Jira アプリケーション設定ツールの利用

Jira アプリケーション設定ツールは、Jira のサーバーレベルの構成を便利な GUI から行えるアプリケーションです。このツールでは以下のことが出来ます:

このページの内容:

注意:

  • Jira 設定ツールの利用にあたっては、お使いの OS での Java プラットフォームのインストールおよび設定が必要です。本ツールを実行するにあたって Java プラットフォームのインストールが必要な場合は、Java platform supported by Jira の利用をお勧めします。詳しくは「Jira 要件」を参照してください。
  • Jira サーバーへのコンソール接続のみが有効な場合、これらのサーバーレベルの設定を手動で行う必要があります。
  • 本ツールを使用して Jira サーバーの設定あるいは再設定を行う際は、これらの変更点を反映するために Jira を再起動する必要があります

Jira 設定ツールの起動

Jira 設定ツールを利用するには JAVA_HOME 環境変数が設定されている必要があります。これがまだ設定されていない場合、「Java のインストール手順にしたがって設定します。

Jira 設定ツールは、グラフィカル ユーザー インターフェイスか、-c または --console 引数を使用してコマンドライン インターフェイス経由で実行できます。次のセクションでは、グラフィカル インターフェイスを示していますが、機能はインターフェイスを問わず同じものとなります。

Jira ホーム ディレクトリの設定

Jira ホーム ディレクトリ には、Jira がさまざまなデータ ファイルを保存するためのフォルダを指定できます。

  1. [Jira ホーム] タブをクリックします。
  2. [Jira ホーム ディレクトリ] フィールドで、テキスト フィールド内にファイルの完全なパスを入力するか、[参照] ボタンをクリックして Jira ホーム ディレクトリの場所を指定します。
  3. [保存] ボタンをクリックします。変更内容が、Jira アプリケーション インストール ディレクトリ内の <jira-application-dir> サブディレクトリの jira-application.properties ファイルに保存されます。詳しくは、「Jira ホーム ディレクトリの設定」を参照して下さい。

スクリーンショット: Jira 設定ツール — [Jira ホーム] タブ

データベース接続の設定

Jira 設定ツールを利用して Jira のデータベース接続を設定するには、お使いのデータベース タイプに対応する手順を利用します。


スクリーンショット: Jira 設定ツール — [データベース] タブ

Jira の Webサーバを設定する

Jira 設定ツールは、Jira の Web サーバー (TCP ポートおよび SSL の設定) に利用できます。以下の関連する手順をご参照ください。

スクリーンショット: Jira 設定ツール — [Web サーバー] タブ

Jira データベース コネクションのチューニング

Advanced (詳細) タブ機能の詳細については、データベース接続のチューニングを参照して下さい。

スクリーンショット: Jira 設定ツール — [詳細] タブ

最終更新日 2019 年 5 月 20 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.