プロジェクトへの匿名アクセスの許可

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Jira アプリケーションを構成し、ユーザーにログインなしでの課題の作成を許可します。

これを行うには、次の操作を行う必要があります。

  1. ユーザーに対し、ログインなしでプロジェクトでの課題の参照や検索を許可します。
    1. プロジェクトの権限スキームでプロジェクトの参照権限に [任意のユーザー] グループを追加します。
  2. ユーザーに対し、ログインなしでそのプロジェクトでの課題の作成を許可します。
    1. プロジェクトの権限スキームで課題の作成権限に [任意のユーザー] グループを追加します。
    2. プロジェクトのフィールド構成スキームで報告者をオプションに設定します。

ログインしていないユーザーが作成した課題は、課題の報告者に「匿名」と表示されます。また、匿名ユーザーがすべての必須フィールドに記入し送信していることを確認する必要があります。たとえば、[期日] フィールドを必須にする場合、匿名ユーザーは [課題のスケジュール] 権限も必要です。

匿名ユーザーの持つアクセス権は Jira Core ユーザーと同等ではありません。 つまり、匿名ユーザーは課題を表示したり、あらゆる種類のプロジェクトでの作業が可能ですが、アプリケーション固有の機能 (例:Jira Software 固有の機能である アジャイルボードなど) を見ることはできません。詳細については、Jira アプリケーションとプロジェクトタイプの概要を参照してください。

最終更新日 2019 年 9 月 9 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.