チュートリアル: Bitbucket Cloud のプル リクエストについて

Objective

チームメイトのリポジトリに記述を追加します。

ミッション概要

現在、あなたが所有しているリポジトリでは、あなた一人が作業しています。宇宙旅行に出かけているチームと、同じリポジトリでコラボレーションしたい場合はどうすればよいでしょうか。このコラボレーションは、チームメイトの誰かが既に開始したリポジトリで実現できます。

時間

15 分

対象者

Bitbucket Cloud をある程度使用した経験がある方。使用経験が少ない場合、入門用のチュートリアルをお試しください。

要件

フォークについて

別のユーザーのパブリックな Bitbucket リポジトリで作業している場合、一般的には、コードへのアクセス権はあっても、書き込みアクセス権は持っていません。フォークの概念はこのようなときに使用します。仕組みは次のとおりです。
  • リポジトリをフォークして自身のアカウントにコピーします。
  • フォークしたリポジトリを Bitbucket からローカル システムにクローンします。
  • ローカル リポジトリを変更します。
  • Bitbucket でフォークしたリポジトリに変更をプッシュします。
  • フォークした元のリポジトリからプルリクエストを作成し、変更を追加します。
  • リポジトリ オーナーが変更を承認または却下するのを待ちます。

リポジトリ オーナーがプル リクエストを承認した場合、Bitbucket はコードの変更を元のリポジトリにマージします。リポジトリ オーナーからパブリック リポジトリへの書き込みアクセス権を付与されていても、フォークやプル リクエストを使用して作業することをお勧めします。プルは Git や Mercurial ワークフローの一部ですが、プル リクエストやフォークは、Bitbucket などのリポジトリ ホスティング サービスでのみ使用される概念です。

 

最終更新日 2017 年 8 月 1 日

この翻訳に満足しましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.