Jira アプリケーションを Azure SQL に接続する

ここでは、Jira Server または Jira Data Center を Azure SQLデータベースに接続する手順について説明します。

はじめる前に

1. Azure SQL データベースを作成する

Azure SQL データベースを作成します。「クイックスタート: Azure で単一のデータベースを作成する」を参照してください。

要件

  • 照合順序: データベースを作成するときは、[追加設定] で適切な照合順序を設定するようにします。あとから変更することはできません。Jira でサポートされる照合タイプは SQL_Latin1_General_CP437_CI_AILatin1_General_CI_AIです。

2. Jira にデータベースへの接続を許可する

Jira が Azure SQL データベースに接続できるようにするには、Jira サーバーの IP アドレスをデータベースのファイアウォール ルールに追加する必要があります。Azure SQL データベースのファイアウォール ルールを参照してください。

3. Jira を構成してデータベースに接続する

Jira サーバーを Azure SQL データベースに接続するには、2 つの方法があります。

tip/resting Created with Sketch.

接続文字列を見つける

Jira をデータベースに接続するときは、ホスト名、ポート番号、データベース名などの接続の詳細を指定する必要があります。これらは、Azure ポータルでデプロイされたデータベースを開き、[Connection strings] に移動することで見つけることができます。


データベース接続フィールド

以下のセクションは、Jira をデータベースに接続するときに入力する必要があるフィールドを示しています。 


セットアップ ウィザード/設定ツールの場合 ...

フィールド

説明 / 例

ホスト名

Azure SQL サーバーの名前または IP アドレス。 

例: sqlserver.database.windows.net

ポート

Azure SQL サーバーがリッスンしている TCP/IP ポート。このフィールドが空の場合、デフォルト ポートが使用されます。

既定: 1433

データベース

Azure SQL データベースの名前 (Jira のデータ保存先)。

例: jiradb

ユーザ名

Jira が SQL Server のサーバー接続時に使用するユーザー。

例: jiradbuser@sqlserver

パスワード

Azure SQL サーバーとの認証に利用するユーザーのパスワード。

スキーマ

Azure SQL データベースが使用するスキーマ名。 

既定: dbo

dbconfig.xml の場合...

フィールド

説明 / 例

ホスト名

Azure SQL サーバーの名前または IP アドレス。 

-

<url>jdbc:sqlserver://;serverName=sqlserver.database.windows.net;

portNumber=1433;databaseName=jiradb</url>

ポート

Azure SQL サーバーがリッスンしている TCP/IP ポート。このフィールドが空の場合、デフォルト ポートが使用されます。

-

<url>jdbc:sqlserver://;serverName=sqlserver.database.windows.net;

portNumber=1433;databaseName=jiradb</url>


データベース

Azure SQL データベースの名前 (Jira のデータ保存先)。

-

<url>jdbc:sqlserver://;serverName=sqlserver.database.windows.net;

portNumber=1433;databaseName=jiradb</url>

ユーザ名

Jira が SQL Server のサーバー接続時に使用するユーザー。

-

<username>jiradbuser</username>

パスワード

Azure SQL サーバーとの認証に利用するユーザーのパスワード。

-

<password>yourpassword</password>

スキーマ

Azure SQL データベースが使用するスキーマ名。

-

<schema-name> dbo </schema-name>


dbconfig.xml ファイルのサンプル

上記の dbconfig.xml ファイルに含まれる、pool で始まる <jdbc-datasource/> の子要素の詳細については、「データベース接続のチューニング」を参照してください。

 

4. Schedule regular database maintenance tasks

MS SQL の最適なパフォーマンスを達成して維持するには、毎日のメンテナンス タスクをスケジュールして、データベースの統計情報を更新します。

ホット テーブルの毎日のメンテナンス タスクをスケジュールする

ホット テーブルは、データベース内で最もアクティブなテーブルです。たとえば、propertyentrychangegroupchangeitem は頻繁に使用され、定期的に統計情報を更新する必要がある大きなデータ テーブルです。

ホット テーブルの毎日のメンテナンス タスクを設定するには、次のコマンドを実行します。

UPDATE STATISTICS <table.name>

データベース全体に対して週単位のメンテナンス タスクをスケジュールする

データベース全体に対して週単位のメンテナンス タスクを設定するには、次のコマンドを実行します。

UPDATE STATISTICS with fullscan

大規模なデータベースでは、fullscan による統計情報の更新が完了するまでに時間がかかることがあります。本番環境への影響を最小限に抑えるため、このメンテナンス タスクはオフピーク時にスケジュールしてください。

For more information on how to update MS SQL statistics, see the official Microsoft documentation.

最終更新日 2022 年 7 月 22 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.