フォールバック手法による Jira のアップグレード

Jira Server または Data Center の、フォールバック手法を使用したアップグレードを選択しました。

フォールバック手法について

フォールバック手法を使用すると、アップグレード プロセスが予想以上に長引いたり問題が発生したりした場合に、元のシステムに素早く安全にロールバックできます。

次のような場合に特に便利です。

  • Jira がビジネスにとってミッションクリティカルであり、ダウンタイムを長引かせることができないエンタープライズ環境。

ユーザーのリダイレクト先の Jira インスタンスを素早く変更できるようにするには、プロキシ サーバーをセットアップする必要があります。これにより、Jira の新しいインスタンス (アップグレードに満足している場合)、または古いインスタンス (問題があった場合) に素早くリダイレクトする方法を用意できます。現在の Jira 環境はそのまま残され、それを新しい場所にレプリケートすることになります。

この図は、本ドキュメントで説明する手順を示したものです。簡略化のため、図では 2 台のサーバー ハードウェアを使用してアップグレードを行う場合を示していますが、アップグレードのテストおよび実行用に Jira を同一サーバーの異なるディレクトリに簡単にインストールできます。その場合、テスト中に個別のインストールおよびデータベース ディレクトリを使用することを確認するようにします。

Upgrade_SafeMethod

プロキシ サーバーのセットアップ

ロード バランサなどのリバース プロキシのセットアップを行います。プロキシ サーバーを使用すると、 DNS の変更を待機することなく、ユーザーを別の Jira サーバーにリダイレクトできます。アップグレード プロセスで解決できない問題が発生した場合、既存の Jira インスタンスを再起動し、古い Jira インスタンスを示すようにプロキシ サーバーを再設定できます。

本番環境用サーバーに関連して、モニタリング、API 呼び出し (SOAP、REST、CLI 等)、またはスクリプトを使用する場合は、それらをアップデートして新たに設定したプロキシ情報を反映させます。

Apache の設定に関する詳細情報は以下のドキュメントをご覧ください :

Jira のシャットダウンとバックアップの作成

ユーザーが新しいデータを作成しないよう、既存の Jira をシャットダウンします。次に、データベース、ホームおよびインストール ディレクトリのバックアップを作成します。

  1. データベースをバックアップし、バックアップが正しく作成されていることを確認します。 

  2. インストール ディレクトリホーム ディレクトリのバックアップを作成します。

新しい Jira インスタンスのセットアップ

新しい環境をセットアップする際に最も簡単なのは、「Jira 用にテスト環境を作成する」で説明した手順を使用して、Jira 全体を新しいディレクトリにコピーする方法です。

tip/resting Created with Sketch.

新しいインスタンスをゼロからインストールした後で、データベース、ホーム ディレクトリ、およびすべてのカスタマイズを復元することもできます。ただし、古いインスタンスを複製すると、そこでアップグレードをテストできるため、こちらをおすすめします。

Jira をアップグレードする

新しい Jira インスタンスで標準アップグレードを実行します。インストーラーと手動による方法のどちらを選択しても構いません。


アップグレードの検証とプロキシのリダイレクト

新しいインスタンスを調べ、すべてが正常に動作していることを確認します。

  • 問題がない場合
    内容に問題がないことを確認したら、プロキシ サーバーを新しい Jira インスタンスにリダイレクトします。

  • 問題がある場合
    問題がある場合は、プロキシ サーバーを古いインスタンスにリダイレクトします。ユーザーは作業を再開し、その間に管理者は次のアップグレードに備えることができます。

最終更新日 2019 年 5 月 20 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.