Configuring your system properties

This page describes how to set Java properties and options on startup for Bamboo.

このページの内容:

Linux

To configure system properties in Linux installations

  1. <bamboo-install>/bin から、setenv.sh を開きます。
  2. JVM_SUPPORT_RECOMMENDED_ARGS= セクションを探します。
  3. Refer to the list of parameters below.

(info) 引用内部では、各パラメーターをスペース区切りのリスト形式で追加します。

Windows (.batファイルから起動)

To configure system properties in Windows installations when starting from the .bat file

  1. <bamboo-install>/bin から、setenv.bat を開きます。
  2. set JVM_SUPPORT_RECOMMENDED_ARGS= セクションを探します。
  3. Refer to the list of parameters below.

(info) 引用内部では、各パラメーターをスペース区切りのリスト形式で追加します。

Windows サービス

There are two ways to configure system properties when starting Bamboo as a service, either via the command line or in the Windows registry.

Setting properties for Windows services from the command line

  1. Identify the name of the service that Bamboo is installed as in Windows (Control Panel > Administrative Tools > Services):


  2. Open a command prompt from Start > Run > type 'cmd' > Enter.
  3. Change directory to the bin directory of your Bamboo installation directory.
  4. 次のコマンドを実行します。

    tomcat8w //ES//%SERVICENAME%
    

    (info) In the above example, it would be tomcat8w //ES//Bamboo

  5. Click on the Java tab to see the list of current start-up options:
  6. 新しいオプションを追加する場合は、既存の Java オプションの最後に新しい行として追加します。下記のパラメーター一覧を参照してください。

     If you want to change the heap size configured for the JVM, use the Initial memory pool and Maximum memory pool fields instead of adding the -Xms and -Xmx parameters to the list of Java options.

Setting properties for Windows services using the Windows registry

Windows の一部のバージョンには、Java 変数をサービスに追加するオプションがありません。この場合、レジストリ内のオプション一覧を表示してプロパティを追加する必要があります。

To set properties for Windows services using the Windows registry

  1. Go to Start > Run, and run "regedit32.exe".
  2. Find the Services entry:
    32-bit: HKEY_LOCAL_MACHINE >> SOFTWARE >> Apache Software Foundation >> Procrun 2.0 >> Bamboo
    64-bit: HKEY_LOCAL_MACHINE >> SOFTWARE >> Wow6432Node >> Apache Software Foundation >> Procrun 2.0 >> Bamboo
  3. 既存のプロパティを変更する (特に Xmx メモリを増やす) には、適切な値をダブルクリックします。
  4. 追加のプロパティを変更するには、オプションをダブルクリックします。
  5. Refer to the list of parameters below. Enter each on a separate line.

Changing the Bamboo start port

  1. Stop Bamboo.
  2. <Bamboo install directory>/conf/server.xml を編集します。
  3. Update the following so that Connector port is set to the port value you require:

     <Service name="Catalina">
            <Connector port="8085"
                       maxThreads="150"
                       minSpareThreads="25"
                       connectionTimeout="20000"
                       enableLookups="false"
                       maxHttpHeaderSize="8192"
                       protocol="HTTP/1.1"
                       useBodyEncodingForURI="true"
                       redirectPort="8443"
                       acceptCount="100"
                       disableUploadTimeout="true"/>
  4. Restart Bamboo.

 

起動パラメーターの一覧

Memory Property

注意

Related Pages

-Xmx 
-Xms 
XX:MaxPermSize

これらのプロパティはすでに存在します。詳しくは関連ページを参照してください。

Tuning the Java heap

-XX:+PrintGCTimeStamps -verbose:gc -Xloggc:gc.log -XX:+HeapDumpOnOutOfMemoryError

ガベージ コレクションのチューニングの際に設定します。

Tuning Java VM garbage collection

 

 

最終更新日 2017 年 8 月 29 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.