Jira アプリケーションのインストール

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

始める前に

インストールの前に、サポート対象プラットフォームページとJira アプリケーションのインストール要件ページを参照してください。

インストール方法の選択

インストール方法

説明

Jira 試用版のインストール

これは Jira を立ち上げて運用する最速の方法です。Jira を評価する場合、このオプションをご利用ください。Jira の試用版のインストールに外部データベースは不要です。

クラウド版の Jira も無料でお試しいただけます

インストーラーを使用して Jira をインストール

このオプションはインストーラを使用し、Windows または Linux サーバー上で本番サイトを立ち上げて、運用する最も簡単な方法です。

zip またはアーカイブ ファイルから Jira をインストール

このオプションでは、手動でファイルをインストールし、いくつかのシステムプロパティを設定する必要があります。この方法であれば、ユーザーはインストール プロセスを最大限にコントロールできます。使用中の OS 向けのインストーラーがない場合、このオプションをご利用ください。

Jira の無操作インストール

既存の Jira インストールの構成ファイルを使用して、ユーザーによる入力を行わずに同一のインストールを作成できます。これは、既存のテスト インストールと同じ構成で本番環境に Jira を再インストールする場合に便利です。

事前に設定された Docker イメージを使用して、Jira を起動し、すぐに実行できます。Docker の詳細については、https://docs.docker.com/ をご覧ください。

アトラシアンは Docker コンテナでの Jira の実行をサポートしていますが、環境自体に関連する問題についてサポートを提供することはできません。

Jira Data Center を単一ノードにインストール

Server インストールと同じです。

高可用性やディザスタ リカバリは不要だが、Data Center 専用の機能を使用したい場合に便利です。単一ノードでの Data Center のデプロイは Jira Server をインストールする場合と同じように行なえます。違いはライセンスの種類が異なるだけで、それによって新機能が解放されます。

単一ノードでの Jira Data Center の実行」で詳細をご覧ください。

Jira Data Center のクラスタへのインストール

クラスタ ノードを持つ Jira Data Center は、連続アップタイム、すぐに利用できる拡張性、および高負荷下でのパフォーマンスを必要とする、大規模またはミッションクリティカルなデプロイメントを持つエンタープライズ向けに設計されています。独自のインフラストラクチャでホストすることも、AWS や Azure にデプロイすることもできます。

クラスタでの Jira Data Center の実行」で詳細をご覧ください。


注意: 
macOS への Jira の本番環境としてのインストールはサポートされません。macOS に評価目的で Jira をセットアップする場合、「Linux でアーカイブ ファイルから Jira アプリケーションをインストールする」の手順に従ってください。サポート対象のブラウザのいずれかを使用して Mac で Jira を利用することに制限はありません。  

追加の Jira アプリケーションのインストール

最初の Jira アプリケーションをインストールした後は、[バージョンとライセンス] ページから直接追加のアプリケーションをインストールできます。


最終更新日 2020 年 3 月 12 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.