ユーザー既定設定の構成

管理者は、作成時にユーザーアカウントに適用された既定のユーザー設定を変更できます。これらの設定は、ユーザーがプロファイルから個別に変更できます。

注: 管理者は、「適用」リンクをクリックすることで、ユーザーが特定の電子メール形式を使用するよう強制することができます。ユーザーはその後でこの設定を編集できません。

ユーザー既定設定の変更

  1. 「Jira 管理者」のグローバル権限を持つユーザーとしてログインします。
  2. > [システム] > [既定のユーザー設定] を選択し、[ユーザー既定設定] ページを開きます。
  3. 既定値の編集」ボタンをクリックします。「ユーザーの既定設定」ウィンドウが表示されます。
  4. 必要な変更を行います。利用可能な変更の要約を次に示します。

    設定 オプション
    電子メール形式 Jira が HTML またはテキスト計s着で送信可能な送信電子メール通知。
    ページあたりの課題数 それぞれの課題のナビゲーションページに表示される課題の数を設定します。1 から 1000 の値を入力します。
    既定アクセス 新しいフィルターとダッシュボードを作成する際の既定のアクセス設定を選択します。これには、他のすべてのユーザーと共有する (公開) または自分の表示のみに制限する (非公開) のいずれかを選択できます。
    ユーザーに自分の変更を通知する Jira が自分か他の人によって課題が更新された時にメール通知をするか (自分に通知) 他の人によって更新された場合のみにするか (つまり、自分に通知しない) を選択することができます。
    独自の課題の自動ウォッチ Jira に対し、課題を作成したりコメントをしたりした時、 自動的にウォッチャーになるかを選択します。
  5. 更新」ボタンをクリックします。変更が適用されました。

注: 「ユーザーの既定設定」ウィンドウに初めてアクセスするとき、電子メール形式はテキストに設定されます。これは、「更新」をクリックすると適用されます。適用したい電子メール形式を正しく選択していることを確認します。

最終更新日 2019 年 9 月 9 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.