DVCS Smart Commit の有効化

Processing Jira Software issues with Smart Commit messages

このページの内容

Bitbucket または GitHub でプロジェクトのリポジトリを管理する場合、または FishEye を使用してリポジトリの参照や検索を行う場合、 コミットメッセージで特別なコマンドを使用して Jira Software の課題を処理できます。

以下のことが可能です。

  • 課題にコメントする
  • 課題の 時間管理情報を記録する
  • Jira Software プロジェクトのワークフローに定義されているいずれかのステータス (「解決済」など) に課題を移行する

スマートコミットの使用に関する詳細:スマートコミットで課題を処理する。コードレビューで Crucible を使用する場合、他のコマンドも利用できます。 FishEye/Crucible ドキュメントの「スマートコミットを使用する」を参照してください。

 

このページの内容:

Smart Commit の活用

スマートコミットを使用できるようにするには、いくつかの項目を設定する必要があります。

まず、Jira Software を別のアプリケーションにリンクします。

スマートコミットは Jira DVCS コネクタープラグインまたはアプリケーションリンクのいずれかに依存します。

アプリケーション 接続先 注意

Bitbucket Cloud、

GitHub

Jira DVCS コネクター

Jira DVCS コネクタープラグインは、 Jira Software にバンドルされていますが、必要に応じて Jira 管理者は Jira 管理領域から直接インストールできます。詳細は、「アドオンのインストール」を参照してください。

Bitbucket Cloud または GitHub アカウントへのアクセス権を持つ Jira 管理者はJIRA Software で OAuth 認証を設定する必要があります。

詳細は、「Jira Cloud と Bitbucket Cloud の接続」または「Jira Cloud と GitHub の接続」を参照してください。

Bitbucket Server、

FishEye、

Crucible

アプリケーションリンク 詳細は、「AppLink を使用して他のアプリケーションにリンクする」を参照してください。

 

次に、Jira Software でスマートコミットを有効化します。

スマートコミットは Jira Software で有効化する必要があります。

アプリケーション 注意

Bitbucket Cloud、

GitHub

リンク先の Bitbucket Cloud または GitHub アカウントに追加されるすべての新規リポジトリは、既定でスマートコミットを有効化します。ただし、Jira 管理者は必要に応じてこれを無効化できます。また、個々のリポジトリのスマートコミットの有効化や無効化も可能です。

新規リポジトリについて、スマートコミットを有効化するかどうかを制御する:

  1. 管理者権限を持つユーザーとしてJira Software にログインします。
  2. 管理 > アプリケーション >  DVCS アカウントに進みます。
  3. アカウントの (設定) アイコンをクリックします。
  4. 新しいリポジトリで新しいリポジトリでスマートコミットの有効化をクリックします。

個々のリポジトリでスマートコミットを有効化または無効化する:

  1. 管理者権限を持つユーザーとしてJira Software にログインします。
  2. 管理 > アプリケーション > DVCS アカウントに進みます。
  3. リポジトリのスマートコミットオプションを選択 (または選択解除) します。 
Bitbucket Server、

FishEye、

Crucible

Jira 管理者は、接続されているアプリケーション (Bitbucket Server、FishEye または Crucible) で各アカウントのスマートコミットを制御できます。

個々のアカウントでのスマートコミットの有効化または無効化:

  1. Jira 管理者権限を持つユーザーとして JIRA にログインします。
  2. > アプリケーションを選択します。左のメニューでアプリケーションリンクを選択します。
  3. アプリケーションのスマートコミットをクリックします。
  4. スマートコミットを有効化するアカウントのチェックボックスを選択します。

Jira アプリケーションの上級のアクセス権限を使用すると、Git(および Mercurial)に、コミットをリポジトリに変更をプッシュしているユーザー以外のユーザーに帰属させることを許可することができることに注意してください。
ご利用の状況において、これがリスクのように見える場合は、Jira アプリケーション インスタンスでスマート コミットを無効化することを検討する必要があります。

fork とスマートコミット

fork をワークフローで使用する場合、DVCS コネクターはスマートコミット メッセージを含む各リポジトリを記録します。実際に処理するのは、初出のスマートコミット メッセージのみです。Jira Software でコミット タブを表示すると、その特定のコミットを含む fork を表示できます。

最終更新日 2016 年 3 月 8 日

この翻訳に満足しましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

お探しの情報が見つかりませんか?

コミュニティへの質問

Powered by Confluence and Scroll Viewport.