グローバル コンテキストを持つカスタム フィールド

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

グローバル コンテキストを持つカスタム フィールドは Jira インスタンスのすべてのプロジェクトで利用できますが、実際に使用するのは一部のプロジェクトだけです。パフォーマンスを改善するために、コンテキストをプロジェクト固有に変更して、関連するプロジェクトにのみ適用することができます。

カスタム フィールドの最適化は、Jira Software Data Center および Jira Service Desk Data Center で使用できます。

カスタム フィールドの表示

構成が最適化されていないカスタム フィールドの一覧が作成され、Jira インスタンスのパフォーマンスへの影響に基づいて並べられます。カスタム フィールドの一覧には、Jira Software、Jira Service Desk、または Portfolio for Jira で作成されたものは含まれません。 

最適化のため、カスタム フィールドはグローバル コンテキストを持ち、複数のプロジェクトでのみ使用します。フィールドは 10 未満のプロジェクトで使用することをおすすめします。これに該当しない場合、フィールドは実際はグローバル カスタム フィールドとしてみなされ、構成の変更は推奨されません。

カスタム フィールドの一覧は、以下の例のように表示されます。

  1. カスタム フィールドの名前
  2. 使用プロジェクト: 現在このカスタム フィールドを使用しているプロジェクトが表示されます。
  3. アクション: 最適な設定に変更するには、[コンテキストの変更] を選択します。後から [変更を表示] を選択してカスタム フィールドの設定ページを表示し、必要な変更を行うことができます。

コンテキストの変更

強調表示されるカスタム フィールドは、グローバル コンテキストになっているものです。これをプロジェクト固有に変更する必要があります。これにより、対象のカスタム フィールドを現在使用しているプロジェクトと、それを必要としているプロジェクトにのみ、カスタム フィールドを適用できます。

コンテキストを変更するには、各カスタム フィールドの横にある [コンテキストの変更] をクリックします。

べストプラクティス

変更をまとめて適用したり、ピーク時間を避けて適用します。ユーザーが特定のカスタム フィールドを使用している課題を開く際にはキャッシュを再作成する必要があります。一括で行う場合、複数のカスタム フィールドのキャッシュが一度に再作成されます。

変更

変更を加えると、以下のアクションが実行されます。 

  • 指定されたカスタム フィールドを使用するすべてのプロジェクトが特定されます。
  • カスタム フィールドのコンテキストがグローバルからプロジェクト固有に変更されます。関連するプロジェクトがローカル コンテキストに追加され、これらにのみカスタム フィールドが適用されます。

値を削除したり、カスタム フィールド自体を削除するわけではないため、データ損失のリスクはありません。このカスタム フィールドを使用しているプロジェクトは、引き続き同様に使用できます。

次のステップ

[変更の表示] をクリックして、カスタム フィールドのコンテキストを表示します。必要に応じて、コンテキストに追加されたプロジェクトの一覧を確認したり、新しいプロジェクトを追加したり、コンテキストをグローバルに戻したりすることができます。

今後の新しいプロジェクトを一覧に追加する必要があることにご注意ください。カスタム フィールドは、新しいコンテキストに属するまで使用することはできません。コンテキストの編集と関連付けられているプロジェクトの管理の詳細については、「カスタム フィールドの設定」を参照してください。

最終更新日 2019 年 7 月 2 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.