チーム別のグループ化

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

When you group issues by teams, issues will display in team-specific swimlanes. The teams in the plan have their own swimlanes and you can view its assigned issues by expanding each team.

If you've associated the teams in your plan to corresponding issue sources, you can also show the overall capacity of these teams in the timeline. This can help you visualize how team-specific work is distributed across multiple sprints.

1プランで IOS app チームに割り当てられているイニシアチブ課題の 1 つ。
2The parallel sprints assigned to the team, and both sprints are already completed.
3IOS app チームに割り当てられている現在アクティブなスプリント
4
  • Click the capacity bar of a sprint to view the capacity details of that sprint. See Showing capacity in the timeline for more information.
  • Jira Software でスプリントを表示できます。新しいタブでスプリントが開かれます。
  • You can also filter issues by sprint, which will display the corresponding issues filtered by sprint in the roadmap view.
5

チームに所属するその他のスプリント。Jira Software ですでに作成されているもの、タイムラインで将来のスプリントとして割り当てられているものが含まれます。


課題をチーム別にグループ分けする方法

  1. プランのロードマップ ビューで、[設定を表示] をクリックします。
  2. [グループ分け] メニューから、[チーム] を選択します。プランの課題がチームごとのスイムレーンにグループ化され、チームのグループがアルファベット順に並べられます。 
  3. プランでチームに関連付けられたスプリントを表示するには、[タイムラインにキャパシティを表示] チェックボックスをクリックします。

Notes on showing sprints and capacity in a plan:

  • All the sprints associated with a team will appear in the timeline, which means your timeline might be filled with a lot of sprints, and might end up too crowded. To handle this, consider viewing issues for just a specific timeframe.
  • スプリントが完了すると、そのスプリントはタイムラインで、スプリントが完了する前の日の終わりで終了するように表示されます。これにより、スプリントがタイムラインで重複して表示されるのを防ぎます。この表示は、スプリントの割り当てを通じて課題がスケジュールされた場合でも、課題自体を手動でスケジュールしている場合でも適用されます。
  • If your teams are working on parallel sprints in Jira Software, these sprints will appear independently in the timeline.

Showing capacity in the timeline

Showing the overall capacity of your teams in the timeline helps you visualize how team-specific work is distributed across multiple sprints or iterations. It also helps you determine if too much work has been scheduled for a sprint or iteration.



Sample of an overbooked sprint

In the example above, the Wallaby sprint is showing a red capacity bar, which means too much work has been allocated to that sprint. You can quickly fix this up by removing some issues from that sprint, or adding more people to the team.


健全なスプリントの例

Clicking the capacity bar of a sprint will display the following:

  • sprint name
  • sprint start and end dates
  • status of the sprint (for example, active or future sprint)
  • スプリント目標 (Jira Software で追加されている場合)
  • percentage of issues that have been completed (if sprint is active)
  • percentage of how full the sprint is in estimated story points
  • number of unestimated issues in the sprint
  • number of unassigned issues in the sprint

Understanding capacity details in Scrum and Kanban

For both Scrum and Kanban teams, the capacity bars reflect how work is evenly distributed across the corresponding duration (sprints for Scrum, iterations for Kanban). This is the basic premise on how work is distributed in the current plans.

ただし、キャパシティの詳細がどのようにバーに反映されるかについては、いくつかの相違点があります。

For Scrum teams:

  • ストーリー ポイントの見積りを使用する場合、スプリントの期間に対してベロシティが測定されます。ベロシティが 2 週間のスプリントに対して 30 ストーリー ポイントに設定されている場合、キャパシティの詳細には、見積られたストーリー ポイントに関して、スプリントの埋まり具合がパーセンテージで表示されます。
  • 時間ベースの見積りを使用する場合、キャパシティは 1 週間の期間に対して測定されます。週のキャパシティが 2 週間のスプリントに対して 200 時間に設定されている場合、キャパシティの詳細には、見積られた時間に関して、スプリントの埋まり具合がパーセンテージで表示されます。
  • Even if a story spans multiple sprints, its estimate will consume capacity from the sprint that's assigned to it. For instance, TIS-123 is scheduled for 20 days, and it spans sprints 1 and 2 because each sprint runs for 10 days. TIS-123 is assigned to sprint 1, so its estimate of 30 story points will be allocated to sprint 1.

For Kanban teams:

Capacity is measured against the duration of a week. If weekly capacity is set to 200 hours, then the capacity details will show the percentage of how full the iteration is in terms of the estimated hours.

最終更新日 2020 年 4 月 13 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.