インスタンスを設定する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このページの変更には、Jira Software 管理者のアクセス権が必要です。

このセクションでは、次の項目の方法について説明します。

Jira Software 課題の修正バージョンを見える化

Advanced Roadmaps のリリースは、Jira Software では修正バージョンとして知られて処理されます。課題で [修正バージョン] フィールドが非表示になっている場合、プランで設定したリリースは対応する課題に表示されません。これらのフィールドを表示して変更するには、管理者が Jira Software インスタンスに追加する必要があります。  

Jira Software で修正対象バージョンを表示する方法

  1. 右上の アイコンを使用して Jira Software 管理パネルに移動し、[課題] を選択します。

  2. 左側のメニューから、[フィールド設定]、目的のフィールド設定の順に選択します。

  3. [設定] を選択して [修正バージョン] フィールドを見つけます。

  4. [操作] 列で [表示] をクリックします。

プラン内で課題にリリースを設定しその変更を Jira Software に保存するたびに、そのリリースが対応する課題の修正対象バージョンとして表示されます。

カスタム フィールドを追加 (コンポーネントとラベルを含む)

ラベルコンポーネントAdvanced Roadmaps で課題に割り当てる前にJira Software で最初に定義する必要があります。カスタム フィールドを追加して設定する方法については、Jira Software 管理者のドキュメントを参照してください。 

これらのカスタム フィールドのデータは Jira Software 課題に保存されますが、フィールドがインスタンスに追加されるまでは表示されません。

カスタム日付を追加する

プランでカスタム日付を使用するには、プランの課題ソースに関連付けられているすべてのプロジェクトのスキームに、カスタム日付フィールドを追加する必要があります。選択すると、カスタム日付が日付バッジ (D) とともにタイムラインに表示されます。

階層設定の変更、カスタム階層レベルの追加

プランの進捗状況の追跡を容易にするため、課題を階層レベルと呼ばれるさまざまな階層にグループ化します。

Advanced Roadmaps の階層は、次の Jira Software の既定の課題タイプから継承されます。

  • エピック — ストーリーやタスクなど、より小さな課題に分割できるまとまった作業のことです。プランでは、エピックとは重要なマイルストーンや成果物を表します。エピックに含まれる作業は、複数のチームにまたがって割り当てることができます。

  • ストーリー — ストーリーとタスクは、完了する必要がある作業を表す課題です。これらの課題タイプは、特定のチームに割り当てることができます。

  • サブタスク — ストーリーまたはタスクの完了に必要となる詳細な個々の作業です。Advanced Roadmaps では、個別にはサブタスクをチームに割り当てられません (親課題に割り当てられたチームが継承されます)。

プランでは、「プランを表示する」で説明されているように、階層範囲セレクターを使用して表示する階層レベルを選択できます。

カスタム階層レベル

組織全体での作業を計画して追跡する場合は、エピック上に階層レベルを作成する必要があります。たとえば、全社的な目標を表すイニシアチブまたは凡例の階層レベルを作成できます。イニシアチブがエピック レベルより上に配置された場合、そのイニシアチブはエピックのコンテナーとして使用できます。バグ修正改善は、毎日のタスクを追跡するのに役立つカスタムの下位階層レベルの一般的な 2 つの例です。

プランへの階層レベルの追加は、2 つのステップから成ります。まず、Jira Software で階層レベルを設定する必要があります。

  1. 右上の アイコンを使用して Jira Software 管理パネルに移動し、[課題] > [課題タイプ] の順に選択します。
  2. 画面の右側にある [課題タイプの追加] を選択します。表示されるモーダルで、 
  3. 準備ができたら、[追加] を選択して新しい階層レベルを保存します。

新しい階層レベルを Jira Software に追加すると、Advanced Roadmaps に追加できるようになります。

Advanced Roadmaps プランでカスタム階層レベルを管理または追加するには、次の手順に従います。

  1. 右上の アイコンを使用して Jira Software 管理パネルに移動し、[製品] を選択します。

  2. 左側のメニューで、[Advanced Roadmaps hierarchy configuration (Advanced Roadmaps 階層構成)] を選択します。

  3. プランに含める階層レベルを選択または削除します。

  4. [変更を保存] を選択します。

依存関係を設定する

インスタンスで依存関係を使用するには、課題リンクを有効にする必要があります。これについては、このページの「課題リンクの設定」セクションを参照してください。

Advanced Roadmaps には、依存関係を定義するために使用する、事前定義済みのいくつかの課題リンクが用意されています。次のタイプの依存関係を作成できます。

  • ブロック
  • クローン
  • 重複
  • 課題を分割
  • 問題/インシデント
  • 関連情報

また、依存関係の順序を入れ替えたり、Jira Software で作成されたカスタム依存関係リンクを使用したりもできます。

Advanced Roadmaps による依存関係の処理方法を変更するには、次の手順に従います。 

  1. 右上の アイコンを使用して Jira Software 管理パネルに移動し、[製品] を選択します。
  2. [Advanced Roadmaps 依存関係] に移動します。ドロップダウン メニューを使用して課題リンク タイプを追加するか、ボックスに表示された x で削除します。依存関係を逆転するには、右側の [Swap (スワップ)] を使用します。 
  3. [変更を保存] を選択します。

これらの変更は、インスタンス内のすべてのプランの依存関係に適用されます。 

課題リンクの詳細については、Jira Software サポートの「課題リンク」ページを参照してください。

Advanced Roadmaps プランでカスタム課題リンクを使用するには、Advanced Roadmaps で作成して定義する必要があります。

課題リンクを有効にして設定するには、次の手順に従います。

  1. 右上の アイコンを使用して Jira Software 管理パネルに移動し、[課題] を選択します。
  2. 左側のサイドバーで、[課題の機能] の下の [課題リンク] を選択します。 
  3. [課題リンク] が ON に設定されていることを確認します。なっていない場合は、[Activate (アクティブ化)] を選択して有効にします。
  4. アクティブ化にすると、右側の列から [編集] を選択することで、既存の課題リンクの [名前]、[Outward description (外向きリンクの説明)][Inward description (内向きリンクの説明)] を編集できます。[更新] をクリックして変更を保存します。
    1. 新しいリンクを追加するには、[Add New Link Type (新しいリンク タイプを追加)] ヘッダーの下のフィールドを使用して、新しい課題リンクの名前と説明を定義します。[追加] を使用して保存します。 

Jira Software で [チーム] フィールドを表示する

Advanced Roadmaps では、[チーム] フィールドは既定のフィールドですが、Jira Software ではカスタム フィールドと見なされます。Jira Software 課題で Advanced Roadmaps の [チーム] フィールドに追加する値を保存して編集するには、まず、このカスタム フィールドを対応する Jira Software プロジェクトに追加する必要があります。

  1. 右上の アイコンを使用して Jira Software 管理パネルに移動し、[課題] を選択します。

  2. 左側のメニューから [カスタム フィールド] を選択して、フィールドのリストから [チーム] フィールドを見つけます

  3. > [画面] > [チーム] フィールドを追加する画面の順に選択します

  4. [更新] を選択して変更を保存します。

プラン内で課題にチームが割り当てられ、その変更を Jira Software に保存するたびに、対応する課題にチーム フィールドが表示されます。

Last modified on Mar 23, 2021

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.