タイムライン上での課題の配色

プランの [ロードマップ] ビューで、スケジュール バーとして使用できるタイムライン上に課題が表示されます。各バーのサイズは課題の開始日と終了日に対応します。既定では、スケジュール バーはグレーですが、視覚的に区別するために異なる色を適用できます。


グレー スケジュール バーがデフォルトで表示されるロードマップ ビュー

色付けのオプション

Depending on what you want to draw attention to, you can color schedule bars in different ways. Coloring helps you visualize any trends or themes that could be surfacing in your plan. This is helpful when sharing your plans with stakeholders — they can quickly pick up any relevant, visual insights.

スケジュール バーは、次の項目で色付けできます。

  • プロジェクト

  • ステータス

  • チーム

上記の 3 つのオプションでは、スケジュール バーに色が自動的に割り当てられます。


プロジェクトごとに色分けされたスケジュール バーを含むロードマップ ビュー


Schedule bars can also be colored by:

  • コンポーネント — Jira Software にコンポーネントがすでに存在する場合のみ、オプションとして利用できます。詳細情報

  • ラベルJira Software にラベルがすでに存在する場合のみ、オプションとして利用できます

  • カスタム フィールド — Jira インスタンスでカスタム フィールドが有効になっていて、プランがカスタム フィールドを使用して設定されている場合にのみ使用できます。

  • 課題タイプ — 色分けに使用できる課題タイプは、プランの課題ソースとして使用されているプロジェクトに対して構成された課題タイプ スキームに基づきます。

これらの最後の 4 つのオプションを使用すると、色を選択できます。また、次の手順で説明するように、1 つの色を複数のオプションに割り当てることもできます。

タイムラインへの色の追加

上記のオプションのいずれかでスケジュール バーを色付けするには、次の手順を実行します。

  1. プランのロードマップ ビューで、[設定を表示] をクリックします。

  2. Use the Color by menu to choose an option.

  3. 色を選択できるオプションについては、[+ 色を追加] をクリックして色を選択します。

  4. ドロップダウン メニューを使用して、その色のオプションを 1 つ以上選択します。

  5. 完了したら、もう一度 [表示設定] をクリックしてメニューを閉じます。

プランに適用されている設定別に設定を更新または変更する場合は、このメニューに戻ります。[すべての色をクリア] のオプションもあります。

デフォルトのグレーに戻すには、[色] メニューをクリックし、[なし] を選択します。



最終更新日: 2021 年 2 月 1 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.