チーム設定の構成

このページの内容

このセクションの項目

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このページでは、Advanced Roadmaps のライブ プランの使い方について説明します。デザインが変更されたプラン インターフェイスを使用している場合は、こちらのページをご覧ください。

You can configure the scheduling methodology, and the velocity or the weekly capacity of the teams associated with your plan.

チームのスケジュール手法の設定:

  1. In your plan, click the Teams tab to display the teams section below the timeline.
  2. チーム セクションで、設定したいチームを見つけ、展開して詳細を表示します。
  3. 選択したチームの右上セクションで、[スケジュール方法] メニューをクリックします。
  4. Select from one of the following methodology options:
    • Scrum, if the team works in sprints or fixed iterations, then specify the number of weeks that comprise a sprint. If you want to define the default value for your sprints, see Configuring scheduling settings.
    • Kanban, if the team works in a continuous schedule.
      (info) If your plan uses story points for estimation, the Kanban option won't be available. See Configuring scheduling settings to know more about changing the planning unit of your plan.
  5. Commit the changes back to your Jira Software instance.

チーム ベロシティの設定

見積りにストーリー ポイントを使用している場合、チームについて次の詳細情報を確認できます。

1チームのベロシティ
  • The number of story points the team completes in each sprint.
  • 必要に応じて、チーム ベロシティの値を設定できます。
2ベロシティの予測

以降の複数のスプリントに予測されたベロシティ。次の情報に基づきます。

  • the team's performance over past sprints
  • チーム メンバーの空き状況。

各チーム メンバーのデフォルトの可用性は、ベロシティの予測に影響します。詳細については、以下のを参照してください。

3過去のベロシティ
  • 過去のスプリントでのベロシティが灰色のバーで、次のスプリントに提案されるベロシティが青色のバーで表示されます。
  • 推奨されたベロシティがチームにとって現実的な値の場合、それを使用することを選択できます。
  • 過去のベロシティを確認するには、チームの課題ソースが Jira ボードである必要があります。

週あたりのキャパシティの設定

If you're using time-based estimates, the weekly capacity of your team is the total sum of the weekly hours of each team member. You can configure the weekly hours of each member in your team, to get your team's overall weekly capacity.

チーム メンバーの週あたりの時間数を設定する方法

  1. In the Teams section, from the Weekly hours column, click the row of the team member whose hours you want to configure.
  2. Enter the weekly hours for the member.
  3. Commit the changes back to your Jira Software instance.

チーム メンバーの既定の週あたりの時間数が予測されたベロシティに与える影響

チームのすべてのメンバーの既定の週あたりの時間数は、チームのベロシティがストーリー ポイントで定義されるときに、ストーリー ポイントを分散するために使用されます。

Let's say, for example, your team is comprised of three members, and the team velocity is set to 100 points.

この例では、同等のストーリー ポイントは次のように計算されます。

チーム ベロシティ x (個々の空き状況/チーム全体の空き状況)

チーム メンバー既定の空き状況同等のストーリー ポイント
Alana40 時間

50

100 ポイント x (40h/80h)

Emma0 時間0
Will40 時間50
合計80 時間100 ポイント


このチームの作業の計画時、スプリント 1 と 2 では個々の空き状況はこのように設定されます。Emma の既定の空き状況は 0 時間ですが、スプリント 2 の間は 40 時間の空きがあります。このため、スプリント 2 では各チーム メンバーに 50 ポイントが分散され、合計ポイントは 150 ポイントになります。

チーム メンバー

スプリント 1 の空き状況

スプリント 1 の同等のストーリー ポイント

スプリント 2 の空き状況スプリント 2 の同等のストーリー ポイント
Alana40 時間50 ポイント40 時間50 ポイント
Emma0 時間0 ポイント40 時間50 ポイント
Will40 時間50 ポイント40 時間50 ポイント
合計80 時間100 ポイント120 時間150 ポイント


上記の例に従い、Alana の既定の空き状況を 10 時間に減らすと、スプリント 1 と 2 で次のようになります。

チーム メンバー既定の空き状況同等のストーリー ポイント

スプリント 1 の空き状況

スプリント 1 の同等のストーリー ポイント

スプリント 2 の空き状況スプリント 2 の同等のストーリー ポイント
Alana↓ 10 時間

20 pts

100 ポイント x (10h/50h)

10 時間20 pts10 時間20 pts
Emma0 時間0 ポイント0 時間0 ポイント40 時間80 ポイント
Will40 時間

↑ 80 ポイント

100 ポイント x (40h/50h)

40 時間80 ポイント40 時間↑ 80 ポイント
合計50 時間100 ポイント50 時間100 ポイント90 時間180 ポイント

Alana の既定の空き状況は 10 時間になるため、Will の同等のストーリー ポイントを 80 ポイントに増加させる必要があります。これにより、チームのベロシティである 100 ポイントを実現するために必要なポイントを補完します。

Alana の作業時間が減っても、予測されるベロシティは増加します。これは、Will のストーリー ポイントが 2 つのスプリントの間に増加するためです。


上記の例に従い、Alana の既定の空き状況を 60 時間に増やすと、スプリント 1 と 2 で次のようになります。

チーム メンバー既定の空き状況同等のストーリー ポイント

スプリント 1 の空き状況

スプリント 1 の同等のストーリー ポイント

スプリント 2 の空き状況スプリント 2 の同等のストーリー ポイント
Alana↑ 60 時間

↑ 60 ポイント

100 ポイント x (60h/100h)

↑ 60 時間↑ 60 ポイント↑ 60 時間
↑ 60 ポイント
Emma0 時間0 ポイント0 時間0 ポイント40 時間40 ポイント
Will40 時間

40 ポイント

100 ポイント x (40h/100h)

40 時間40 ポイント40 時間40 ポイント
合計100 時間100 ポイント100 時間100 ポイント140 時間140 ポイント

Alana の既定の空き状況は 60 時間になるため、Will の同等のストーリー ポイントは 40 ポイントのままにすることができます。Alana のキャパシティが増加し、週あたりの作業時間が 60 時間になったため、予測されるベロシティは減少します。

Last modified on Mar 30, 2020

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

このセクションの項目

Powered by Confluence and Scroll Viewport.