DVCS Smart Commit の有効化

Processing Jira Software issues with Smart Commit messages

このページの内容

When you manage your project's repositories in Bitbucket or GitHub, or use Fisheye to browse and search your repositories, you can process your Jira Software issues using special commands in your commit messages.

以下のことが可能です。

  • 課題にコメントする
  • 課題の 時間管理情報を記録する
  • transition issues to any status (for example 'Resolved') defined in the Jira Software project's workflow.

Learn more about using Smart Commits: Processing issues with Smart Commits.There are other commands available if you use Crucible for code reviews. See Using Smart Commits in the Fisheye/Crucible documentation.

 

このページの内容:

Smart Commit の活用

スマートコミットを使用できるようにするには、いくつかの項目を設定する必要があります。

First, link Jira Software to the other application

Smart Commits relies on either the Jira DVCS Connector Plugin or an application link:

アプリケーション 接続先 注意

Bitbucket Cloud、

GitHub

Jira DVCS Connector

The Jira DVCS Connector Plugin is bundled with Jira Software, but if necessary, a Jira administrator can install it directly from within the Jira administration area. See Installing add-ons for more information.

A Jira administrator with access to the Bitbucket Cloud or GitHub account must set up OAuth authentication with Jira Software.

詳細は、「JIRA Cloud と Bitbucket Cloud の接続」または「JIRA Cloud と GitHub の接続」を参照してください。

Bitbucket Server、

Fisheye,

Crucible

アプリケーションリンク See Linking a Bitbucket or GitHub repository with Jira.

 

Then enable Smart Commits in Jira Software

Smart Commits must be enabled in Jira Software:

アプリケーション 注意

Bitbucket Cloud、

GitHub

All new repositories added to your linked Bitbucket Cloud or GitHub account have Smart Commits enabled by default. However, a Jira administrator can disable that if necessary, and can also enable or disable Smart Commits for individual repositories.

新規リポジトリについて、スマートコミットを有効化するかどうかを制御する:

  1. Log in to Jira Software as a user with administrative permissions.
  2. 管理 > アプリケーション >  DVCS アカウントに進みます。
  3. アカウントの (設定) アイコンをクリックします。
  4. 新しいリポジトリで新しいリポジトリでスマートコミットの有効化をクリックします。

個々のリポジトリでスマートコミットを有効化または無効化する:

  1. Log in to Jira Software as a user with administrative permissions.
  2. 管理 > アプリケーション > DVCS アカウントに進みます。
  3. リポジトリのスマートコミットオプションを選択 (または選択解除) します。 
Bitbucket Server、

Fisheye,

Crucible

A Jira administrator can control Smart Commits for each account in the connected application (Bitbucket Server, Fisheye or Crucible).

個々のアカウントでのスマートコミットの有効化または無効化:

  1. Log in to Jira as a user with the Jira Administrator permissions.
  2. > アプリケーションを選択します。 左のメニューでアプリケーションリンクを選択します。
  3. アプリケーションのスマートコミットをクリックします。
  4. スマートコミットを有効化するアカウントのチェックボックスを選択します。

Note that elevated access rights in Jira applications can result from the way that Git (and Mercurial) allow commits to be attributed to a user other than the user pushing a change to the repository. 
If this seems like a risk for your situation, then you should consider disabling Smart Commits in your Jira application instance.

fork とスマートコミット

If you use forks in your workflow, the DVCS Connector records each repository that contains a Smart Commit message. It actually processes the Smart Commit message only the first time it encounters it. When you view the commit tab in Jira Software, you can see which forks include that particular commit.

最終更新日 2016 年 3 月 8 日

この翻訳に満足しましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

Not finding the help you need?

コミュニティへの質問

Powered by Confluence and Scroll Viewport.