範囲と依存関係を使用する

このページでは、Advanced Roadmaps のライブ プランの使い方について説明します。デザインが変更されたプラン インターフェイスを使用している場合は、こちらのページをご覧ください。

In the scope details view, you can see the details of each issue, as well as add scheduling dependencies to issues.

The following information are displayed in the scope details view, for each issue:

フィールド説明
親課題を表示します
説明課題の説明
依存関係課題の関係と依存関係
一番早い開始日スケジュール可能なもっとも早い日付を定義します。
Scheduled startスケジュール計算によって作成された開始日
Scheduled endThe end date produced by schedule calculation


To view issue details in the scope details view:

  1. プランで、[スコープ] タブをクリックしてスコープ テーブルを表示します。
  2. In the scope table, click an issue. The details view will display.


課題にスケジュール依存関係を追加する方法

Before you begin, make sure you have the link issues permission in your Jira instance. 

  1. プランで、[スコープ] タブをクリックしてスコープ テーブルを表示します。
  2. In the scope table, click the issue to which you want to add a scheduling dependency.
  3. Click + Add dependency, then specify the relation between the issues.
  4. Celect Add dependency.
  5. Commit the changes back to your Jira Software instance.


To illustrate, let's say you have an issue called List existing trips, and this issue depends on both the frontend framework and the backend framework being in place. You then need to add a dependency, so the frontend framework work must happen before listing the existing trips is implemented.

  1. プランで、[スコープ] タブをクリックしてスコープ テーブルを表示します。
  2. Click the List existing trips issue.
  3. 2 つの依存関係を次のように課題に追加します。

    これにより、"List exisiting trips" 課題は "frontend framework" と "backend framework" の 2 つの課題のあとにスケジュールされます。
  4. Commit the changes back to your Jira Software instance.
Last modified on Mar 30, 2020

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.