無操作インストール

過去に Windows または Linux インストーラーを使用して Jira をインストールした場合、既存の Jira インストールの設定ファイル (response.varfile) を使用して、ユーザーの入力を必要としない無操作モードで Jira を再インストールできます。

これは、テスト サーバーに Jira をインストールし、同じ設定で本番環境サーバーにインストールしようとしている場合に役立ちます。 

考慮事項

  • response.varfile ファイルには、過去に Jira をインストールした際にインストール ウィザードで指定したオプション情報が保存されています。このファイルを新しいインストール場所にコピーするまでは、過去の Jira インストールをアンインストールしないでください。
  • response.varfile ファイルを修正する場合、すべてのディレクトリ パスが絶対パスで指定されていることを確認します。例: sys.installationDir=C\:\‌\Program Files\\Atlassian\‌\jira   
    (Windows) または sys.installationDir=/opt/atlassian/jira (Linux)。 

    ファイルに相対ディレクトリ パスが含まれている場合、無人インストールは失敗します。  

Jira アプリケーションを無操作モードでインストールする

  1. ご利用のオペレーティング システムに対応したインストーラーをダウンロードします。

     
  2. 既存の Jira インストールから <installation-directory>/.install4j/response.varfile をコピーし、インストーラーをダウンロードした場所に貼り付けます。
     
  3. コマンド プロンプトまたはターミナルで、インストーラーをダウンロードした場所にディレクトリ変更(cd)します。 

  4. 次のコマンドを実行して Jira をインストールします。

    Windows

    Jira Core
    > atlassian-jira-core-X.X.X-x64.exe -q -varfile response.varfile
    Jira Software
    > atlassian-jira-software-X.X.X-x64.exe -q -varfile response.varfile
    Jira Service Desk
    > atlassian-servicedesk-X.X.X-x64.exe -q -varfile response.varfile


    Linux

    Jira Core
     $ atlassian-jira-core-X.X.X-x64.bin -q -varfile response.varfile
    Jira Software
     $ atlassian-jira-software-X.X.X-x64.bin -q -varfile response.varfile
    Jira Service Desk
     $ atlassian-servicedesk-X.X.X-x64.bin -q -varfile response.varfile


    ここで、-X.X.X はダウンロードした Jira のバージョンです。

    -q はインストーラーに無人モードで実行することを指示します (“quietly” の頭文字)。-varfile はインストーラーが使用する設定オプションを含む設定ファイルの場所と名前を指定します。  

  5. サイレント インストールの完了後、Jira は自動的に起動します。
     

最後に、http://localhost:<port> に移動し、Jira の設定を終了します。 

詳細については、「Windows での Jira アプリケーションのインストール」または「Linux での Jira アプリケーションのインストール」の「Jira アプリケーションのセットアップ」セクションを参照してください。 

最終更新日: 2019 年 9 月 18 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.