TestNG

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

This page describes how to configure a Bamboo task to parse TestNG test results.

始める前に

  • Bamboo の java ビルダー タスク(Maven など)は、タスクの一部としてテスト情報を解析します。テスト結果がビルダー タスクの一部として生成される場合、テスト タスクを設定する必要はありません。

To configure a TestNG Parser task:

  1. ジョブのタスク設定タブに移動します(新しいプランを作成するとデフォルト ジョブとなります)。
  2. Click the name of an existing TestNG task, or click Add Task and then TestNG to create a new task.
  3. タスク設定の更新

    タスクの説明 Bamboo で表示されるタスクの説明を入力します。
    このタスクを無効化 オンまたはオフにすることで、選択的にこのタスクを実行します。
    カスタム結果ディレクトリの指定 Enter the name of the test results directory (or multiple directories, separated by commas). You can also use Ant-style patterns such as */test-reports/.xml. Please specify file path relative to your job build's root directory. Do not specify an absolute path.
    For jobs that use CVS, the job build's root directory is <bamboo-home>/xml-data/build-dir/JOB_KEY/<cvs-module>.
  4. 保存をクリックします。

最終更新日 2017 年 1 月 20 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.