Jira クラスタの監視

システム管理

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Jira Data Center がクラスタ化されている場合は、Jira ツールを使用してノードの状況を簡単に把握できます。 

Jira システム管理者向けの新しいクラスタ監視ページは、ノード ID、アドレス、アップタイム (前回の再起動以降)、負荷およびメモリなどのリアルタイム データを収集します。ページには、クラスタ内のアクティブなノードの情報が表示されます。ノードがダウンすると、一覧から削除されます。このページで確認できる情報を使用して、クラスタに追加したばかりのノードが適切に構成されているかどうかを確認することもできます。 

この機能は Jira Data Center でのみ利用できます。



ページには、クラスタ化されたノードのみが表示されます。Jira クラスタリングの詳細については「Jira クラスタの設定」を参照してください。

すべてのクラスタ関連データを確認するには、[Jira 管理] > [システム] > [クラスタリング] に移動します。さらに詳細にランタイムとシステム情報を確認するには、特定のノードで [もっと見る] をクリックします。 



最終更新日 2020 年 1 月 30 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.