プランを作成する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

  1. プラン環境を準備する
  2. プランを作成する
  3. チームを管理する
  4. リリースを管理する
  5. プランで作業する
  6. プランをカスタマイズする
  7. プランを共有する

はじめる前に

このページのコンテンツは、ユーザーが所属している組織の構造に応じ、Advanced Roadmaps 管理者およびプラン所有者を対象にしています。

この利用開始ガイドは、チームのセットアップに役立てるためにご用意しました。

このガイドでは、Advanced Roadmaps の機能を使用する際にユーザーや管理者が経験することがある典型的な内容を詳しく説明します。また、概念についての高度な内容や、推奨事項、プランを肉付けする際に検討に値するオプションの手順も紹介しています。

プランの作成

このページのコンテンツは、次のタスクを既に実行済みであることを想定して作成されています。

  • プランで使用する課題ソースを特定していること。
  • プランをチームの作業にマッピングするため、課題タイプと階層レベルを作成していること。
  • チームの作業を計画する際に必要な依存関係を定義していること。
  • プランと Jira Software の両方で、課題の重要な詳細情報が表示されていることを確認していること。

これらのタスクをまだ完了していない場合は、「プラン環境を準備する」を参照してください。

プランのタイプ

Advanced Roadmaps では、2 種類のプランを使用できます。

  • 改善されたプラン インターフェイスを使用したプラン
  • ライブ プラン (従来)

改善されたプラン インターフェイスを使用したプラン

改善されたインターフェイスでは、課題をプランのタイムライン内でドラッグ アンド ドロップすることで、課題のスケジュールを手動で設定できます。これは、上位レベルのプランの初期段階では便利な方法です。

時間の経過とともに作業が明確になり、課題の見積もりが完了してそれらを関連するスプリントやリリースに割り当てたら、改善されたインターフェイスの自動スケジュール機能を使用することを選択できます。次に、これらの変更を受け入れるかどうかを選択できます。これは、スケジュールの変更が自動的にプランに実装されるライブ プランとは大きく異なります。

この計画方法が要件に合う場合は、改善されたインターフェイスを使用することをおおすすめします。改善されたインターフェイスを使用したプランの例

ライブ プラン (従来)

ライブ プランでは、作業はプランの自動スケジュール機能を使用してスケジュールされます。このタイプのプランでは、タイムラインで課題を手動でドラッグ アンド ドロップしてスケジュールすることはできません。Advanced Roadmaps はプラン内のすべての作業のスケジュール自動的に作成します。この際に複数のスケジュール要因を基にします。Advanced Roadmaps は依存関係や優先度も考慮に入れ、チームを課題に自動的に割り当てます。

この計画方法が要件に合う場合は、ライブ プランを使用することをおすすめします。

ライブ プランは Advanced Roadmaps で使用される既定のプラン タイプではないことにご注意ください。ライブ プランの自動スケジュール機能を使用したい場合、最初に、各プランで改善されたインターフェイスを無効にする必要があります。

ライブ プランの例

プランの作成

プランを使用する際には読み込み制限に注意する必要があります。読み込み制限では、プランに読み込むことができる課題の数を制限します。これにより、プランのスケジュールが大きくなりすぎて処理できなくなるのを防ぎます。

プランが大きくなりすぎると、Jira Software でタイムアウトが発生する可能性があります。これを防ぐため、複数のプランを作成し、これらのプラン全体に作業を広げることを検討することをおすすめします。または、プランに接続した課題ソースから特定の課題を削除できます。

プランでは、次の読み込み制限に注意してください。

  • 課題の絶対的な制限: プランに読み込むことができる課題の数 (5000)。
  • プロジェクト制限: プランに読み込むことができるプロジェクトの数 (100)。この制限は、プランを作成する際にのみ適用されます。プラン内のプロジェクトの合計数が 100 を超えている場合、プランを作成できなくなります。
  • チーム制限: 共有チーム設定経由でアクセスできるチームの数。プランが直接表示できるチーム数の上限は 50 です。50 より多くのチームがある場合、一部のチームは、共有チーム設定ページには直接表示されません。表示されていないチームを見つけるには、検索ボックスでチーム名を入力します。

改善されたインターフェイスでプランを作成する

ROLLING OUT This feature is being gradually rolled out and may not be on your site just yet.

To create a new plan:

  1. From the global navigation in Jira, go to Plans > Create plan.

  2. Enter these details:

    1. Plan name — This will help your team identify the plan.

    2. Access — Select Private or Open. By default, access is set to Open.

    3. Issue sources: Connect to classic projects and boards, and filters in Jira Software. These will form the plan’s scope. Learn more about issue sources.

  3. Select Create to use these issue sources, or select Set exclusion rules to refine the displayed issues. You can set rules for:

    • Completed issues — Enter the number of days completed issues will be displayed in the plan.

    • 課題タイプ

    • 課題のステータス

    • リリース

  4. Select Back to create plan > Create.

Don’t see this new feature on your site yet?
  1. Advanced Roadmaps で、[プラン] > [プランの作成] をクリックします。
  2. プランに名前を付けます。
  3. Select one of the privacy options from the privacy dropdown:
    • No restrictions – All users can view and access the plan
    • Private – Only the creator of the plan can view, access, and edit the plan
    "非公開" を選択すると、自分のみがプランを表示、アクセス、および編集できます。Jira 管理者やシステム管理者を含む他のユーザーはプランを表示または検索できません。必要に応じて、プライバシー オプションを変更できます。
  4. [次へ] をクリックします。
  5. プランで使用したい課題ソース (ボード、プロジェクト、フィルター) を選択します。
    • 3 つの課題リソースのうち、スクラム ボードを使用することをおすすめします。これにより、プランから直接、ボードからのスプリントを管理し、将来のスプリントのキャパシティを計画し、課題をスプリントに割り当てることができます。
    • プランの課題ソースの 1 つとしてスクラム ボードを選択した場合、課題の見積もり選択方法を選択することを求められます。ストーリー ポイントを使用することをおすすめします。
    • 課題ソースの詳細については、「プランとは」を参照してください。
  6. [次へ] をクリックします。
  7. Choose the releases that are relevant to your work, then click Next.
    You'll only need to choose releases if there are existing releases in Jira that are associated with the selected issue sources. By choosing the relevant releases, the issues assigned to these releases will display in your plan.
  8. プランに含めたいチーム候補を承認するか、次のいずれかを実行できます。
    • Configure the settings of the teams: agile method (Scrum or Kanban) and weekly capacity.
    • Note that for plans that have boards as issue sources, Advanced Roadmaps will suggest the velocity for the team. The suggested velocity will be based on past performance, i.e. if the team previously completed any sprints in the corresponding boards.
    • [その他] () > [削除] をクリックして、プランに含める必要がないチームを削除します。
  9. [次へ] をクリックします。

  10. Confirm the issues that you want to include in your plan by selecting the corresponding checkboxes. By default, all the issues are selected. Filter the issues by project, issue source, issue key, or issue summary as needed.
  11. 必要なすべての課題をマークしたら、[完了] をクリックします。

ライブ プランの作成

ライブ プラン (レガシー) を作成したい場合は、「プランの作成と削除」を参照してください。


最終更新日: 2020 年 10 月 27 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.