Windows で Zip ファイルから Jira アプリケーションをインストールする

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このガイドでは、zip ファイルを使用して、外部データベースのある本番環境に手動で Jira アプリケーションをインストールする方法を説明します。

この方法では、インストールプロセスをユーザーが最大限制御できます。
 

Jira をインストールするその他の方法: 

  • 評価版 - 無料トライアルをすぐに利用できます。
  • インストーラー – Windows インストーラーを使用して Jira をインストールします。 
  • Linux – Jira を Linux オペレーティング システム上にインストールします。

このページの内容

はじめる前に

Jira をインストールする前に、いくつかの質問に答える必要があります。 


サポートされているオペレーティングシステムと Java のバージョンを使用していますか?
これについて詳しく

サポート対象プラットフォーム」ページでインストールする Jira のバージョンを確認します。このページでは、サポート対象のオペレーティング システム、データベースおよびブラウザーに関する情報を提供しています。

参考情報

  • OS X への Jira のインストールはサポートされません。
  • JDK (Java Development Kit) または JRE (Java Runtime Environment)のいずれかを使用することができます。
  • サポートされるのは、Jira とバンドルされている Apache Tomcat のバージョンのみです。
32 bit のオペレーティング システムをお使いの場合
これについて詳しく

32 bit のシステムに Jira をインストールする場合、Jira で使用可能な最大ヒープ サイズを減らす必要があります。64 bit システム用の既定値は 2 GB ですが、これは 32 bit システムに対しては大きすぎる値であり、利用可能なメモリ量に対応できない可能性があります。


アーカイブからファイルを抽出し、Jira を起動する前に次の手順を完了します。

ステップ 1: 既定の setenv ファイルの名前を変更します。

  1. <Jira-install-directory>/bin に移動し、setenv.bat / .sh ファイルを削除 (または名前変更) します。

  2. setenv32.bat / .sh の名前を setenv.bat / .sh に変更します。Jira は起動時にこのファイルを使用します。

ステップ 2: jira-config.properties ファイルにプロパティを追加。

  1. Jiraの ホーム ディレクトリに移動し、jira-config.properties ファイルを編集します。ファイルがない場合は作成できます。

  2. 次のプロパティを追加します:

    jira.index.batch.maxrambuffermb=256
    jira.index.interactive.maxrambuffermb=256

Jira を Windows Service として実行しますか?

これについて詳しく

Windows でサービスとして Jira を実行すると、Windows が起動したときに Jira アプリケーションが自動的に起動されます。

サービスとして Jira を実行する場合は Windows インストーラーを使用してください。

Jira をサービスとして実行しない場合:

  • Jira インストール ディレクトリで start-jira.bat ファイルを実行することで Jira を起動/停止できます。
  • Jira は、Jira のインストールに使用された Windows ユーザー アカウントとして実行されます。専用ユーザーとして実行することもできます (このユーザーには、インストール ディレクトリとホーム ディレクトリへの完全な読み取りおよび書き込みアクセス権限が必要です)。
  • サーバーが再起動される場合、Jira を手動で再起動する必要があります。
どのデータベースを使用することを計画していますか? 
これについて詳しく

本番環境で Jira を実行するには、外部データベースが必要になります。インストールするバージョンの「サポート対象プラットフォーム」ページで、現在サポートされているデータベースの一覧をご確認ください。データベースをまだ用意していない場合、無償かつセットアップが容易で、Jira でのさまざまな動作テストを実施済みである PostgreSQL をお勧めします。

参考情報

  • 始める前に、データベースをセットアップします。サポート対象のすべてのデータベースのステップバイステップ ガイドを「Jira アプリケーションをデータベースに接続する」で利用できます。
  • UTF-8 文字エンコーディングを使用します。
  • Oracle または MySQL を使用している場合、ご使用のデータベース用のドライバをダウンロードする必要があります。
  • 組み込みの H2 データベースは Jira の評価用に使用できますが、本番環境で実行する前に別のデータベースに移行する必要があります。最初から外部データベースを使用するほうが便利な場合もあります。

Jira ライセンスはありますか?

これについて詳しく

Jira を使用するには、有効な Jira Software Server、Jira Core Server または Jira Service Desk Server ライセンスが必要です。

参考情報

  • Jira アプリケーション ライセンスを購入していない場合、セットアップ中に評価版ライセンスを作成できます。
  • ライセンス キーをお持ちの場合は、my.atlassian.com にログインして取得することを促すプロンプトが表示されます。セットアップ中にライセンス キーを手動で入力することもできます。
  • Jira Cloud から移行する場合、新しい licenseJira が必要です。

JAVA_HOME 変数が正しく設定されていますか?
これについて詳しく

Jira をインストールする前に、サポート対象の Java バージョンを実行していることと、JAVA_HOME 環境変数が正しく設定されていることを確認します。

Jira アプリケーションは OpenJDK、Oracle JDK または JRE で実行可能です。

JAVA_HOME 変数を確認するには:

コマンド プロンプトを開いて「echo %JAVA_HOME%」と入力し、Enter を押します。 

  • Java インストール ディレクトリへのパスが表示される場合、JAVA_Home 環境変数は正しく設定されています。
  • 何も表示されない場合、または %JAVA_HOME% のみ返される場合、JAVA_HOME 環境変数を手動で設定する必要があります。

Jira アプリケーションのインストール

1. Jira のダウンロード

ご利用のオペレーティング システムに対応した zip ファイルをダウンロードします。

2. インストールディレクトリの作成

  1. インストール ディレクトリの作成 (完全な制御権限が必要) – インストール ディレクトリは Jira がインストールされる場所です。パスに空白や特殊文字を使用しないでください。このディレクトリを <installation-directory> と呼びます。 

  2. Jira の zip  ファイルを <installation-directory> に展開します。7zip または Winzip の使用をお勧めします。

3. ホームディレクトリの作成

  1. ホーム ディレクトリの作成 (完全な制御権限が必要) – ホーム ディレクトリは、ログ、検索インデックスおよびファイルなどの Jira データが保存される場所です。このディレクトリはインストール ディレクトリとは別にします。このディレクトリを <home-directory> と呼びます。 
  2. Jira に、起動時に参照する <home-directory>  を指定します。次の 2 つの方法があります。

    (推奨) 環境変数を設定する...

