robots.txt を使用して検索エンジンから隠す

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

robots.txt protocol は検索エンジン(Google、MSN 等) に、サイトのクロールしてはいけない部分を示します。

ログインしていなユーザーが課題を閲覧できる Jira インスタンスに対し、robots.txt ファイルは「課題ナビゲーター」ビュー の不要なクロール (及び、Jira サーバーへの不要なロード) の防止に役立ちます。

robots.txt の編集

Jira (バージョン 3.7 以降) は、以下の robots.txt ファイルを、Jira Web アプリケーションのルート ($JIRA-INSTALL/atlassian-jira) にインストールします。

# robots.txt for Jira
# You may specify URLs in this file that will not be crawled by search engines (Google, MSN, etc)
#
# By default, all SearchRequestViews in the IssueNavigator (e.g.: Word, XML, RSS, etc) and all IssueViews
# (XML, Printable and Word) are excluded by the /sr/ and /si/ directives below.

User-agent: *
Disallow: /sr/
Disallow: /si/

または、すでに robots.txt ファイルがある場合は、そのファイルを編集して Disallow: /sr/ および Disallow: /si/ を追加します。。

robots.txt の公開

robots.txt ファイルは、Jira のインターネット ドメインのルート (例: jira.mycompany.com/robots.txt) で公開する必要があります。

お使いの Jira インスタンスを jira.mycompany.com/jira で公開している場合、ファイルの内容を Disallow: /jira/sr/ および Disallow: /jira/sr/ に変更します。ただし、robots.txt ファイルは引き続き、jira.mycompany.com/robots.txt などのルート ディレクトリ (jira.mycompany.com/jira/robots.txt ではない) に格納する必要があります。

最終更新日: 2019 年 9 月 18 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.