Grails

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

This page describes how to configure a Bamboo Grails task.

Bamboo supports Grails versions 1.2.x, 1.3.x, and 2.x.

To configure a Grails task:

  1. ジョブのタスク設定タブに移動します(新しいプランを作成するとデフォルト ジョブとなります)。
  2. Click the name of an existing Grails task, or click Add Task and then Grails to create a new task.
  3. 以下の設定を行います。
     

    タスクの説明 タスクの説明。これは Bamboo で表示されます。
    このタスクを無効化 オンまたはオフにすることで、選択的にこのタスクを実行します。
    実行可能ファイル

    The Grails executable that is available to perform the task. The executable that you select will become one of the task's (and so, the job's) requirements.

    You can add other executables, if required.

    Grails Commands

    The Grails commands that you want Bamboo to execute. See the Grails Command Line Reference documentation for more details on Grails commands.

    • You can use '-D' to define one or more JVM parameters, e.g.: -Djava.awt.headless=true will pass the parameter 'java.awt.headless' with a value of 'true'.
    • 変数を含めることもできます(「Bamboo 変数」を参照してください)。
    Build JDK

    The JDKs that are available to perform the task. The JDK that you select will become one of the task's (and so, the job's) requirements.
    You can add other JDKs, if required.

    環境変数 (Optional)  Additional system environment variables that you want to pass to your build. Note that existing environment variables are automatically available to the executable. You can also include Bamboo global or build-specific variables (see Using global, plan or build-specific variables).
    Multiple variables should be separated with spaces. Parameters with spaces must be quoted (e.g ANT_OPTS="-Xms200m -Xmx700m").
    作業サブディレクトリ (オプション)  Bamboo が実行ファイルを実行する、ジョブのルート ディレクトリに相対的な代替サブディレクトリ。ルート ディレクトリには、ジョブの構成済みソース リポジトリから確認されたものがすべて含まれます。このフィールドを空白のまま残した場合、Bamboo はルート ディレクトリでビルド ファイルを検索します。このオプションは、サブディレクトリ内にビルド スクリプトがあり、実行可能ファイルをそのサブディレクトリ内から実行する必要がある場合に便利です。
    The build will produce test results Choose one of the following: Look in the standard test results directoryBamboo looks in the standard directory for the test results. Use this unless you've customized your test runner to output the results to a different location. Specify custom results directories -- Specify the custom directory, relative to the root directory, where test results will be created. You can use Ant-style patterns such as **/test-reports/*.xml. Bamboo requires test results to be in JUnit XML format. (warning) For jobs that use CVS, the root directory is <bamboo-home>/xml-data/build-dir/JOB_KEY/<cvs-module>.
  4. 保存をクリックします。

最終更新日 2017 年 1 月 20 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.