Bitbucket で Mercurial リポジトリから変更をプルする

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

  1. Mercurial リポジトリを作成する
  2. Mercurial リポジトリをコピーしてソース ファイルを追加する
  3. Bitbucket で Mercurial リポジトリから変更をプルする
  4. Mercurial のブックマークを使用してファイルを更新する

宇宙ステーションの管理アクティビティの次の作業として、宇宙ステーションのチーム メンバーの詳細情報を含むファイルが必要です。この時点では場所の数があまりないため、Bitbucket から直接追加することになります。

ステップ 1. Bitbucket でファイルを作成する

新しいチーム メンバーのファイルを追加するには、以下の操作を行います。

  1. Bitbucket の BitbucketStationCrew から、[ソース]  をクリックしてソース ディレクトリを開きます。
    ディレクトリには、crew.txt ファイルのみが表示されます。

    • A. ブランチの選択: 表示したいブランチを選択します。
    • B. ソース ページ: リンクをクリックしてこのページを開きます。
    • C. 「新しいファイル」ボタン: Bitbucket でファイルを編集および作成します。
    • D. 「ソース ファイル」エリア: Bitbucket のファイル ディレクトリを表示します。
  2. From the Source page, click  New file in the top right corner. This button only appears after you have added at least one file to the repository.
    A page for creating the new file opens, as shown in the following image.

    • A. 新しいファイルのブランチ: 別のブランチにファイルを追加したい場合は変更します。
    • B. 新規ファイル エリア: ここに、新規ファイルのコンテンツを追加します。
  3. [ファイル名] フィールドに「crewrolesと入力します。

  4. [言語モード] リストから HTML を選択します。

  5. テキスト ボックスに次の HTML コードを追加します。

    <p>Bitbucket Space Station クルー メンバー:</p>
    <p>
    Emma Paris<br>
        <b>品質保証</b>
    </p>
  6. [コミット] をクリックします。コミット メッセージ フィールドに、「Bitbucket を使用してオンラインで crewrole が作成されました。」というメッセージが表示されます

  7. メッセージ フィールドの下の [コミット] をクリックします。


これで、Bitbucket に新しいファイルができました。コミットの詳細を示すページが開き、そこで、先ほど行った変更を確認できます。


ここまでに作成したコミットのリストを確認したい場合は、サイドバーで [コミット] をクリックします。

ステップ 2. リモート リポジトリから変更をプルする

次に、その新規ファイルをローカル リポジトリに送る必要があります。プロセスは非常にシンプルで、基本的に、crew.txtファイルを Bitbucket へ送る際のプッシュと反対の操作になります。

ファイルをローカル リポジトリにプルするには、次の操作を実行します。

  1. ターミナル ウィンドウを開き、ローカル リポジトリの最上位に進みます。

    macOS/Linux

    $ cd ~/repos/bitbucketstationcrew/

    Windows Command Prompt

    $ cd repos/bitbucketstationcrew/
  2. git pull --all  コマンドを入力して、Bitbucket からすべての変更をプルします(さらに複雑なブランチ ワークフローの場合、すべての変更のプルやマージは適切ではない場合があります)。必要に応じて Bitbucket パスワードを入力します。ターミナルは次のようになります。

    $ hg pull -u
    http authorization required for https://bitbucket.org/emmap1/bitbucketstationcrew
    realm: Bitbucket.orgHTTP
    user: emmap1
    password:
    pulling from https://emmap1@bitbucket.org/emmap1/bitbucketstationcrew
    searching for changes
    adding changesets
    adding manifests
    adding file changes
    added 1 changesets with 1 changes to 1 files 1 files updated, 0 files merged, 0 files removed, 0 files unresolved

    hg pull  コマンドは、1 つのコマンドでリモート リポジトリ (Bitbucket) のファイルをローカル リポジトリへとマージさせます。

  3. ローカル システムのリポジトリ フォルダに移動すると、追加したばかりのファイルが表示されます。

おめでとうございます!これで、Bitbucket とローカル システム間の基本的な Mercurial ワークフロー (クローン、追加、コミット、プッシュ、プル) を終了しました。

次へ

最終更新日 2018 年 6 月 27 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.