Hipchat サービスの管理

非推奨

Hipchat 連携を使用する」を参照してください。

Bitbucket Cloud の webhook、接続統合フレームワーク、およびメール通知により、新しいサービス連携の作成は非推奨となりました。

このサービスを使用すると、Bitbucket Cloud のリポジトリを Hipchat と連携できます。このサービスは、1 つの Hipchat ルームを 1 つ以上の Bitbucket リポジトリに接続します。インストールが完了したら、サービスは、リポジトリに対してコミットが行われるたびにルームに通知を送信します。この設定は、各リポジトリで行う必要があります。複数のリポジトリ用にまとめて構成することはできません。

このサービスを使用する代わりに、Hipchat Bitbucket Connector アドオンを使用できます。アドオンは、サービスと同じように動作します。このドキュメントの「Hipchat 連携を使用する」を参照してください。

サービスで問題がある場合、「Bitbucket Cloud サービスのトラブルシューティング」をご覧ください。  

サービスをセットアップする

  1. リンクさせたいリポジトリへの管理者権限を持つユーザーとして、Bitbucket Cloud アカウントにログインします。
  2. リポジトリのホームページに移動します。
  3. ページの右上で 設定アイコンをクリックします。
    システムに、リポジトリ設定が表示されます。 
  4. 左側のサイドバーから [サービス] を選択します。
  5. サービス ドロップダウン リストから Hipchat を選択します。
  6. [サービスの追加] をクリックします。
  7. Hipchat サービス用に新しいセクションが表示されます。以下の情報を入力します:

    フィールド
    説明
    API URL Enter http://api.hipchat.com/v1/rooms/message or similar. 
    Room ID Enter a Hipchat room ID.
    トークン Enter a Hipchat API Token. Hipchat recommends you use a notification token but you can use an admin token also.
  8. [設定の保存] をクリックします。

サービスをテストする

CuRL をインストールしている場合は、フィールドに自身の値を入力してトークンをテストできます。  

curl -v -X POST "https://api.hipchat.com/v1/rooms/message?format=json&auth_token=<トークン>" -d "room_id=<ルーム ID>&from=<名前>&message=<文字列>"


  Hipchat API トークンの作成方法

  1. グループ管理権限を持つアカウントを使用して Hipchat へログインします。
  2. アプリケーション メニューから [グループ管理] を選択します。
  3. [API] タブを選択します。
  4. トークンの [タイプ] を [通知] に設定します。
    通知トークンは、Hipchat を他のサービスと連携する場合に使用します。 
  5. [作成] をクリックします。

  Hipchat ルーム ID を見つけるには

  1. HipChat にログインします。
  2. アプリケーション メニューから [マイアカウント] を選択します。
  3. [ルーム] タブを選択します。
  4. 対象のルームを選択します。
  5. ルーム情報で [API ID] フィールドを探します。
最終更新日 2019 年 1 月 16 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.