。これにより Bitbucket Server を実行する専用アカウントが作成され、Bitbucket Server をサービスとして実行できます。

    手順について

    インストーラーの実行で sudo を使用するには、次のコマンドを実行します。 

    $ sudo ./atlassian-bitbucket-x.x.x-x64.bin

    ここで、X.X.X はダウンロードした Bitbucket Server のバージョンです。

    root ユーザー権限でインストーラーを実行することもできます。



  3. プロンプトに従ってBitbucket をインストールします。次の情報を提供します。
    1. Bitbucket インスタンスのタイプ - インストールのタイプ。この手順では Standard を選択します。
    2. インストール ディレクトリ - Bitbucket のインストール先。
    3. ホーム ディレクトリ - Bitbucket のアプリケーション データの保存先。
    4. TCP ポート - Bitbucket が実行される HTTP コネクタ ポートおよび制御ポート。
       
  4. インストーラーが完了したら、ブラウザで http://localhost:7990 にアクセスしてセットアップ プロセスを開始します。

Bitbucket のセットアップ

Bitbucket Server の初回起動時にブラウザでアクセスすると、セットアップ ウィザードが自動的に実行されます。

3. データベースへの接続 

  1. データベースをまだ作成していない場合、ここで作成します。詳細については、このページの「はじめる前に」セクションを参照してください。 

  2. データベースとして [外部] を選択し、ドロップダウン メニューからデータベース タイプを選択して、データベースの詳細情報を入力します。

    MySQL を使用する場合は追加の手順が必要です...

    MySQL / MariaDB 用の JDBC ドライバはライセンス上の制限により、Bitbucket Server にバンドルされていません。このため、ドライバをダウンロードしてインストールする必要があります。

    1. MySQL Connector/J JDBC ドライバをダウンロード サイトからダウンロードします。
    2. ダウンロードした zip/tar.gz ファイルを展開します。
    3. 展開したディレクトリの .jar ファイルを <Bitbucket home directory>/lib ディレクトリにコピーします。

4. ライセンス キーの追加

プロンプトにしたがって my.atlassian.com にログインしてライセンスを取得するか、ライセンス キーを入力します。

また、このステップでベース URL を設定できます (あとから行うこともできます)。

5. 管理者アカウントの作成

  1. 管理者アカウントの詳細情報を入力します。
  2. Click either Go to Bitbucket - to go straight to the Bitbucket Server interface, or Integrate with JIRA - to create your connection with an existing JIRA application. 

    詳細を読む...

    You can also chose to use a JIRA application as your user database during this step. See the page Configuring Jira integration in the Setup Wizard for details. You can also elect to do this later.

6. Bitbucket Server の使用を開始する

これで完了です。Bitbucket Server サイトに、http://<computer_name_or_IP_address>:<port> などの URL からアクセスできます。

次のステップ

本番環境に Bitbucket Server をセットアップする場合、次のような部分を設定することをおすすめします。

 

大規模な組織を対象とした Bitbucket Server のセットアップの詳細については、「大規模な組織で Bitbucket Server を使用する」を参照してください。

最終更新日: 2018 年 2 月 9 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.