新機能ポリシー

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

要約

  • アトラシアンでは、特定のリリース日の案内を含むロードマップは公開していません。

  • 機能や改善の提案は、アトラシアンの公式課題トラッカーである https://jira.atlassian.com/ で追跡されています。ここでお客様からコメントを追加したり、ほかのお客様のコメントを確認したりしていただくことができます。
  • 製品マネージャーは、もっとも人気のある課題を定期的に確認します。
  • New features are selected and scheduled based on a number of factors, not just popularity.
  • We provide consistent updates on the top 20 issues. 

This policy does not apply to bugs. See our Server Bug Fix Policy to learn about our approach to bug fixing. 

機能の実装時期を追跡する方法

クラウド製品

We're continuously improving and updating our Cloud products. To see the latest changes, take a look at the Atlassian Cloud release notes blog.

サーバー製品とデータセンター製品

When a new feature or improvement is scheduled, we'll update the fix version on the relevant Jira issue to indicate the earliest product version that will include the change. This update often happens close to the product release date. While we have roadmaps for future releases, we don't make these public. 

For a summary of changes, see the release notes for your product:

How we choose what to implement

When we plan a release, we use many factors to help decide which suggestions to implement, including:

  • Customer feedback - there are many ways we listen for your feedback: 
    • formal customer interviews and other research activities
    • events like Atlassian Summit, developer conferences, and road shows
    • in-product feedback from evaluation and EAP (early access program) releases
    • comments and votes on issues in https://jira.atlassian.com/, our public issue tracker
    • questions and posts on Atlassian Community.
  • Support team insights - our support team know which issues are the most challenging, and most common for customers.
  • Solution partner insights - our solution partners help us better understand real-world customer deployments, especially for customers at scale.
  • Product analytics - some customers opt-in to send us analytics, which helps us understand how existing features are being used.
  • 製品戦略: 製品の長期的な戦略ビジョン。

Our features workflow

We use the Suggestion issue type for improvements and feature requests. 

また、お客様が課題の状況を確認しやすいよう、サーバーおよびデータセンター製品でワークフロー ステータスを標準化しました。現在のワークフローと、各ステータスの説明は次のとおりです。

ワークフロー ステータス 定義 フェーズ
Gathering interest

This issue is waiting to gather more customer interest, before being reviewed by a member of the Atlassian product team. 

優先付け

Reviewing This issue is being investigated in-depth by a member of the Atlassian product team. 
Under consideration This issue is a strong candidate for our roadmap. We’ll follow up on it in a few months time.
Future consideration This issue is a potential candidate for our long term roadmap. We won't work on it in the short term, but will review it again within a year.

Not Being Considered

We appreciate the merit of this issue, but don't intend to work it in the foreseeable future. We'll review it again within a year to see if our decision has changed. 


In progress 開発チームが現在この課題に取り組んでいます。

実装

Waiting for release

The change has been implemented and is waiting to be shipped in a release. The Fix Version field will indicate the product version that will contain the change. 

クローズ

Resolved

Work on this issue is complete. If the change has been implemented, the resolution will be 'Fixed' and the Fix Version field will indicate the product version that contains the change. 

If we don't intend to implement this change, the resolution will be 'Won't fix',  ‘Duplicate', 'Timed out', or similar.


For a product manager's perspective on this workflow, see An updated workflow for Server feature suggestions on Atlassian Community.

How to get new features and improvements

To get access to new features and improvements, you will need to upgrade to a release that contains the change.

リリースに関連する用語

バグ修正ポリシーを分かりやすくするための、いくつかの定義を紹介します。

  • プラットフォーム リリース (4.0) には、重大な変更や大幅な変更が含まれます。これには、既存の API の変更や削除、ユーザー エクスペリエンスの重大な変更、主要な機能の削除などが含まれます。
  • フィーチャー リリース (4.6) には、新機能、既存機能の変更、サポートされるプラットフォーム (データベース、オペレーティング システム、Git バージョンなど) の変更、または機能の削除などが含まれます。これらはこれまでは、ほとんどの製品で "メジャー" リリースと呼ばれていました。
  • バグ修正リリース (4.6.2) にはバグの修正、安定性やパフォーマンスの改善が含まれます。バグ修正の内容によっては既存の機能への小規模の変更が行われる場合がありますが、新機能やリスクの高い変更は含まれないため、ユーザーはすぐに利用を継続できます。バージョンの最新のバグ修正リリースへの定期的なアップグレードを行うことをお勧めします。これらはこれまでは、ほとんどの製品で "メンテナンス" リリースと呼ばれていました。

3 つの主なリリース タイプに加え、フィーチャー リリースもエンタープライズ リリースに指定される場合があります。つまり、標準のフィーチャー リリースよりも長い期間、バグ修正を利用できます。

エンタープライズ リリース

エンタープライズ リリースは、新しいフィーチャー バージョンへのアップグレードの準備に時間が必要で、重要なバグの修正を適用する必要がある、Server および Data Center のお客様向けです。新しいフィーチャー バージョンへのアップグレード頻度がおよそ年に 1 回の組織では、エンタープライズ リリースが適している場合があります。Jira Software および Confluence では、次のようになります。

  • 1 つのフィーチャー リリースをエンタープライズ リリース として指定します (最低でも 12 か月に 1 回)。
  • 最新のセキュリティ バグ修正ポリシーに記載されているように、重要なバグ修正をバックポートし、安定性、データの整合性、および重要なパフォーマンスの問題に関連する修正が適用されます。
  • 対象バージョンのバグ修正リリースを、サポート終了まで提供します。 
  • アップグレードを円滑に行えるよう、1 つのエンタープライズ リリーズと次のエンタープライズ リリースの間のすべての変更の変更履歴を提供します。

すべてのバグ修正がバックポートされるわけではありません。安定性、データの整合性、またはパフォーマンスの問題に焦点を当て、最も重要と思われるバグやリグレッションのみを対象にします。API、サードパーティ アプリ (アドオン) で使用するコード、またはインフラストラクチャに変更を加える必要がある修正 (これらは通常はプラットフォーム リリース用に予約されます) や、リスクおよび複雑性の高い修正については、バックポートを行わないことがあります。

Jira Software Data Center のお客様について、1 つのエンタープライズ リリースと次のエンタープライズ リリースの間ではゼロダウンタイム アップグレードを利用できるように考慮しますが、変更の性質によってはダウンタイムが必要になる場合があります。ゼロダウンタイム アップグレードを使用できるかどうかを変更履歴で確認できます。

この例では、バージョン 4.2 がエンタープライズ リリースとして指定されています。以下の図に示すバグ修正リリースの番号とタイミングは一例です。リリース頻度は各製品で異なる場合があります。


その他の情報

サポートに関連する情報の詳細については、「アトラシアン サポートの提供について」を参照してください。

最終更新日 2018 年 4 月 24 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.