Jira Service Desk 権限エラーを解決する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

サービス デスク プロジェクトを作成する際、%ProjectKey% 用 Jira Service Desk 権限スキームと呼ばれる権限スキームが使用されます。この権限スキームを変更すると、Jira Service Desk に次のような権限エラーが表示される場合があります。

権限エラーとは

Jira Service Desk は、ユーザーの権限スキームとJira Service Desk の標準の権限スキームとの差異をエラーと見なします。エラーには、次の 2 種類があります。 

  • 重大なエラー (赤): エージェントの追加や、カスタマー ポータルへのログインの許可などの、サービス デスクの主要な機能に問題があります。Jira Service Desk には、重大エラーが修正されるまで、警告が表示されます、重大エラーの完全な一覧については、この表をご覧ください。
  • 重大ではないエラー (黄色): 標準権限スキームとは異なり、Jira Service Desk の動作には影響しません。Jira 管理者は、重大ではない権限スキームの警告を自動的に解除するか、プロジェクト管理者が修正または解除できるようにするために毎回プロジェクト管理者に表示するかを選択できます。
    • [管理] () > [アプリケーション] > [Jira Service Desk 構成] に移動し、[権限スキーム エラー] の下でオプションの 1 つを選択します。以下を参照してください。

権限エラーを修正する方法

権限エラーを修正するには、自分で権限スキームを変更するか、エラー メッセージの [権限の修正] ボタンをクリックして Jira Service Desk にエラーを修正させます。[権限の修正] をクリックすると、Jira Service Desk は次の処理を実行して、権限スキームの重大なエラーと重大ではないエラーを修正します。

  1. 権限スキームとサービスデスク プロジェクトの関連付けを解除します。
  2. %Your permission scheme%1」という名前で権限スキームのコピーを作成し、スキームとプロジェクトを関連付けます。
  3. 次の方法でエラーを修正します。
    1. 管理者および Service Desk チーム ロール、Service Desk カスタマー - ポータル アクセス セキュリティ タイプに標準権限を付与する。
    2. Service Desk カスタマー ロールからすべての権限を削除する。

次の表は、Jira Service Desk がどのように権限スキームを修正するかを示しています。

カスタム権限スキーム「プロジェクト OA 用 Jira Service Desk 権限スキーム」
修正された権限スキーム「プロジェクト OA 1 用 Jira Service Desk 権限スキーム」 

以下の権限は標準スキームとは設定が異なります:

  • ユーザー John Smith は、プロジェクト参照権限を有している。これは重大ではないエラー。 
  • サービスデスク カスタマーのロールが課題の作成権限を有している。これは重大なエラー。 
  • Service Desk カスタマー - ポータル アクセスのセキュリティ タイプが課題の作成権限を持たない。これは重大なエラーです。 

権限の修正ボタンをクリックすると、「プロジェクト OA 用の Jira Service Desk 権限スキーム」がプロジェクトから切り離され、新しい権限スキームが「プロジェクト OA 用の Jira Service Desk 権限スキーム1」として作成され、サービスデスクに適用されます。 

  • ユーザー John Smith は、引き続きプロジェクト参照権限を有している。
  • サービスデスク カスタマーのロールが課題の作成権限から削除されている。
  • Service Desk カスタマー - ポータル アクセスのセキュリティ タイプに課題の作成権限が付与される。 

重大な権限エラー

重大な権限エラーが発生すると、サービス デスクの機能が失われます。Jira Service Desk には、重大エラーが修正されるまで、警告が表示されます、 

エラー 説明

管理者 ロールに必要な、以下の権限を有していない。

  • プロジェクトの参照
  • プロジェクト管理
  • 課題の編集
  • プロジェクト参照権限がない = 管理者はサービスデスクにアクセスできない。
  • プロジェクト管理 権限がない = 管理者はサービスデスクの設定を変更できない。  
  • 課題の編集 権限がない = 管理者は課題を編集できない。

Service Desk カスタマー ポータル アクセス セキュリティ タイプに必要な、以下の権限を有していない。

  • プロジェクトの参照
  • 課題の作成
  • コメントの追加
  • プロジェクト参照 権限がない = カスタマーはサービスデスクのカスタマーポータルにアクセスできない、つまりログインできない。
  • 課題の作成 権限がない = カスタマーはカスタマーポータルでリクエストを作成できない。
  • コメントの追加 権限がない = カスタマーは自分のリクエストにコメントを追加できない。

Service Desk カスタマー ロールに権限が直接付与されている。

このロールに権限を付与すると、カスタマーは Jira 機能へのアクセスが許可されます。カスタマーはカスタマーポータルへのアクセス権のみを有し、権限は Service Desk カスタマー ポータル アクセス セキュリティ タイプに対して付与されなければなりません。

その結果、管理者はカスタマーをサービスデスクに追加できなくなります。オープン サービスデスクが制限されます。パブリック サインアップが無効になります。

Service Desk チーム ロールに必要な、以下の権限を有していない。
  • プロジェクトの参照
  • 課題の編集
  • プロジェクト参照 権限がない = エージェントはサービスデスクを表示できない。
  • 課題の編集 権限がない = エージェントは課題を編集できない。

Service Desk チーム ロールにプロジェクト管理権限が付与されている。

エージェントにプロジェクト管理権限を付与することは、すべてのエージェントがサービスデスクの管理者になることを意味します。

これは重大な問題です。Jira Service Desk のエージェント管理機能が無効になります。その結果、管理者はエージェントを追加できなくなります。

すべてのユーザー グループにプロジェクトの閲覧権限が付与されている。 すべてのユーザー グループに「プロジェクトの参照」権限を付与すると、誰でもプロジェクトにアクセスし、その中のすべての課題を表示できます。
最終更新日 2019 年 9 月 9 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.