Understanding team capacity

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

チームのキャパシティは、一定の期間にチームが完了できる最大作業単位に対して、チームが引き受ける予定の作業単位の割合の数値として定義されます。

タイムラインにチームのキャパシティを表示すると、キャパシティ バーが表示され、スプリント間 (スクラム チーム)、およびイテレーション間 (カンバン チーム) でどのように作業が分散されているかがわかります。この記事では、スクラム チームとカンバン チームの両方でキャパシティがどのように処理されるかを説明します。

カンバン チーム

カンバン チームのキャパシティは 1 週間の期間に対して測定されます。カンバン チームの週のキャパシティ (日または時間) を設定できる場合であっても、イテレーションの長さは変えられないので、長さは 1 週間のままとなります。


1 週間のカンバン チームの見積り時間の例

上記の例では、キャパシティは週あたり 200 時間に設定されています。そのイテレーションにおける課題の見積り時間とステータスに基づいて、次の詳細がわかります。

  • この時点で 200 時間のうち 0 時間が終了しているということは、作業の 0% が完了しているということになります。
  • チームの週のキャパシティである 200 時間に対して 200 時間がコミットされているということは、その週のチームのキャパシティ全体の 100% に達しているということになります。

1 つのストーリーが複数の週にわたる場合、キャパシティはその週に均等に配分されます。


2 週間にわたるカンバン課題の例

上記の例で、課題は 100 時間かかると見積られ、2 週間にわたっています。この場合、キャパシティは 2 週間で均等に配分され、各週のキャパシティに対して 50 時間コミットされます。

スクラム チーム

スクラム チームは、ストーリー ポイントまたは時間のいずれかに基づいて作業を見積ります。 ストーリー ポイントを使用する場合、スプリントの期間に対してチームのベロシティが測定されます。たとえば、ベロシティが 2 週間のスプリントに対して 30 ストーリー ポイントに設定されている場合、キャパシティの詳細には、合計ベロシティに対して見積られたストーリー ポイントに関して、スプリントの埋まり具合がパーセンテージで表示されます。


ストーリー ポイントの見積りを使用しているチームのスプリントの例

時間ベースの見積り (日または時間) を使用する場合、キャパシティは 1 週間の期間に対して測定されます。たとえば、週のキャパシティが 2 週間のスプリントに対して 160 時間に設定されている場合、キャパシティの詳細には、2 週間の合計時間 (320 時間) に対して見積られた時間に関して、スプリントの埋まり具合がパーセンテージで表示されます。


時間ベースの見積り (時間) を使用しているチームのスプリントの例

スクラム チームでのキャパシティ割り当て

Capacity is distributed evenly across sprints unless issues are assigned to a sprint. If there is no sprint assignment, story points are allocated as follows, in this order:

  • 終了日 — 課題にスプリントの割り当てがない場合、終了日に基づいて優先順位が付けられ、最も早く終了する課題が最優先されます。
  • 階層レベル — スプリントの割り当てがなく、終了日がない場合、課題は階層レベルで逆の順序で並べ替えられます。えば、ストーリーにはエピックよりも高い優先度が与えられます。
  • 課題ランキング — 通常、同じ階層レベルには複数の課題があるため、ここで課題のランク付けが行われます。キャパシティは、最初に最高ランクの最下位階層の課題に割り当てられます。
最終更新日 2020 年 6 月 9 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.