依存関係を監視する

このページの内容

このセクションの項目

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問


Advanced Roadmaps では、プロジェクトの進行に応じて相互に依存する課題をさまざまな方法で監視できます。プラン内の依存関係を重視したり、ロードマップの一部としてタイムラインに追加したりできます。

依存関係重視のビュー

Advanced Roadmaps の [依存関係管理] ビューでは、タイムラインへの依存関係と役立つ関連情報がハイライトされます。

また、ビジュアル プランナーに近い方は依存関係レポートを使用できます。この表示専用マップにはプラン内の依存関係とその関連性が表示されます。

タイムラインから依存関係を監視する

Advanced Roadmaps では、スケジュール バーの両端にバッジを追加してタイムラインへの依存関係を示します (詳しくは依存関係ページを参照)。右側のバッジは依存元 (「ブロックされる」) を、左側のバッジは依存先 (「ブロックする」) を示します。

依存関係の表示方法を変更する

[表示設定] メニューの [依存関係のスタイル] ドロップダウンでは、タイムラインでの依存関係の表示方法を選択できます。バッジは、スケジュール バーの両端にバッジ アイコンを追加して、依存関係がその課題にリンクされていることを示しますラインは、タイムライン上の依存する課題をラインと結び付けます。Advanced Roadmaps が 2 つの依存課題の間にラインを表示できない、または依存関係がプランに含まれていない課題に接続されている場合は、代わりにバッジ アイコンが表示されます。

[依存関係のスタイル] ドロップダウン メニューの下にある [依存関係の数を表示] チェックボックスを使用して、バッジへの依存関係の数を追加できます。このオプションはバッジを選択している際にのみ利用できます。行の表示中にこの番号を表示するには、スケジュール バーにカーソルを合わせると番号が表示されます。

すべての課題の依存関係を表示する

これらの表示方法に関係なく、スケジュール バーのどちらかの側でバッジを選択すると、下記のようにその課題に添付されたすべての依存関係が表示されます。このポップアップには次の情報が表示されます。

  • タイプ - 「ブロックされている」は依存元を、「ブロックしている」は依存先を示します。

  • 課題 - 依存課題の詳細

  • ステータス

  • 担当者

  • リード タイム - 依存課題間の日数

  • 依存関係によるフィルタリング - 依存チェーンを構成する課題がタイムラインに表示されます。詳細については、課題のフィルタリング ページを参照してください。

タイムライン上の依存関係を表示すると、矛盾する日付がある場合はいずれかの端のバッジが赤に変わります。この課題を解決するには、いずれかの依存関係の開始日または終了日を変更します。

特定の依存関係を表示する

Advanced Roadmaps が [] を表示するように設定されている場合は、行を選択するとその行で表される関係に焦点を当てたポップアップが開きます。

この行は 2 つの課題間の依存関係 (いくつの依存関係が 1 つの課題に添付されているかを示すバッジとは対照的に) を指しているため、このウィンドウに表示されるオプションは少なくなります。

最終更新日 2021 年 6 月 15 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

このセクションの項目

Powered by Confluence and Scroll Viewport.