課題の作成

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Before creating issues, make sure you've already done the following tasks:

  • Created the initiative issue type in at least one of the projects that's being used in your plan
  • 必要に応じてプランの階層レベルを設定する
  • Selected all available hierarchy levels for the hierarchy range in your plan

そうしないと、一部の課題タイプを使用できません。詳細については、「階層レベルの構成」を参照してください。

改善されたインターフェイスでは、Jira Software に戻らずに課題をプランで直接作成できます。これには、次のようにいくつかの方法があります。

Also, note that the default duration for issues would depend on the timeframe in which you're viewing the plan. You can always edit the duration after the issue is created.

  • 3M: 1 週間
  • 1Y: 1 month
  • Fit: The default duration depends on the date range of the issues in the timeline, which affects the width of the issues in the timeline. If the width fit is small, then the default duration could perhaps be a week or a month.
  • Custom: The default duration depends on the duration that you set between the start and end dates. If you set a short period of time, then the default duration would be shorter as well.

If you've also customized and grouped the issues in your plan, you can also create issues in the specific groupings. See Grouping issues for more details.

Creating a child issue of an issue

A plan typically contains issues coming from multiple issue sources, such as boards, projects, or filters. As a best practice, it would help you plan work and create issues more efficiently if you keep in mind the issue source, and the parent issue of the issue you're creating. This helps you create child issues of issues across multiple issue sources, where it makes most sense.

Creating a child issue of an issue

To create a child issue of an issue:

  1. In the scope section of your plan, go to the parent issue for the issue you want to create.
  2. Hover on the parent issue > click more () > select the hierarchy level for the issue you're creating. This will add a row for the new issue right below the parent issue.
  3. In the new row, select the issue type for the new issue > select the corresponding project.
    Note that the chosen project will be selected by default the next time you create an issue. You can update the project as needed.
  4. Give the new issue a name, then click Enter.
    If you're using any issue filters in the plan, the newly created issue may not be visible. Make sure to clear all filters to see the new issue in the plan.
  5. If already known, specify other issue details, like assignee, team, estimate, sprint, release, and dates.
    • The details that you can specify for an issue will depend on the corresponding issue source. For example, if you're selecting a release for TIS-123, only  the relevant releases for the TIS project will be available.

    • You can set the estimate value of issues to 0. This is different from keeping the estimate value blank. Any issues that have blank estimates are treated as unestimated issues in a plan.
    • If you're creating a sub-task, the issue will inherit certain values of its parent story, including sprints, releases, and teams.

  6. プランのロードマップ ビューで、タイムライン セクションの上にある [変更を確認] をクリックします。[変更を確認] ダイアログが表示され、既定ですべての変更が選択されます。

    変更を確認する際、必要に応じて以下のいずれかを実行します。

    • ダイアログの左上にある [変更したユーザー] メニューを使用して、プランで自分自身またはほかのユーザーが行った変更をフィルタリングします。
    • 複数の変更を表示するには、[変更内容] 列の項目を展開します。
    • Jira Software に保存したい変更のチェックボックスを選択し、次に [選択した変更を Jira で保存] をクリックします。デフォルトでは、すべてのチェックボックスが選択されています。選択を解除したものについては Jira Software には保存されませんが、プランには残されます。
    • プランから削除する変更のチェックボックスを選択し、[Discard selected changes (選択した変更を破棄)] をクリックします。これらの変更はプランから破棄され、値は Jira Software に現在保存されているものに戻ります。
    • Jira Software への変更を保存する際に警告が表示された場合は、最初にこれを修正してから変更を再度保存することを推奨します。一般的に発生する問題については、「トラブルシューティング」を参照してください。

Jira Software に変更を保存するには、Advanced Roadmaps ユーザー権限が必要です

Creating an issue of the same hierarchy level

You can also create a sibling issue — sibling issues are issues of the same hierarchy level.

Creating an issue of the same hierarchy level

To create an issue of the same hierarchy level:

  1. In the scope section of your plan, find an issue of the same hierarchy level of the sibling issue you want to create.
  2. Hover on the issue > click more () > select the same hierarchy level. This will add a row for the new issue, right below the issue you'd referenced.
  3. In the new row, select the corresponding project.
    Note that the chosen project will be selected by default the next time you create an issue. You can update the project as needed.
  4. Give the new issue a name, then click Enter.
    If you're using any issue filters in the plan, the newly created issue may not be visible. Make sure to clear all filters to see the new issue in the plan.
  5. If already known, specify other issue details, like assignee, team, estimate, sprint, release, and dates.
    • The details that you can specify for an issue will depend on the corresponding issue source. For example, if you're selecting a release for TIS-123, only  the relevant releases for the TIS project will be available.

