課題をスプリントに割り当てる

このページでは、Advanced Roadmaps のライブ プランの使い方について説明します。デザインが変更されたプラン インターフェイスを使用している場合は、こちらのページをご覧ください。


スプリントは、開発チームが個々の製品のインクリメントを実装および提供するための、短い期間 (理想的には 2 週間から 4 週間) です。

スクラム チームがプランの課題ソースとして Jira ボードを使用している場合、Jira のスプリント管理機能を使用すれば、Advanced Roadmaps で、Jira で作成したスプリントを自動的に検出および取得できるようになります。Advanced Roadmaps では、特定のスプリントへの特定の課題の提案も表示されます。作業が Jira のスプリントに適合しない場合は、追加のスプリントが生成されます。

Advanced Roadmaps の次の画面でスプリントに課題を割り当てることができます。

  • スコープ ビュー
  • タイムライン

はじめる前に

課題をスプリントに割り当てる前に、以下を実行するようにします。

次の場合は、課題を割り当てるオプションが表示されません。

  • 複数のスプリントにわたるストーリーの場合
  • ストーリーのスケジュール ビューに表示されているエピック
  • 選択したスプリントにすでに追加されている課題の場合

スコープ ビューで課題をスプリントに割り当てる

  1. プランで、[スコープ] タブをクリックしてスコープ テーブルを表示します。
  2. スコープ ビューで、アイコンをクリックし、[チーム] を選択して [チーム] 列を表示します。
  3. [チーム] 列の名前をクリックして、チームの詳細を展開します。これにより、メンバースプリントの 2 つの列が追加で表示されます。
  4. スプリント列で、[課題] にカーソルを合わせ、表示されるスプリント メニューをクリックします。
  5. 課題を割り当てるスプリントを選択します。
    子課題を持つエピックを複数のスプリントに割り当てた場合、子課題は選択されたスプリントに自動的に割り当てられます。
  6. [計算] をクリックしてプランを再計算します。

タイムラインで課題をスプリントに割り当てる

次の場合にのみ、タイムラインで課題をスプリントに割り当てることができます。

  • Jira にインポートされている実際のアジャイル スプリント
  • 課題がストーリー課題タイプの場合
  • スコープ テーブルの [スプリント] 列で課題を [計算] に設定していて、課題の見積りがチームで利用可能なキャパシティよりも小さい場合
  • プランのスケジュール設定で、タイムラインでスプリントを表示するように設定している場合
  • プランのスケジュール設定で、チームまたはユーザーのいずれかでグループ化するよう設定されている場合

タイムラインで課題をスプリントに割り当てる方法

  1. プランのタイムラインで、スプリントの名前をクリックします。キャパシティの詳細と、そのスプリントでの課題の割り当て案が表示されます。
  2. [x 件の計算済みの課題を割り当て] をクリックします。課題はそのスプリントに自動的に割り当てられます。
Last modified on Mar 30, 2020

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.