ライセンスとアプリケーションアクセス

ユーザーに Jira アプリケーションへのログイン アクセスを許可するには、アプリケーションに有効なライセンスがあり、アプリケーションに少なくとも 1 つの既定のグループが割り当てられている必要があります。このグループに追加されたすべてのユーザーがアプリケーションにログインできます。これはアプリケーション アクセスと呼ばれます。Jira アプリケーションに複数のグループを割り当て、ユーザーをアプリケーションに割り当てられた複数のグループのメンバーにすることができますが、そのアプリケーションでは 1 ライセンスのユーザーとしてのみカウントされます。詳細については、「Jira アプリケーションへのユーザー アクセスの管理」をご参照ください。

このページの内容:

最初のアプリケーションのインストールとアプリケーション アクセス

最初のアプリケーションをインストール して、ライセンスを取得する (ライセンスはインストール プロセスの一部として取得するか、my.atlassian.com から直接取得します) と、Jira は 2 つのグループを作成し、その両方に操作者 (管理ユーザー) を追加します。1 つ目のグループは jira-administrators グループで、Jira 管理者グローバル権と管理権限を付与します。2 つ目のグループはインストールした Jira アプリケーションに応じて作成されます。グループの一覧を下記に示します。

JIRA アプリケーション 製品のライセンス取得時に作成されるユーザー グループ
Jira Core
jira-core-users
Jira Software
jira-software-users
Jira Service Desk
jira-servicedesk-users

この両方のグループが、アプリケーション アクセス ページにインストールしたアプリケーションに割り当てられ、第 2 のグループは既定のグループとしても割り当てられます。つまり、これ以降アプリケーションで作成したユーザーはすべて、このグループに自動的に追加されます。

Jira アプリケーションの追加

インスタンスに別の Jira アプリケーションを追加する必要が生じる場合があります。追加のアプリケーションのインストールは [バージョンおよびライセンス] ページから行えます。このページでアプリケーションの最新バージョンを検索し、インストールします。インストール後は、新しいアプリケーションがライセンスを取得していることを確認する必要があります。ライセンスを取得すると、Jira はアプリケーション用の既定のグループを作成しますが、操作者がこのグループに自動的に追加されるわけではありません。アプリケーションへの完全なアクセスを取得するには、アプリケーションに関連付けられているグループに自身を追加する必要があります。

複数の JIRA アプリケーションの実行

それぞれの Jira アプリケーションには一連の固有機能が備わっており、ニーズに合わせたエクスペリエンスをユーザーに提供します。Jira のすべてのユーザーはグループのメンバーシップに応じてアプリケーションにアクセスします。ユーザーはすべてのアプリケーションにアクセス可能な場合も、1 つのアプリケーションのみにアクセス可能な場合もあります。ユーザーがアプリケーションにアクセスできる場合、そのアプリケーションの 1 ライセンス ユーザーとしてカウントされます。たとえば、ユーザーが Jira Software のグループと Jira Service Desk のグループに所属している場合、ユーザーは Jira Software と Jira Service Desk の両方のライセンス ユーザーとしてカウントされます。

複数のアプリケーションをインストールしている場合、既定では、すべてのユーザーがすべてのプロジェクトを表示できます (これを禁止する特定のプロジェクト権限設定がある場合を除く)。つまり、Jira Core ユーザーはすべての Jira Software および Jira Service Desk プロジェクトを表示できます。ただし、ユーザーがこれらのアプリケーションのライセンスを持っていない場合、そのアプリケーション固有の機能を表示することはできません。たとえば、Jira Software プロジェクトを表示している Jira Core  ユーザーは、プロジェクトと課題を表示できますが、アジャイル ボードや開発情報、リリース情報などの JIRA Software に固有の機能を表示することはできません。これらの機能は Jira Software ユーザーのみが表示できます。Jira Core には、他のユーザーの表示やアクションを制限するような固有の機能はないことにご注意ください。つまり、Jira Software または Jira Service Desk ユーザーは、すでに Jira Core プロジェクトの表示や作業が可能です。この場合、Jira Core へのアクセスに特定のアプリケーションは不要で、したがって、ライセンスも不要です。ライセンス ユーザーが表示できる他のアプリケーション プロジェクトや、そこでのアクションの詳細については、「Jira アプリケーションとプロジェクト タイプの概要」ページをご覧ください。

最終更新日 2019 年 9 月 9 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

このセクションの項目

Powered by Confluence and Scroll Viewport.