スケジューリングとタイムライン

このページでは、Advanced Roadmaps でのライブ プラン インターフェイスを参照しますが、これは 2021 年 7 月 31 日に無効になります。現在のインターフェイスの使用方法については、代わりにこちらのページを参照してください。

スケジューラーは、Advanced Roadmaps の中心的な機能の 1 つです。スケジュール作成アルゴリズムにより、チームの課題への割り当て、依存関係や優先度の考慮、現実的な予測の作成が自動的に行われます。

タイムライン ビューには予測されたリリース日が表示され、プロジェクト、チーム、およびチーム メンバーごとに詳細を確認できます。

  1. 課題の階層で作業をフィルタリングします
  2. 作業項目の予測スケジュールを確認します。タイムラインの上部にある視覚的でわかりやすい時間枠を使用して、作業項目の開始日と終了日を確かめます
  3. プロジェクト、リリース、チーム、課題キー、課題の要約で作業をフィルタリングします
  4. ステータス カテゴリ (作業前、進行中、完了)、特定のステータス (下書き、レビュー中、検証済み)、完了日、スケジュール範囲、テーマで作業をフィルタリングします
  5. スコープ ビュー、チーム ビュー、リリース ビューに移動します。ビューはプランのタイムラインの下に表示されます
  6. プランのスケジュールを計算します。この計算は、Advanced Roadmaps または Jira の作業項目に対する変更に基づいて行われます
  7. 作業の予測スケジュール、プランでのチームの潜在的な作業キャパシティ、またはプランの作業項目のターゲット スケジュールに基づいて、プランのタイムラインを表示します
  8. プランの読み取り専用レポートを生成します
  9. スケジュール ビューを設定します
最終更新日 2020 年 4 月 24 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.