script

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

This page describes how to configure a Bamboo task to use a script executable. You can use Bash on Linux, and batch files on Windows.

関連ページ:

To configure a script task:

  1. ジョブのタスク設定タブに移動します(新しいプランを作成するとデフォルト ジョブとなります)。
  2. Click the name of the desired script task, or click Add Task and then Script if creating a new task.
  3. 以下の設定を行います。

    Script configuration
    タスクの説明 タスクの説明。これは Bamboo で表示されます。
    Interpreter

    You can select from the following interpreters:

    • Shell
    • Windows PowerShell
    • /bin/sh or cmd.exe
    Script location Select the location of the script file.
    • File — enter the location of the file in the Script file field. This can be either relative to the repository root of the plan, or absolute. You can include variables (see Bamboo variables).
    • Inline — enter the script in the Script body field.
    引数

    Specify an argument to pass to the script. Arguments that contain spaces must be quoted. You can include variables (see Bamboo variables).

  4. If required, specify environment variables and working directory settings:

    環境変数

    (Optional)  Additional system environment variables that you want to pass to your build. Note that existing environment variables are automatically available to the executable. You can also include Bamboo global or build-specific variables (see Bamboo variables).
    Multiple variables should be separated with spaces. Parameters with spaces must be quoted (e.g ANT_OPTS="-Xms200m -Xmx700m").

     作業サブディレクトリ (オプション)  Bamboo が実行ファイルを実行する、ジョブのルート ディレクトリに相対的な代替サブディレクトリ。ルート ディレクトリには、ジョブの構成済みソース リポジトリから確認されたものがすべて含まれます。このフィールドを空白のまま残した場合、Bamboo はルート ディレクトリでビルド ファイルを検索します。このオプションは、サブディレクトリ内にビルド スクリプトがあり、実行可能ファイルをそのサブディレクトリ内から実行する必要がある場合に便利です。
  5. 保存をクリックします。

最終更新日 2017 年 4 月 25 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.