DVCS Smart Commit の有効化

スマート コミット メッセージで Jira Software の課題を処理する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Bitbucket または GitHub でプロジェクトのリポジトリを管理する場合、または FishEye を使用してリポジトリの参照や検索を行う場合、 コミットメッセージで特別なコマンドを使用して Jira Software の課題を処理できます。

以下のことが可能です。

  • 課題にコメントする
  • 課題の 時間管理情報を記録する
  • Jira Software プロジェクトのワークフローに定義されているいずれかのステータス (「解決済」など) に課題を移行する

スマートコミットの使用に関する詳細:スマートコミットで課題を処理する。コードレビューで Crucible を使用する場合、他のコマンドも利用できます。 FishEye/Crucible ドキュメントの「スマートコミットを使用する」を参照してください。

Smart Commit の活用

To get Smart Commits working:

  1. Link Jira Software to the other application.
  2. Enable Smart Commits in Jira Software.

Step 1: Link Jira Software to the other application

You will need to link Jira Cloud to the other application to enable Smart Commits.

Step 2: Enable Smart Commits in Jira Software

If you're using Bitbucket Cloud or GitHub

リンク先の Bitbucket Cloud または GitHub アカウントに追加されるすべての新規リポジトリは、既定でスマートコミットを有効化します。ただし、Jira 管理者は必要に応じてこれを無効化できます。また、個々のリポジトリのスマートコミットの有効化や無効化も可能です。

新規リポジトリについて、スマートコミットを有効化するかどうかを制御する:
  1. 管理者権限を持つユーザーとしてJira Software にログインします。
  2. 管理 > アプリケーション >  DVCS アカウントに進みます。
  3. アカウントの (設定) アイコンをクリックします。
  4. 新しいリポジトリで新しいリポジトリでスマートコミットの有効化をクリックします。
個々のリポジトリでスマートコミットを有効化または無効化する:
  1. 管理者権限を持つユーザーとしてJira Software にログインします。
  2. 管理 > アプリケーション > DVCS アカウントに進みます。
  3. リポジトリのスマートコミットオプションを選択 (または選択解除) します。 

If you're using Bitbucket Server, Fisheye, or Crucible

Jira 管理者は、接続されているアプリケーション (Bitbucket Server、FishEye または Crucible) で各アカウントのスマートコミットを制御できます。

個々のアカウントでのスマートコミットの有効化または無効化:
  1. Jira 管理者権限を持つユーザーとして JIRA にログインします。
  2. Jira Software Select Application Links in the left menu.
  3. アプリケーションのスマートコミットをクリックします。
  4. スマートコミットを有効化するアカウントのチェックボックスを選択します。

A small security note

Elevated access rights in Jira products can result from the way that Git (and Mercurial) allow commits to be attributed to a user other than the user pushing a change to the repository.

If this seems like a risk for your situation, then you should consider disabling Smart Commits in your Jira site.

fork とスマートコミット

If you use forks in your workflow, the DVCS Connector records each repository that contains a Smart Commit message. It actually processes the Smart Commit message only the first time it encounters it. When you view the commit tab in Jira Software, you can see which forks include that particular commit.

最終更新日 2016 年 3 月 8 日

この翻訳に満足しましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.