Scenarios (old)

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

シナリオを使用して、プランのさまざまなバージョンを提案し、それらのバージョンで作業をどのようにスケジュールするかを試します。いくつものシナリオを立てることにより、チームが作業を期日どおりに仕上げる能力に対する、計画外のリスクの影響を、より容易に評価できます。

シナリオを有効にする

プランでシナリオを使用するには、まず、プランでシナリオを有効にする必要があります。

  1. プランで [設定] () > [Configure] > [Scenarios] の順にクリックします。
  2. [Enable scenarios] をクリックします。[Create first scenario] ダイアログに、既定で ”Initial scenario” というタイトルが付いたシナリオが表示されます。
  3. 必要に応じてシナリオのタイトルを変更します。
  4. 新しいシナリオのを選択します。シナリオへの変更はフラグで表示されますが、そのフラグにはここで選択した色が使用されます。
  5. 作成をクリックします。

Once scenarios are enabled in your plan, you can create any additional scenarios, start planning work with multiple scenarios, or delete any scenarios no longer needed at any time. See Scenarios for more details.

シナリオを作成する

プランでシナリオを有効化したら、必要な数だけシナリオを作成できます。

  1. プランで [設定] () > [Configure] > [Scenarios] の順にクリックします。[シナリオ] ページに、プランで設定されているシナリオの一覧が表示されます。
  2. [+ シナリオを作成] をクリックします。[新しいシナリオを作成] ダイアログが表示されます。
  3. 新しいシナリオにタイトルを付けます。
  4. 新しいシナリオは、次のいずれかから作成できます。
    • 空白のシナリオ。プランに未保存の変更がすでに存在していても、それは新しいシナリオに含まれません
    • 既存のシナリオのコピー。選択したシナリオに基づいて新しいシナリオを作成します。新しいシナリオは、既存のシナリオの未保存の変更を継承します。
  5. 新しいシナリオのを選択します。シナリオへの変更はフラグで表示されますが、そのフラグにはここで選択した色が使用されます。
  6. [作成] をクリックします。

プランですでにシナリオが有効になっている場合は、ロードマップ ビューでシナリオを直接作成できます。[シナリオ] メニュー > [シナリオを作成] の順にクリックします。

シナリオを管理する

プランですでにシナリオが有効になっている場合は、ロードマップ ビューまたはプランの設定ページでシナリオを直接管理できます。

  1. ロードマップ ビューで [シナリオ] メニュー > [シナリオを管理] の順にクリックします。[シナリオ] ページが表示されます。
  2. 必要に応じて以下のいずれかを実行します。

    シナリオの名前を更新するシナリオの名前をクリックし、新しい名前を入力します。
    シナリオのを変更する

    シナリオに割り当てられた色をクリックしてから、別の色を選択します。

    シナリオを削除するプランで不要になったシナリオの削除アイコンをクリックします。

または、[設定] () > [Configure] > [Scenarios] の順にクリックして、[シナリオ] ページにアクセスできます。

シナリオを無効にする

プランでシナリオ機能を無効化すると、プランで変更を保持できるシナリオが 1 つのみになることに注意してください。その他すべてのシナリオの未保存の変更は失われます。

シナリオを無効にする方法

  1. プランで [設定] () > [Configure] > [Scenarios] の順にクリックします。
  2. [無効化] をクリックします。[シナリオを無効化] ダイアログが表示されます。
  3. シナリオのドロップダウンから、プランに変更を保存するシナリオを選択します。
  4. [無効化] をクリックします。
Last modified on Mar 16, 2021

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.