課題の作成

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

課題を作成する前に、次のタスクを必ず実行しておいてください。

  • プランで使用されるプロジェクトの少なくとも 1 つで、イニシアチブ課題タイプを作成する
  • 必要に応じてプランの階層レベルを設定する
  • プラン内の階層範囲で使用可能なすべての階層レベルを選択する

そうしないと、一部の課題タイプを使用できません。詳細については、「階層レベルの構成」を参照してください。

改善されたインターフェイスでは、Jira Software に戻らずに課題をプランで直接作成できます。これには、次のようにいくつかの方法があります。

また、課題の既定の期間は、プランを表示している期間によって異なります。課題の作成後は、いつでも期間を編集できます。

  • 3M: 1 週間
  • 1Y: 1 か月
  • [Fit (適合)]: 既定の期間はタイムラインの課題の日付範囲によって異なり、タイムラインの課題の幅に影響します。適合する幅が小さい場合、既定の期間は 1 週間または 1 か月になる可能性があります。
  • カスタム: 既定の期間は、開始日と終了日の間で設定した期間によって異なります短い期間を設定すると、既定の期間も短くなります。

プラン内で課題をカスタマイズしてグループ化した場合は、特定のグループに課題を作成することもできます。詳細については、「課題のグループ化」をご覧ください。

ある課題の子課題を作成する

プランには通常、ボード、プロジェクト、フィルターなど、複数の課題ソースの課題が含まれます。これはベスト プラクティスとして、作成している課題ソースと親の課題を念頭に置いて、作業を計画し、問題をより効率的に作成するのに役立ちます。これにより、複数の課題ソース全体で課題の子課題を作成できるため、最も状況に適しています。

ある課題の子課題を作成する

特定の課題の子課題を作成するには:

  1. In the scope section of your plan, go to the parent issue for the issue you want to create.
  2. [parent issue (親課題)] にカーソルを合わせ、[その他] () をクリックして作成する課題の [階層レベル] を選択します。これにより、親課題のすぐ下に新しい課題の行が追加されます。
  3. 新しい行で、その新しい課題の [課題タイプ] を選択し、対応するプロジェクトを選択します。
    選択したプロジェクトは、次に課題を作成するときにデフォルトで選択されることに注意してください。必要に応じて、プロジェクトを更新できます。
  4. 新しい課題の名前を入力し、Enter をクリックします。
    プランで課題フィルターを使用している場合は、新しく作成された課題が表示されない可能性があります。プラン内の新しい課題を表示するには、すべてのフィルターを解除してください。
  5. すでにわかっている場合は、担当者、チーム、見積り、スプリント、リリース、日付など、課題の他の詳細を指定します。
    • 課題に指定できる詳細は、対応する課題ソースによって異なります。たとえば、TIS-123 のリリースを選択する場合、TIS プロジェクトに関連するリリースのみを使用できます。

    • 課題の見積り値を 0 に設定できます。これは、見積り値を空白のままにすることとは異なります。見積りが空白の課題の場合、プランでは見積りのない課題として扱われます。
    • サブタスクを作成する場合、課題はスプリント、リリース、チームなど、その親ストーリーの特定の値を継承します。

  6. プランのロードマップ ビューで、タイムライン セクションの上にある [変更を確認] をクリックします。[変更を確認] ダイアログが表示され、既定ですべての変更が選択されます。

    変更を確認する際、必要に応じて以下のいずれかを実行します。

    • ダイアログの左上にある [変更したユーザー] メニューを使用して、プランで自分自身またはほかのユーザーが行った変更をフィルタリングします。
    • 複数の変更を表示するには、[変更内容] 列の項目を展開します。
    • Jira Software に保存したい変更のチェックボックスを選択し、次に [選択した変更を Jira で保存] をクリックします。デフォルトでは、すべてのチェックボックスが選択されています。選択を解除したものについては Jira Software には保存されませんが、プランには残されます。
    • プランから削除する変更のチェックボックスを選択し、[Discard selected changes (選択した変更を破棄)] をクリックします。これらの変更はプランから破棄され、値は Jira Software に現在保存されているものに戻ります。
    • Jira Software への変更を保存する際に警告が表示された場合は、最初にこれを修正してから変更を再度保存することを推奨します。一般的に発生する問題については、「トラブルシューティング」を参照してください。

Jira Software に変更を保存するには、Advanced Roadmaps ユーザー権限が必要です

同じ階層レベルで課題を作成する

兄弟課題、つまり同じ階層レベルの課題を作成することもできます。

同じ階層レベルで課題を作成する

同じ階層レベルで課題を作成するには:

