リリース ノートを作成する

バージョンの管理

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Jira には、プロジェクトの特定バージョンに対するリリース ノートを作成する機能があります。リリース ノートには、特定の「修正」バージョンとマークされた、指定したプロジェクト内のすべての課題が含まれます。

The release notes can also be generated in different formats - plain text or HTML - so they can be included in various documents.

Example of release notes created in a plain text format:

By default, Jira provides two customized Velocity templates for release notes: an HTML template and a Text one. You can also create your own templates and add them to the system. See Creating a custom release notes template containing release comments for details.

These templates are located under <jira-application-dir>/WEB-INF/classes/templates/jira/project/releasenotes:

  • releasenotes-text.vm

  • releasenotes-html.vm

You can view and create release notes only in projects that have enabled release versions. If you don’t have any versions created for your project, you won’t be able to configure and generate release notes.

リリース ノートの生成

  1. In the top navigation bar, navigate to Projects > View all projects, and find your project.

  2. In the project sidebar, select Releases. 

    tip/resting Created with Sketch.

    If you're using Jira Core, go to Project settings and select Versions.

  3. Open the version you want to generate release notes for.

  4. Select Release notes.

  5. Select the Configure Release Notes link to customize the release notes:

    • Please select version: select the required project version for which the release notes will be generated.

    • Please select style: select the required format of the release notes or use one of the available plain text format templates.

  6. Select Create to generate the release notes using the specified template in the specified format. The release notes will be displayed on the screen and can be copied and pasted to any other application.

 新しい書式設定テンプレートの追加

  1. 例として提供された releasenotes-text.vm および releasenotes-html.vm に似た内容の Velocity テンプレートを作成します。Jira API ドキュメントおよび Apache Velocity ユーザー ガイドを参照してください。
  2. The title in the template should be modified along with the code within the text area. You don't need to change any other sections of the template.
  3. 新しい書式設定テンプレートを、jira-config.properties ファイルにある既存のテンプレートの一覧に追加します。それぞれの新しいテンプレート形式について、次のプロパティの既存の値に対応する値を追加する必要があります。
    • jira.releasenotes.templatenames
    • jira.releasenotes.templates

      注意:

      • これらのプロパティの対応するエントリは同じ順序にする必要があります。
      • これらのプロパティが jira-config.properties ファイルに存在しない場合、次のようにします。
        1. これらの各プロパティに対してプロパティ名を追加します。
        2. =」と続けます。
        3. 続けて、Jira インストールの jpm.xml ファイルからコピーした、プロパティに対応する <default-value/> 要素の内容を入力します。
        4. 次に、新しい書式設定テンプレートに対応するエントリの追加を開始します。

      詳細は「jira-config.properties ファイルに変更を加える」をご参照ください。


  4. The new format template is available for selection as a release note format template. For more information, check out Creating a custom release notes template containing release comments.


最終更新日 2022 年 9 月 23 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.