Jira アプリケーションの Oracle への接続

ここでは、Jira を Oracle データベースに接続する方法について説明します。

はじめる前に

このページの内容

1. Oracle の設定

  1. Jira で利用できるデータベース インスタンスがあることをご確認ください (新規作成、または既存インスタンスの使用)。
  2. Jira 用データベース インスタンス内で、Jira が接続時に使用するユーザーを作成します (例: jiradbuser)。
    このデータベース ユーザー名は、次のステップでこのデータベースへの Jira の接続を設定するために使用するため、必ず覚えておいてください。

    create user <user> identified by <user_pass> default tablespace
    tablespace_name> quota unlimited on <tablespace_name>;
    

    Oracle でユーザーを作成すると、次のようになります。

    • Oracle は「スキーマ」を自動で作成します。
    • 表オブジェクトの表領域を指定する必要があります。

  3. ユーザーが次の権限を持つことを確認します。

    grant connect to <user>;
    grant create table to <user>;
    grant create sequence to <user>;
    grant create trigger to <user>;

    上記に示された権限と完全に一致する権限がユーザーに付与されていることが非常に重要です。Jira ではこれらの権限のみ必要です。適用される権限に過不足がある場合は、一部の Jira 機能が正しく動作しない可能性があります。

    換言すると、Jira の機能が期待どおりに動作するように、ユーザーに特定の権限を付与してロールは割り当てないことをお勧めします。

    たとえば、RESOURCE ロールをユーザーに付与して RESOURCE ロールに SELECT ANY TABLE 権限が付与される場合、Jira の機能は期待どおりに動作しない可能性があります。そのため、正確な権限をユーザーに付与することをお勧めします。

  4. データベースに設定された文字エンコードが Jira と同じであることを確認します。推奨されるエンコードは AL32UTF8 (Oracle の同等なエンコードは Unicode UTF-8) です。

2. Oracle JDBC ドライバのダウンロード

次の手順に従って、ご利用の Oracle バージョンに適した JDBC ドライバーをダウンロードします。

  1. Oracle JDBC ドライバーをダウンロードします
  2. ダウンロードした .jar  ファイルを Jira インストール ディレクトリの lib/ ディレクトリにコピーします。 

サポート対象ドライバーの詳細は「サポート対象プラットフォーム」をご参照ください。

3. Oracle データベースに接続するための Jira Server の設定

Oracle データベースに接続するために JIRA サーバーを設定する方法は2つあります。

  • Jira セットアップ ウィザードを使用する。Jira をインストールしたばかりで初めてセットアップする場合は、この方法を使用します。設定は Jira ホーム ディレクトリdbconfig.xml ファイルに保存されます。
  • Jira 設定ツールを使用する。既存の Jira インスタンスがある場合は、この方法を使用します。設定は Jira ホーム ディレクトリdbconfig.xml ファイルに保存されます。

セットアップ ウィザードによる Jiraby の設定

ブラウザーで Jira に初めてアクセスすると、Jira セットアップ ウィザードが表示されます。

  1. 最初に表示される [言語とデータベースを設定] 画面で、[データベース接続] を [ご自分のデータベース] に設定します。
  2. データベース タイプOracle に設定します。
  3. データベース接続フィールド」セクションをご参考のうえ、フィールドに入力します。
  4. 接続をテストし、保存します。

設定ツールによる Jira の設定

  1. Jira 設定ツールを次のように実行します。
  2. [データベース] タブを選択して [データベース タイプ] を [Oracle] に設定します。
  3. データベース接続フィールド」セクションをご参考のうえ、フィールドに入力します。
  4. 接続をテストし、保存します。Jira と Oracle を手動で設定したときに指定したすべてのカスタム設定 (例: <connection-properties>SetBigStringTryClob=true</connection-properties> の追加) は削除されます。削除された設定は手動で回復させる必要があります。
  5. Jira を再起動します。

データベース接続フィールド


セットアップ ウィザード/設定ツールdbconfig.xml

説明

ホスト名

<url> タグにあります (下記の例の太字部分): url>jdbc:oracle:thin:@ dbserver :1521/ORCL</url>

Oracle サーバーがインストールされたサーバー マシンのマシン名または IP アドレスです。
ポート

<url> タグにあります (下記の例の太字部分):
<url>jdbc:oracle:thin:@dbserver:1521/ORCL</url>

Oracle サーバーがリッスンする TCP/IP ポート。Oracle の既定のポート番号は「1521」です。
SID

<url> タグにあります (下記の例の太字部分):<url>jdbc:oracle:thin:@dbserver:1521/ORCL</url>

The Oracle "System Identifier". The default value for most Oracle servers is "ORCL". Note that Jira will not work on Oracle Database Express Editions.
ユーザ名

<username> タグに格納されます (下記例の太字部分):
<username> jiradbuser </username>

Jira が Oracle サーバーに接続するために使用するユーザー。このユーザーはこのガイドのステップ 1 で作成しています。

パスワード<password> タグに格納されます (下記例の太字部分):
<password> jiradbuser </password>
Oracle サーバーが認証に使用するユーザーのパスワード。

dbconfig.xml ファイルのサンプル

上記の dbconfig.xml ファイルに含まれる、pool で始まる <jdbc-datasource/> の子要素の詳細については、「データベース接続のチューニング」を参照してください。

<jira-database-config>
  <name>defaultDS</name>
  <delegator-name>default</delegator-name>
  <database-type>oracle10g</database-type>
  <jdbc-datasource>
    <url>jdbc:oracle:thin:@dbserver:1521/ORCL</url>
    <driver-class>oracle.jdbc.OracleDriver</driver-class>
    <username>jiradbuser</username>
    <password>password</password>
    <pool-min-size>20</pool-min-size>
    <pool-max-size>20</pool-max-size>
    <pool-max-wait>30000</pool-max-wait>
    <pool-max-idle>20</pool-max-idle>
    <pool-remove-abandoned>true</pool-remove-abandoned>
    <pool-remove-abandoned-timeout>300</pool-remove-abandoned-timeout>
 
    <validation-query>select 1 from dual</validation-query>
    <min-evictable-idle-time-millis>60000</min-evictable-idle-time-millis>
    <time-between-eviction-runs-millis>300000</time-between-eviction-runs-millis>
  
    <pool-test-while-idle>true</pool-test-while-idle>
    <pool-test-on-borrow>false</pool-test-on-borrow>
  </jdbc-datasource>
</jira-database-config>

4. Jira を起動する

これで、Oracle データベースに接続するための Jira の設定が完了しました。次のステップでは、これを起動させます。

おつかれさまでした、これで Oracle データベースへの JIRA の接続は完了です。

既知の問題およびトラブルシューティング

カスタム ワークフローや、長い説明、コメント、またはカスタム フィールド値を持つ課題の処理で問題が発生する場合は、dbconfig.xml ファイルで </jdbc-datasource> 要素の子として <connection-properties>SetBigStringTryClob=true</connection-properties> 要素を追加してみてください。

この接続プロパティによって問題が解決する場合があります。設定後に Jira を再起動する必要があります。

最終更新日 2022 年 7 月 25 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.