Mercurial リポジトリをコピーしてソース ファイルを追加する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

  1. Mercurial リポジトリを作成する
  2. Mercurial リポジトリをコピーしてソース ファイルを追加する
  3. Bitbucket で Mercurial リポジトリから変更をプルする
  4. Mercurial のブックマークを使用してファイルを更新する

宇宙ステーションのファイルを追加して共有する場所ができたので、これをローカル システムから取得する方法が必要です。これをセットアップするにはまず、Bitbucket リポジトリをシステムにコピーします。Mercurial では、リポジトリをコピーすることを「クローンする」と言います。リポジトリをクローンする際には、Bitbucket サーバーとローカル システムの間の接続を作成します。



ここでは、ターミナルからさまざまな Mercurial および非 Mercurial コマンドを使用します。コマンド ラインを使用したことがない場合使用方法についてご確認ください

ステップ 1. リポジトリをローカル システムにクローンする

デスクトップでブラウザとターミナル ウィンドウを開きます。ローカル システムのターミナル ウィンドウはリモート Bitbucket サーバーとは異なり、コーディングを行うシステムです。ターミナル ウィンドウからを開いた後、以下を実行します。

  1. ホーム ディレクトリに移動します。

    macOS / Linux

    $ cd ~

    Windows コマンド プロンプト

    $ cd <path_to_home>

    Bitbucket の使用頻度が増えると、複数のリポジトリで作業するようになる可能性があります。そのため、すべてのリポジトリを含むディレクトリを作成することをおすすめします。

  2. リポジトリを含めるディレクトリを作成します。

    $ mkdir repos
  3. From the terminal, update the directory you want to work in to your new repos directory.

    macOS / Linux

    $ cd ~/repos

    Windows コマンド プロンプト

    $ cd repos
  4. Bitbucket で、BitbucketStationCrew リポジトリへ移動します。
  5. 右上の [クローン] ボタンを押します。
    Bitbucket により、[このリポジトリをクローン] ダイアログが表示されます。既定では、クローン ダイアログは設定に応じて、プロトコルを HTTPS または SSH に設定します。このチュートリアルでは、既定プロトコルのまま使用します。
  6. ハイライトされたクローン コマンドをコピーします。
  7. ターミナル ウィンドウで、Bitbucket からコピーしたコマンドを貼り付け、Return キーを押します。

  8. ターミナルで求められたら Bitbucket パスワードを入力します。Google へリンクしてアカウントを作成した場合、そのアカウントのパスワードを使用します。

    この時点で、ターミナル ウィンドウは次のようになります。

    $ cd ~/repos
    $ hg clone https://emmap1@bitbucket.org/emmap1/bitbucketstationcrew
    http authorization required for https://bitbucket.org/emmap1/bitbucketstationcrew
    realm: Bitbucket.org HTTP
    user: emmap1
    password:
    destination directory: bitbucketstationcrew
    requesting all changes
    adding changesets
    adding manifests
    adding file changes
    added 1 changesets with 1 changes to 1 files
    new changesets 704e2d64fffe
    updating to branch default
    1 files updated, 0 files merged, 0 files removed, 0 files unresolved
  9. List the contents of your repos directory and you should see your bitbucketstationcrew directory in it.

    macOS / Linux

    $ ls

    Windows

    $ dir

おめでとうございます。ローカル システムにリポジトリをクローンしました。

ステップ 2. @ブックマークおよびそのブックマーク用のファイルを作成する

ローカル システムのリポジトリを使用して、すべての宇宙ステーションの従業員を追跡したいとします。これを行うため、メイン ブックマークでクルー メンバーに関するファイルを作成しましょう。

ブックマークはリポジトリの開発ラインを表します。ブックマークは、コミットへのポインターのようなものです。このポインターは、最後にコミットしたものを追跡します。ブックマークで作業する際には、必要なだけ開発ラインを持つことができます。ここでは、メイン ブックマーク (Mercurial では @ と表します) を使用して説明します。@ブックマーク用のファイルを作成するには、最初にブックマークを作成する必要があります。

  1. ターミナル ウィンドウを開き、次のコマンドを使用してローカル リポジトリの最上位に移動します。

    macOS / Linux

    $ cd ~/repos/bitbucketstationcrew/

    Windows コマンド プロンプト

    $ cd repos/bitbucketstationcrew/
  2. ターミナルにこの行を入力し、@ブックマークを作成します。

    $ hg bookmark @
  3. Enter  hg bookmarks  to see that the bookmark exists and is checked out.

    $ hg bookmarks
     * @                         30658:2dc7d086f314

    「*」は、@ブックマークがチェックアウト済みであることを示します。1 つ以上のブックマークがある場合、このリストにはそれらも含まれます。

  4. 次の行をターミナル ウィンドウに入力し、コンテンツ入りの新しいファイルを作成します。

    $ echo "Emma Paris" >> crew.txt

    コマンドで何も返されない場合、ファイルが正しく作成されています。

  5. ローカル リポジトリのステータスを取得します。

    The hg status command tells you about how your project is progressing in comparison to your Bitbucket repository. You should see something like this:

    $ hg status
    ? crew.txt

    ユーザーがローカル リポジトリでファイルを作成したが、まだ追加していないことを、Mercurial が認識していることがわかります。

  6. Tell Mercurial to track your new crew.txt file using the hg add command.

    $ hg add
    adding crew.txt

    The hg add command gets crew.txt for addition during the next commit. This is the point where you prepare a snapshot of a set of changes before committing them to the official history.

  7. ファイルのステータスを確認します。

    $ hg status
    A crew.txt

    Now you can see the new file has been added and you can commit it when you are ready. The hg status command displays the state of the working directory. You’ll want to run this in conjunction with hg commit to see exactly what’s being included in the next snapshot.

  8. Issue the hg commit command with a commit message, as shown on the next line. The -m indicates that a commit message follows. Just like when you created a file, the hg commit command doesn't return anything when you enter it correctly.

    $ hg commit -m "Initial commit"

    The hg commit command takes the working directory and commits it to the project history. Combined with hg add, this process defines the basic workflow for all Mercurial users.

この時点での操作はすべてローカル システム上で行われており、変更をプッシュするまで Bitbucket リポジトリから認識することはできません。

ステップ 3. ファイルを Bitbucket にプッシュする

  1. Navigate to the repository directory in your terminal window and  enter hg push -B   @  to push the changes. The  -B  @ part of hg push tells the terminal to push the @ bookmark. It will result in something like the following:

    $ hg push
    pushing to https://emmap1@bitbucket.org/emmap1/bitbucketstationcrew
    http authorization required for https://bitbucket.org/emmap1/bitbucketstationcrew
    realm: Bitbucket.org HTTP
    user: emmap1
    password:
    searching for changes
    remote: adding changesets
    remote: adding manifests
    remote: adding file changes
    remote: added 1 changesets with 1 changes to 1 files exporting bookmark @

    プッシュを行うと、一連のコミットを別のリポジトリへ移動して、簡単に投稿を公開できます。


  2. Bitbucket の BitbucketStationCrew リポジトリへ移動し、サイドバーから [コミット] 項目をクリックします。

    You should see your commit on your repository. Bitbucket combines all the things you just did into that commit and shows it to you. You can see that the Author column shows the value you used when you configured the Mercurial global file ( ~/.hgrc).

  3. Click the Source link.
    You should see your file in the repository, the crew.txt file you just added.

次へ

最終更新日: 2018 年 9 月 24 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.