Bitbucket Data Center and Server feature comparison

アトラシアンがホストしていない独自の Bitbucket サイトを管理する場合、Bitbucket Server または Bitbucket Data Center ライセンスのいずれかが必要です。 

利用可能な機能やインフラストラクチャは、Bitbucket ライセンスによって決定されます。 

アトラシアンでは、すべてのチームが Bitbucket を最大限に活用できるよう、プロジェクト、リポジトリ、プル リクエスト、およびワークフローを含むコア機能をすべてのユーザーに提供しています。 

機能の比較

各ライセンスに含まれる内容の概要を次に示します。 

コードとコラボレーションServer ライセンスData Center ライセンス

プルリクエスト

変更のマージ前に、チームとコードを確認、検討します。プル リクエストを介したコラボレーションの詳細をご確認ください。

レビュー プロセス中にファイルやコードにコメントを複数下書きする。コード レビューの新しいワークフローの詳細を見る

(tick)

(tick)

ブランチの権限

ユーザーがリポジトリまたはプロジェクト内でシングル ブランチ、ブランチ タイプ、またはブランチ パターンに対して実行できる操作を管理します。ブランチ権限の詳細をご確認ください。

(tick)

(tick)

柔軟なワークフロー

集中化されたワークフロー、Gitflow ワークフロー、またはフォーク ワークフローを使用します。柔軟なワークフローの詳細をご確認ください。

(tick)

(tick)

レビュアー グループ
適切なレビュアーをコード レビューに一括ですばやく追加するのに役立ちます。レビュアー グループの詳細についてご確認ください。
(error)
(tick)
7.13 以降

Jira Software Server と Data Center の統合

Jira Server、Data Center、Bitbucket を接続して、両プラットフォーム全体で自動で課題をリンクして同時に進捗を追跡します。Jira Software との統合に関する詳細についてご確認ください。

(tick)

(tick)

Jira Software Cloud 統合

Jira Cloud と Bitbucket を接続して、両プラットフォーム全体で自動で課題をリンクして同時に進捗を追跡します。Jira Software との統合に関する詳細についてご確認ください。

(error)
(tick)
7.14 以降

CI/CD 統合

Bitbucket を世界の大手 CI/CD ベンダーとシームレスに統合して、生産への過程を合理化します。CI/CD 統合の詳細をご確認ください。

(tick)
(tick)
7.4 以降

Code Insights

コード レビュー プロセス全体を通してプル リクエストにおけるコード品質の改善に役立つレポート、注釈、メトリックを取得します。Code Insights の詳細についてご確認ください。

(tick)(tick)

API とサードパーティ統合

Bitbucket API とサードパーティ統合を使用して、単純なタスクの自動化、自分のサイトへのデータの埋め込み、ワークフローのカスタマイズが可能です。API とサードパーティ統合についてさらに読む

(tick)

(tick)

高可用性および大規模なパフォーマンス

クラスタリング

高い可用性を確保するため、複数のノードで Bitbucket を実行します。クラスタリングの詳細をご確認ください。

(error)

(tick)

スマート ミラーリング

大きいリポジトリを扱っている、分散されたチームの Git クローン速度を改善します。スマート ミラーリングの詳細をご確認ください。

(error)

(tick)

分散 Git ストレージ

リポジトリのパフォーマンスと高可用性を向上させます。Bitbucket Mesh の詳細についてご確認ください。

(error)
(tick)
8.0 以降

Git LFS (Large File Storage)

外部オブジェクト記憶を使用せずに、大きいファイルを保存できます。Git LFS の詳細をご確認ください。

(tick)(tick)

ディザスタ リカバリ

プライマリー システムが使用不能になった場合に、チームをオンラインにし、ソース コード データを使用可能な状態に維持します。ディザスタ リカバリの詳細をご確認ください。

(error)

(tick)
6.8 以降

検索サーバー

Bitbucket をリモート検索サーバーに接続して、スケーラビリティを向上させます (Data Center サイトに必要)。リモート検索サーバーの使用に関する詳細をご確認ください。

(tick)

(tick)

コンテンツ配信ネットワーク (CDN) サポート

分散されたチームの地理的パフォーマンスを改善します。CDNの詳細をご確認ください。

(error)
(tick)
6.8 以降
セキュリティとコンプライアンス

(強制) マージ チェック

設定された要件を満たすまで、プル リクエストのマージを防止します。マージ チェックの詳細をご確認ください。

(tick)

(tick)

