作業を計画する

プロジェクトを計画するには、タスクの期限を追跡するだけでは不十分です。Advanced Roadmaps には、チーム間の作業のバランスを取ってプラン内の課題をスケジュールし、外部の関係者とビジョンを共有するための強力なツールが用意されています。このセクションでは、Advanced Roadmaps で自由に利用できるツールについて説明します。

Advanced Roadmaps の各プランの上部に、次のヘッダーが表示されます。

1. プランを設定する

を選択すると設定メニューが表示されて、プラン設定を構成、プランに課題ソースを追加、プランを削除できます。

2. プラン内の情報を管理する

プラン名の横にあるドロップダウン メニューには、プランのさまざまな側面がすべて表示されます (以下参照)。

  • [ロードマップ ビュー] セクションでは、課題を計画作成スケジュールして、チーム キャパシティを管理できます。また、このメニューを使用して事前構成ビュー作成したカスタム ビューなど、プランのビューを切り替えられます。

  • [チーム] ビューには、プラン内の課題全体に取り組んでいるチームとチーム メンバーに関する詳細情報が表示されます。Advanced Roadmaps でチームを作成して管理する方法については [チーム] ページをご参照ください。

  • [リリース] ビューでは、プランに関連付けられたリリースを構成して管理できます。Advanced Roadmaps でチームを作成して管理する方法については [リリース] ページをご参照ください。

  • [依存関係レポート] ビューには、リンクされていて特定の順序で完了する必要がある課題の視覚的なマップが表示されます。プランにある依存関係の管理に関する詳細については [依存関係] ページをご参照ください。プランにある依存関係の表示に関する詳細については [依存関係の監視] と [依存関係レポート] の各ページをご参照ください。 

3. 課題をスケジュールしてプランを共有する

メニューの右側には、[x 警告]、[自動スケジュール]、[共有方法]、[変更を確認] の 4 つの重要なボタンがあります。

課題をスケジュールする際は、Advanced Roadmaps ではプラン内の日付の不一致や注意が必要な課題について、[x warnings (x 個の警告)] ボタンで注意が喚起されます。最も一般的な警告は日付の不一致によるものですが、他にもいくつかの原因があります。「警告」ページでは、警告の原因とその解決方法について詳しく説明しています。

Advanced Roadmaps には、選択した課題ソースからインポートした詳細に基づいてプランを自動的に作成する自動スケジュールも用意されています。スプリントの割り当て、スケジュールされたリリース、依存関係、日付などに基づいて、プランを自動的に作成できます。自動スケジュール機能の詳細については、「自動スケジュール」ページをご覧ください。

プランを共有する準備ができたら [共有方法] ボタンを使用します。開いたモーダルで、そのボタンを選択してプランを Confluence ページに追加し、プランの読み取り専用ビューを送信してデータを .csv ファイルにエクスポートできます。詳細については「プラン データを共有してエクスポートする」をご参照ください。

完璧なプランを作成したら、[変更をレビュー] ボタンを選択して Jira Software の課題に変更を保存してください。Advanced Roadmaps は、保存するように指示するまでは変更が保存されないサンドボックス環境です。破棄する変更も選択できます。詳細については、「Jira Software に変更を保存する」を参照してください。

最終更新日 2021 年 9 月 6 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.