  1. プランの [スコープ] セクションで、作成する兄弟課題と同じ階層レベルの課題を検索します。
  2. [課題] の上にカーソルを合わせ、[その他] () をクリックして同じ階層レベルを選択します。これにより、参照した課題のすぐ下に新しい課題行が追加されます。
  3. 新しい行で、対応するプロジェクトを選択します。
    選択したプロジェクトは、次に課題を作成するときにデフォルトで選択されることに注意してください。必要に応じて、プロジェクトを更新できます。
  4. 新しい課題の名前を入力し、Enter をクリックします。
    プランで課題フィルターを使用している場合は、新しく作成された課題が表示されない可能性があります。プラン内の新しい課題を表示するには、すべてのフィルターを解除してください。
  5. すでにわかっている場合は、担当者、チーム、見積り、スプリント、リリース、日付など、課題の他の詳細を指定します。
    • 課題に指定できる詳細は、対応する課題ソースによって異なります。たとえば、TIS-123 のリリースを選択する場合、TIS プロジェクトに関連するリリースのみを使用できます。

    • 課題の見積り値を 0 に設定できます。これは、見積り値を空白のままにすることとは異なります。見積りが空白の課題の場合、プランでは見積りのない課題として扱われます。
    • サブタスクを作成する場合、課題はスプリント、リリース、チームなど、その親ストーリーの特定の値を継承します。

  6. プランのロードマップ ビューで、タイムライン セクションの上にある [変更を確認] をクリックします。[変更を確認] ダイアログが表示され、既定ですべての変更が選択されます。

    変更を確認する際、必要に応じて以下のいずれかを実行します。

    • ダイアログの左上にある [変更したユーザー] メニューを使用して、プランで自分自身またはほかのユーザーが行った変更をフィルタリングします。
    • 複数の変更を表示するには、[変更内容] 列の項目を展開します。
    • Jira Software に保存したい変更のチェックボックスを選択し、次に [選択した変更を Jira で保存] をクリックします。デフォルトでは、すべてのチェックボックスが選択されています。選択を解除したものについては Jira Software には保存されませんが、プランには残されます。
    • プランから削除する変更のチェックボックスを選択し、[Discard selected changes (選択した変更を破棄)] をクリックします。これらの変更はプランから破棄され、値は Jira Software に現在保存されているものに戻ります。
    • Jira Software への変更を保存する際に警告が表示された場合は、最初にこれを修正してから変更を再度保存することを推奨します。一般的に発生する問題については、「トラブルシューティング」を参照してください。

Jira Software に変更を保存するには、Advanced Roadmaps ユーザー権限が必要です

任意の階層レベルで課題を作成する

If you're planning high-level work and just want to create issues fast, you can choose to create issues at any hierarchy level. This is helpful for when you have some issues to create, but you can't connect these to parent issues just yet.

任意の階層レベルで課題を作成する

To create an issue at any hierarchy level:

  1. プランの [スコープ] セクションで [+ Create issue (+ 課題の作成)] をクリックします。
  2. 課題の階層レベルを選択します。これにより、親課題のないその他の課題と同様に、[スコープ] セクションの下部に新しい課題が作成されます。
  3. Give the new issue a name, and click Enter.
    プランで課題フィルターを使用している場合は、新しく作成された課題が表示されない可能性があります。プラン内の新しい課題を表示するには、すべてのフィルターを解除してください。
  4. 必要に応じて、対応する課題の詳細を指定します。
  5. すでにわかっている場合は、担当者、チーム、見積り、スプリント、リリース、日付など、課題の他の詳細を指定します。
    • 課題に指定できる詳細は、対応する課題ソースによって異なります。たとえば、TIS-123 のリリースを選択する場合、TIS プロジェクトに関連するリリースのみを使用できます。

    • 課題の見積り値を 0 に設定できます。これは、見積り値を空白のままにすることとは異なります。見積りが空白の課題の場合、プランでは見積りのない課題として扱われます。
    • サブタスクを作成する場合、課題はスプリント、リリース、チームなど、その親ストーリーの特定の値を継承します。

  6. プランのロードマップ ビューで、タイムライン セクションの上にある [変更を確認] をクリックします。[変更を確認] ダイアログが表示され、既定ですべての変更が選択されます。

    変更を確認する際、必要に応じて以下のいずれかを実行します。

    • ダイアログの左上にある [変更したユーザー] メニューを使用して、プランで自分自身またはほかのユーザーが行った変更をフィルタリングします。
    • 複数の変更を表示するには、[変更内容] 列の項目を展開します。
    • Jira Software に保存したい変更のチェックボックスを選択し、次に [選択した変更を Jira で保存] をクリックします。デフォルトでは、すべてのチェックボックスが選択されています。選択を解除したものについては Jira Software には保存されませんが、プランには残されます。
    • プランから削除する変更のチェックボックスを選択し、[Discard selected changes (選択した変更を破棄)] をクリックします。これらの変更はプランから破棄され、値は Jira Software に現在保存されているものに戻ります。
    • Jira Software への変更を保存する際に警告が表示された場合は、最初にこれを修正してから変更を再度保存することを推奨します。一般的に発生する問題については、「トラブルシューティング」を参照してください。
  • Jira Software に変更を保存するには、Advanced Roadmaps ユーザー権限が必要です
  • 任意の階層レベルで課題を作成する場合、以前に作成した課題のプロジェクトと課題タイプがデフォルトで使用されます。必要に応じて、これらの詳細を更新できます。
最終更新日 2020 年 4 月 13 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.