    お使いのオペレーティング システムで、<home-directory> への絶対パスを持つ環境変数 JIRA_HOME を設定できます。

    コマンド プロンプトを開き、次を実行します:

    set JIRA_HOME=X:\path\to\jira-home

    ここで、x<home-directory> を作成したドライブです。

    Jira を起動するときに使うスクリプトに上記のコマンドを追加できます。

    jira-application.properties ファイルを編集...

    任意のテキスト エディタで <installation-directory>\atlassian-jira\WEB-INF\classes\jira-application.properties を編集します。

    jira.home の後にホーム ディレクトリへの絶対パスを追加します。バックスラッシュはエスケープする必要があります。例:

    jira.home=X:\\path\\to\\jira-home

    UNC パスを定義する場合は、先頭にバックスラッシュを使用してダブル エスケープを行う必要があります。例:

    jira.home=\\\\machinename\\path\\to\\jira-home

4. ポートの確認

既定では、Jira はポート 8080 をリッスンします。サーバー上で同じポートを使用する別のアプリケーションを実行している場合、Jira に別のポートを使用するように指定します。
 

手順について

ポートを変更する方法

  1. <installation-directory>\conf\server.xml を編集します。

  2. サーバーポート (8005) およびコネクタポート (8080) を変更してサーバー上のポートを解放します。

    以下の例では、サーバーポートを 5005、コネクタポートを 5050 に変更しました。

    <Server port="5005" shutdown="SHUTDOWN">
    ...
       <Service name="Catalina">
          <Connector port="5050"
             maxThreads="150"
             minSpareThreads="25"
             connectionTimeout="20000"
             enableLookups="false"
             maxHttpHeaderSize="8192"
             protocol="HTTP/1.1"
             useBodyEncodingForURI="true"
             redirectPort="8443"
             acceptCount="100"
             disableUploadTimeout="true"/>


5. Jira の起動

  1. <installation-directory>/bin/start-jira.bat を実行してセットアップ プロセスを開始します。

    コマンドプロンプトが開きます。このウィンドウを閉じると Jira は停止します。
     
  2. http://localhost:8080/  に進み、ブラウザで Jira を起動します (コネクタ ポートを更新した場合はポートを変更します)。
      
JIRA の起動で問題が発生していますか?
  • コマンドプロンプトウィンドウをすぐに閉じると JAVA_HOME 変数が正しく設定されない場合があります。


Jira アプリケーションのセットアップ

6. セットアップ方法の選択

自分で設定するを選択します。

7. データベースへの接続

  1. データベースをまだ作成していない場合、ここで作成します。詳細については、このページの「はじめる前に」セクションを参照してください。 
  2. 独自データベースを選択します。 
  3. データベースのタイプを選択してから、データベースの詳細を入力します。 
      

    手順について

    Jira は標準 JDBC データベース接続を使用してデータベースに接続します。接続プールは Jira 内で処理され、Jira 設定ツールを使用して後から変更できます。

    Oracle または MySQL を使用している場合、追加の手順があります。 

    • 適切なデータベース JDBC ドライバをダウンロードして解凍します。適切なバーションを確認するには、「サポートされているプラットフォーム」を参照してください。
    • セットアップ ウィザードを使用して続行する前に、JAR ファイルを <jira-installation>/lib フォルダにドロップします。

    セットアップウィザードにて :

    • Driver Class Name – データベース ドライバの Java クラス名です。不明な場合は、データベースのドキュメント確認してください。
    • データベース URL – データベースの JDBC URL。不明な場合は、データベースのドキュメント確認してください。
    • ユーザー名パスワード – Jira がユーザーのデータベースにアクセスするために使用できる有効なユーザー名とパスワードです。

8. アプリケーション プロパティを設定する

  1. Jira サイトに名前を付けます。
  2. サイトを非公開にするか、だれでもサインアップできるようにするかを選択します。この設定はあとから変更できます。 
  3. ベース URL (ユーザーが Jira サイトにアクセスする時に使用するアドレス) を入力します。 

9. ライセンスの入力

プロンプトにしたがって my.atlassian.com にログインしてライセンスを取得するか、ライセンス キーを入力します。

10. 管理者アカウントの作成

管理者アカウントの詳細を入力します。セットアップの完了後に管理者を追加することができます。

11. メール通知の設定

メール サーバーの詳細を入力します。これにより、課題が変更されたときに Jira から通知を送信することができます。

12. Jira の使用を開始する

これで完了です。Jira サイトには、ベース URL または http://<computer_name_or_IP_address>:<port> などの URL からアクセスできます。

チームの立ち上げと運営に役立つ情報を以下に挙げます。

トラブルシューティング

Jira のインストールで問題が生じていますか?
  • Jira への初回アクセス時に Web ブラウザ ウィンドウにエラーが表示された場合、30 秒程度待機してからページを更新します。
  • コマンドプロンプトウィンドウをすぐに閉じると JAVA_HOME 変数が正しく設定されない場合があります。

 詳細は、ナレッジベースの「インストールのトラブルシューティング」を参照してください。  

最終更新日: 2019 年 12 月 10 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.