MSBuild

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

This page describes how to configure a Bamboo task to use an MSBuild executable.

 

Note that you cannot use Clover to collect code coverage for MSBuild builds, as Clover only supports builders of Java/Groovy-based projects, such as Ant, Maven or Grails.

 

関連ページ:

To configure an MSBuild task:

  1. ジョブのタスク設定タブに移動します(新しいプランを作成するとデフォルト ジョブとなります)。
  2. 目的の MSBuild タスクの名前をクリックするか、新しくタスクを作成する場合は、タスクの追加をクリックし、MSBuild をクリックします。
  3. 以下の設定を行います。

    MSBuild configuration
    タスクの説明 タスクの説明。これは Bamboo で表示されます。
    実行可能ファイル

    タスクの実行に利用可能な MSBuild 実行可能ファイル。選択した実行可能ファイルは、タスク(またはジョブなど)の要件の1つとなります。

    You can add other executables, if required.

    Project File
    The name of the solution, project file or MSBuild project to execute, for example ExampleSolution.sln. You can include variables (see Bamboo variables).
    オプション

    The MSBuild command line options that you want to include. 

    By default, Bamboo 5.7 (and later versions) writes the contents of the Projects File and Options fields to an MSBuild response file. See below for more information.

    変数を含めることもできます(「Bamboo 変数」を参照してください)。

     

  4. If required, specify environment variables and working directory settings:

    環境変数

    (オプション)ビルドに渡す追加システム環境変数。既存の環境変数は、実行ファイルで自動的に利用できます。また、Bamboo グローバルまたはビルド固有の変数を含めることもできます(Bamboo 変数を参照)。
    複数の変数はスペースで区切ってください。パラメーターには引用符を付けてください (例: ANT_OPTS="-Xms200m -Xmx700m")。

    作業サブディレクトリ (オプション)  Bamboo が実行ファイルを実行する、ジョブのルート ディレクトリに相対的な代替サブディレクトリ。ルート ディレクトリには、ジョブの構成済みソース リポジトリから確認されたものがすべて含まれます。このフィールドを空白のまま残した場合、Bamboo はルート ディレクトリでビルド ファイルを検索します。このオプションは、サブディレクトリ内にビルド スクリプトがあり、実行可能ファイルをそのサブディレクトリ内から実行する必要がある場合に便利です。
    Powershell スクリプトとして実行 (オプション、Windows のみ).bat ファイルを解釈する cmd.exe ではなく Powershell でスクリプトを実行するには、「Powershell スクリプトとして実行」チェックボックスをチェックします。インライン エディタは Powershell 構文をサポートします。

  5. 保存をクリックします。

MSBuild にオプションを渡す

By default, Bamboo 5.7 (and later versions) writes the contents of the Projects File and Options fields to an MSBuild response file:

# MSBuild response file generated by Atlassian Bamboo
%CONTENTS_OF_OPTIONS_FIELD%
%CONTENTS_OF_PROJECTS_FILE_FIELD%

そして以下のコマンドを実行します。

msbuild.exe @<full-path-to-response-file>response-file.rsp

これによって、コマンド ラインで MSBuild を呼び出すときに使用するものと同じ設定を Bamboo MSBuild で使用することができます。

You can disable creation of the response file. In that case, Bamboo will create a .bat file instead:

"<full-path-to-msbuild>msbuild.exe" %CONTENTS_OF_OPTIONS_FIELD% %CONTENTS_OF_PROJECTS_FILE_FIELD%

and run that.

Click here to see how to disable use of the response file...

To disable use of the MSBuild response file, set the bamboo.plugin.dotnet.msbuild.useResponseFile system property to false.

There are a couple of ways to do that:

  • If you start the Bamboo server or remote agents manually you can set the property on the command line, as an argument to the JVM, like this:

    -Dbamboo.plugin.dotnet.msbuild.useResponseFile=false

    Do this on all Bamboo agents, and on the Bamboo server if you use local agents.

  • If your agents are run as a service, set the system property in the <Bamboo agent home directory>/conf/wrapper.conf configuration file, like this:

    # The Bamboo Agent home configuration file
    wrapper.java.additional.1=-Dbamboo.home=/home/bamboo/bamboo-agent-home
    wrapper.java.additional.2=-Dbamboo.agent.ignoreServerCertName=false
    wrapper.java.additional.3=-Dbamboo.plugin.dotnet.msbuild.useResponseFile=false
  • If your Bamboo server runs as a service, add the system property to the <Bamboo home directory>/conf/wrapper.conf  configuration file.

 

 

 

 

 

最終更新日 2017 年 5 月 31 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.