    • You can set the estimate value of issues to 0. This is different from keeping the estimate value blank. Any issues that have blank estimates are treated as unestimated issues in a plan.
    • If you're creating a sub-task, the issue will inherit certain values of its parent story, including sprints, releases, and teams.

  6. プランのロードマップ ビューで、タイムライン セクションの上にある [変更を確認] をクリックします。[変更を確認] ダイアログが表示され、既定ですべての変更が選択されます。

    変更を確認する際、必要に応じて以下のいずれかを実行します。

    • ダイアログの左上にある [変更したユーザー] メニューを使用して、プランで自分自身またはほかのユーザーが行った変更をフィルタリングします。
    • 複数の変更を表示するには、[変更内容] 列の項目を展開します。
    • Jira Software に保存したい変更のチェックボックスを選択し、次に [選択した変更を Jira で保存] をクリックします。デフォルトでは、すべてのチェックボックスが選択されています。選択を解除したものについては Jira Software には保存されませんが、プランには残されます。
    • プランから削除する変更のチェックボックスを選択し、[Discard selected changes (選択した変更を破棄)] をクリックします。これらの変更はプランから破棄され、値は Jira Software に現在保存されているものに戻ります。
    • Jira Software への変更を保存する際に警告が表示された場合は、最初にこれを修正してから変更を再度保存することを推奨します。一般的に発生する問題については、「トラブルシューティング」を参照してください。

Jira Software に変更を保存するには、Advanced Roadmaps ユーザー権限が必要です

Creating an issue at any hierarchy level

If you're planning high-level work and just want to create issues fast, you can choose to create issues at any hierarchy level. This is helpful for when you have some issues to create, but you can't connect these to parent issues just yet.

任意の階層レベルで課題を作成する

To create an issue at any hierarchy level:

  1. In the scope section of your plan, click + Create issue.
  2. Select the hierarchy level for the issue. This will create a new issue at the bottom of the scope section, along with other issues that don't have parent issues.
  3. Give the new issue a name, and click Enter.
    If you're using any issue filters in the plan, the newly created issue may not be visible. Make sure to clear all filters to see the new issue in the plan.
  4. Specify the corresponding issue details as needed:
  5. If already known, specify other issue details, like assignee, team, estimate, sprint, release, and dates.
    • The details that you can specify for an issue will depend on the corresponding issue source. For example, if you're selecting a release for TIS-123, only  the relevant releases for the TIS project will be available.

    • You can set the estimate value of issues to 0. This is different from keeping the estimate value blank. Any issues that have blank estimates are treated as unestimated issues in a plan.
    • If you're creating a sub-task, the issue will inherit certain values of its parent story, including sprints, releases, and teams.

  6. プランのロードマップ ビューで、タイムライン セクションの上にある [変更を確認] をクリックします。[変更を確認] ダイアログが表示され、既定ですべての変更が選択されます。

    変更を確認する際、必要に応じて以下のいずれかを実行します。

    • ダイアログの左上にある [変更したユーザー] メニューを使用して、プランで自分自身またはほかのユーザーが行った変更をフィルタリングします。
    • 複数の変更を表示するには、[変更内容] 列の項目を展開します。
    • Jira Software に保存したい変更のチェックボックスを選択し、次に [選択した変更を Jira で保存] をクリックします。デフォルトでは、すべてのチェックボックスが選択されています。選択を解除したものについては Jira Software には保存されませんが、プランには残されます。
    • プランから削除する変更のチェックボックスを選択し、[Discard selected changes (選択した変更を破棄)] をクリックします。これらの変更はプランから破棄され、値は Jira Software に現在保存されているものに戻ります。
    • Jira Software への変更を保存する際に警告が表示された場合は、最初にこれを修正してから変更を再度保存することを推奨します。一般的に発生する問題については、「トラブルシューティング」を参照してください。
  • Jira Software に変更を保存するには、Advanced Roadmaps ユーザー権限が必要です
  • When creating an issue at any hierarchy level, both the project and issue type of the previously created issue will be used by default. You can update these details as needed.
最終更新日 2020 年 4 月 13 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.