高度な監査

Bitbucket インスタンスで何が起こっているかをより詳細に把握できます。高度な監査によって、インスタンスにおけるアクションを追跡、記録し、サードパーティ モニタリング ツールでエクスポート、保存できるセキュリティ関連時系列記録を作成できます。高度な監査の詳細をご確認ください。

(error)

(tick)
7.0 以降

HTTP アクセス トークン

特定のプロジェクトやリポジトリに取り組んでいるチームのために、個々のユーザー アカウントに固定されていないアクセス トークンを作成します。HTTP アクセス トークンの詳細についてご確認ください。

(error)
(tick)
7.18 以降

OAuth 2.0

Bitbucket を OAuth 2.0 のプロバイダーとして構成することで、外部アプリに Bitbucket へのアクセスを許可します。受信リンクの詳細についてご確認ください。

(error)
(tick)
7.20 以降
ユーザー管理

外部ユーザー ディレクトリ

Active Directory、Crowd、Jira、またはその他の LDAP ディレクトリにユーザーを保存します。外部ユーザー ディレクトリの詳細をご確認ください。

(tick)

(tick)

複数の ID プロバイダー
複数の ID プロバイダーを使用します。また、使用しないログイン方法 (基本認証など) を無効にします。複数の ID プロバイダーの使用に関する詳細についてご確認ください。
(error)
(tick)
7.12 以降

シングル サインオン

SAML または OpenID Connect ID プロバイダーを認証とシングル サインオンに使用します。SSO の詳細についてご確認ください。

(error)
(tick)
7.12 以降

ジャストインタイム プロビジョニング

ジャストインタイム ユーザー プロビジョニング (JIT プロビジョニング) によって、SAML SSO または OpenID Connect (OIDC) SSO を通して Jira、Confluence、Bitbucket などの Atlassian Data Center アプリケーションにログインすると、自動的にユーザーを作成、更新できます。ジャストインタイム ユーザー プロビジョニングの詳細をご確認ください。

(error)

(tick)
7.5 以降
インフラストラクチャと制御

レート制限

ユーザーと自動化が作成できる外部 REST API リクエストの数を管理します。レート制限の詳細をご確認ください。

(error)
(tick)
6.6 以降

高度なリポジトリ管理

グローバル リポジトリ ページからすべてのリポジトリを管理します。アクティブなリポジトリを見つけて、領域を使用している非アクティブなリポジトリを特定します。詳細なリポジトリ管理の詳細についてご確認ください。

(error)
(tick)
7.13 以降

リポジトリのアーカイブ

未使用のリポジトリをアーカイブして、Bitbucket インスタンスを整理します。リポジトリのアーカイブとアーカイブ解除に関する詳細についてご確認ください。

(error)
(tick)
8.0 以降

ローリング アップグレード

ダウンタイムなしで同じ機能リリースの最新のバグ修正アップデートにアップグレードします。ローリング アップグレードの詳細についてご確認ください。

(error)
(tick)
7.9 以降

ゼロ ダウンタイム バックアップのための完全性テスト

バックアップ後などに、データベースとホーム ディレクトリ間の不一致を見つけ、解決します。ゼロ ダウンタイム バックアップのための完全性テストの詳細をご確認ください。

(error)(tick)

アプリ診断

サードパーティ アプリに関係する潜在的なパフォーマンス課題を含め、サイトの健全性の概要を取得します。アプリ診断の詳細をご確認ください。

(tick)

(tick)

ビジネス インテリジェンスと監視

データ パイプライン
すべての Confluence データをエクスポートして、お好みのビジネス インテリジェンス プラットフォームで分析します。データ パイプラインの詳細についてご確認ください。
(error)
(tick)
7.13 以降
デプロイメント オプション

自社のハードウェア

物理サーバー、仮想化されたサーバー、または任意のデータ センターで Bitbucket を実行します。

(tick)

(tick)

Kubernetes

Amazon EKS、Azure Kubernetes Service、Google Kubernetes Engine、またはオンプレミスの Kubernetes クラスターで Bitbucket を実行します。Kubernetes サポートの詳細についてご確認ください。

(error)(tick)

AWS Quick Start Cloud Formation Templates

Cloud Formation Templates を使用して、AWS で Bitbucket をデプロイします。AWS Quick Start と Cloud Formation Templates の詳細をご確認ください。

(error)

(tick)

Azure Quick Start Templates

当社のテンプレートを使用して、Azure で Bitbucket をデプロイします。Azure Quick Start Templates の詳細をご確認ください。

(error)

(tick)

最終更新日 2022 年 5 月 12 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.