アプリケーションへのグループ アクセスの管理

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

ユーザーが Jira アプリケーションにアクセスするには、グループに所属している必要があります。管理者は Application access ページから、グループにアクセスを割り当てることができます。 

このページには、Jira でライセンスが付与されている各アプリが表示されます。アプリごとに、許可されているユーザーの合計数と残りのユーザー数が表示されます。各アプリには少なくとも 1 つのグループが関連付けられ、1 つの既定グループが選択されている必要があります。Jira でユーザーを作成してアプリに割り当てると、そのユーザーはそのアプリの既定グループに自動的に追加されます。各アプリには 1 つの既定グループのみを割り当てることを強くお勧めします。既定グループでアプリ アクセスを許可して、他のグループを作成、管理することで、プロジェクト固有の権限やアクセスを制御します。

たとえば、Jira Software をインストールすると、Jira で jira-software-user グループが自動的に作成され、Jira Software アプリケーションの既定グループとして割り当てられます。ユーザーを作成し、アクセスするアプリケーションとして Jira Software を選択すると、そのユーザーは jira-software-user グループに自動的に追加されます。

Jira Software のインストール後、"アプリ アクセス" ページでさらにグループをアプリに追加すると、それらのグループのすべてのメンバーが Jira Software にアクセスできます。ユーザーが複数のグループのメンバーである場合、Jira Software ライセンスに対して 1 ユーザーのみが消費されます。ユーザーの作成に関する詳細は「ユーザーの作成、編集、削除」をご参照ください。 

次のすべての手順を行うには、Jira 管理者 グローバル権限 を持つユーザーとしてログインする必要があります。

はじめる前に

  • このページには、Jira インスタンスでライセンスを付与されているアプリが表示されます。
  • アプリケーションごとに、許可されているユーザーの合計数と残りのユーザー数が表示されます。
  • 各アプリケーションには少なくとも1つのグループが関連付けられ、1つの既定グループが選択されている必要があります。

グループをアプリケーションに割り当てる

tip/resting Created with Sketch.

グループ管理の詳細は「グループを表示、作成、削除する」と「グループ メンバーシップを変更する」をご参照ください。 

アプリケーションに割り当てられたグループのすべてのメンバーが、そのアプリケーションにログインできます。複数のグループを任意のアプリケーションに割り当てることができます。それらのグループのユーザーは、ライセンスのユーザー階層に対してカウントされます。ユーザーがアプリケーションに割り当てられている複数のグループのメンバーである場合、1ライセンスユーザーとしてカウントされます。

グループをアプリに割り当てるには、次の手順に従います。
  1. 画面右上で [管理] > [アプリ] の順に選択します。

  2. サイドバーで [アプリ アクセス] を選択します。"アプリ アクセス" ページに、すべてのアプリと関連付けられているグループ (既定グループを含む) が表示されます。
  3. 特定のグループを割り当てるアプリを見つけて、[グループを選択...] ドロップダウンを選択します。
  4. 追加するグループを選択します。グループがアプリケーションに追加されます。

グループを複数のアプリケーションに割り当てる

同じグループを複数のアプリケーションに割り当てることができます。これは、グループのメンバーが常にアプリケーションに対してフルアクセスできるようにすることなどを目的として行います。たとえば、すべてのアプリケーションにフルアクセスを必要とするユーザーがいる場合があります。そのようなユーザーのために別のグループを作成し、このグループを各アプリケーションに追加できます。グループを複数のアプリケーションに割り当てるときは注意が必王です。グループメンバーは各アプリケーションに対して1ライセンスを消費します。唯一の例外は Jira Core です。他のアプリケーションにアクセスできるユーザーは自動的に Jira Core にアクセスできるため、別のアプリケーションに関連付けられたグループに所属している場合は Jira Core に対して1ライセンスを消費しません。

既定グループをアプリケーションに割り当てる

アプリケーションをインストールすると、既定グループが自動的に作成されて割り当てられます。既定グループは手動で変更できます。1つのアプリケーションに1つの既定グループのみを割り当てることを強くお勧めします。

既定グループを割り当てるには、次の手順に従います。
  1. 画面右上で [管理] > [アプリ] の順に選択します。
  2. サイドバーで [アプリ アクセス] を選択します。"アプリ アクセス" ページに、すべてのアプリと関連付けられているグループ (既定グループを含む) が表示されます。
  3. 既定グループとして割り当てるグループの Default groups 列のチェックボックスをオンにします。常に、少なくとも1つの既定グループが必要です。既定グループを変更する場合、現在のグループのチェックボックスをオフにする前に、まず2番目の既定グループを割り当てる必要があります。

また、Jira で新規ユーザーを追加するアプリも設定できます。詳細は「グループ、プロジェクト ロール、アプリへのユーザーの割り当て」をご確認ください。


複数の既定グループをアプリケーションに割り当てる

各アプリケーションには1つの既定グループのみを割り当てることを強くお勧めします。作成された新規ユーザーと割り当てられたアプリケーションアクセスは、そのアプリケーションの既定グループに追加さえrます。このグループが別のアプリケーションにも割り当てられている場合、新規ユーザーは追加アプリケーションにもアクセスできるため、システムにセキュリティホールが発生する可能性があります。

たとえば、Group A を Jira Software に割り当て、既定グループにした場合、Jira Software に追加さえるすべての新規ユーザーは Group A のメンバーとして追加されます。さらに、Group A を JIRA Service Desk に追加すると、Group A のすべてのユーザーは Jira Software と Jira Service Desk の両方にフルアクセスできます。 また、新規ユーザーを作成して Jira Software に追加すると、そのユーザーは Jira Service Desk にもアクセスでき、両方のアプリケーションに対して1ライセンスを消費します。

最終更新日: 2022 年 10 月 14 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.