Jira アプリケーションメモリの容量を増やす

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Jira Software や Confluence のような Java アプリケーションは、オペレーティングシステム内で実行されるのではなく、"Java 仮想マシン" (JVM) 内で実行されます。開始されると、Java 仮想マシンには一定量のメモリが割り当てられ、Jira のようなアプリケーションが利用できるようになります。既定では、サーバーで実際に使用可能なメモリ容量にかかわらず、Java 仮想マシンには64 MB のメモリが割り当てられます。64 MB は中規模から大規模の Jira アプリケーションインストールには不十分であるため、割り当てを増やす必要があります。このことは、ログで OutOfMemoryErrors で確認できます。

注意:

  • このページでは、ヒープスペースメモリを増やす方法について説明します。Perm Gen または GC Overhead エラーが発生していないことを確認してください。
  • Jira を Windows 32 ビットにインストールする場合、ベース設定として 1024 MBを超えていないことを確認してください。
  • 次のすべての手順を行うには、 Jira 管理者 グローバル権限 を持つユーザーとしてログインする必要があります。

このページの内容:

ステップ1: 診断

ここをクリックして展開...

原因の調査

ただ単にメモリを増やすよりも取り組むべき OutOfMemory の原因があることがよくあります。詳しくは'Jira Crashes Due to 'OutOfMemoryError Java heap space'における議論を参照してください。

Jira アプリケーション使用パターンの特定

> [システム] を選択します。[システム サポート] > [システム情報] を選択して、[システム情報] ページを開きます。次に、ページをスクロール ダウンして [Java VM メモリ統計] セクションを表示し、ピーク使用時のメモリ グラフを確認します。

(info) このサーバーには最大 768 MB、最小 256 MB が割り当てられています (一般に start-jira スクリプトで実行される setenv スクリプトで定義)。Jira アプリケーションで設定が使用されているかどうかを確認する場合、ここを参照します。ここで、Jira アプリケーションに 742 MB が予約されていることや、190 MB が実際に使用されていることを確認できます。この Jira アプリケーション インスタンスでメモリが不足すると、利用可能な最大 (768 MB) 容量が予約され、それに近い量が使用されます。

利用可能なシステム メモリの決定

Windows の場合

[Close Programs] ダイアログ (Ctrl + Alt + Delete を押す) から [Performance] タブを選択します。

(info) Jira アプリケーションに割り当てることができる、使用可能となっている容量が KB 単位で表示されます。このサーバーでは、割り当て容量は最大 214 MB にします。

Linux の場合

cat /proc/meminfo を実行してメモリ使用量を表示します。

サーバーで利用可能な容量を超えて -Xmx を設定すると、物理メモリ不足から OutOfMemoryErrors が発生する可能性があります。これが発生した場合、スワップ容量が使用され、パフォーマンスが大幅に低下します。

ガイダンス

目安として、課題が5000より少ない場合は、既定の768 MB で十分にJira アプリケーションを実行できます。Jira アプリケーションにメモリを多く割り当てすぎると、パフォーマンスに悪影響が及ぶ可能性があるため、最初は768 MB とし、必要に応じて少しずつ増やすのが最善です。別のデータポイントとして、40,000 の場合は768 MB ~ 1 GB で問題なく動作します。

ステップ2: 使用可能なメモリ容量の引き上げ

Linux

ここをクリックして展開...

Linux インストールでヒープ領域メモリを増やすには:

  1. <Jira application installation directory>/bin (Jira WAR インストールの場合は <Tomcat Installation Directory>/bin) で、setenv.sh ファイルを開きます。
  2. JVM_MINIMUM_MEMORY= および JVM_MAXIMUM_MEMORY= を見つけます。
  3. 前の「診断」を参照し、適切な値を入力します。

Windows (.batファイルから起動)

ここをクリックして展開...

Windows インストールで .bat ファイルから開始する場合にシステムプロパティを設定するには:

  1. <Jira application installation directory>/bin (Jira WAR インストールの場合は <Tomcat Installation Directory>/bin) で、setenv.bat ファイルを開きます。
  2. set JVM_MINIMUM_MEMORY= および set JVM_MAXIMUM_MEMORY= セクションを見つけます。
  3. 前の「診断」を参照し、適切な値を入力します。

Windows サービス

展開して Windows サービスの手順を表示

Windows サービスとして Jira を起動している状態でシステムプロパティを設定するには、コマンドラインで変更する方法とWindows レジストリで変更する方法の2つがあります。

Windows サービスのプロパティをコマンド ラインから設定する

コマンドラインから Windows サービスのプロパティを設定するには

  1. Windows にサービスとしてインストールされている Jira アプリケーションのサービス名を特定します (Control Panel > Administrative Tools > Services)。

    (info) 上記の例では、SERVICENAMEJIRA120312230938 です。
  2. Start > Run > type in 'cmd' > press 'Enter' でコマンド ウィンドウを開きます。
  3. cd と入力して Jira アプリケーションのインストール ディレクトリbin サブディレクトリ (Jira WAR ディストリビューションを実行している場合は Tomcat インストール ディレクトリの bin サブディレクトリ) に移動します。
    例:

    cd C:\Program Files\Atlassian\JIRA\bin
  4. 次のコマンドを実行します:

     tomcat8w //ES//%SERVICENAME%

    例: tomcat8w //ES//JIRA120312230938

  5. Java タブをクリックして、現在の起動オプション一覧を表示します。
  6. ここでメモリの最大割り当て量を設定します。

Windows サービスのプロパティを Windows レジストリで設定する

Windows の一部のバージョンには、Java 変数をサービスに追加するオプションがありません。この場合、レジストリ内のオプション一覧を表示してプロパティを追加する必要があります。

Windows レジストリで Windows サービスのプロパティを設定するには

  1. Start > Run に移動し、"regedit32.exe" を実行します。
  2. サービス エントリを見つける:
    32 ビット: HKEY_LOCAL_MACHINE > SOFTWARE > Apache Software Foundation > Procrun 2.0 > JIRA
    64 ビット: HKEY_LOCAL_MACHINE > SOFTWARE > Wow6432Node > Apache Software Foundation > Procrun 2.0 > JIRA
  3. 既存のプロパティを変更する (特に Xmx メモリを増やす) には、適切な値をダブルクリックします。
  4. 追加のプロパティを変更するには、オプションをダブルクリックします。
  5. ここでメモリ割り当てを変更します。

ステップ3: 設定の確認

ここをクリックして展開...

設定した内容を確認するには、<Jira application home directory>/logs/atlassian-jira.log または catalina.out ファイルを確認します。起動部分のセクションは次のようになっています。

JVM Input Arguments : -Djava.util.logging.config.file=/usr/local/jira/conf/logging.properties -XX:MaxPermSize=256m -Xms256m -Xmx384m -Djava.awt.headless=true -Datlassian.standalone=JIRA -Dorg.apache.jasper.runtime.BodyContentImpl.LIMIT_BUFFER=true -Dmail.mime.decodeparameters=true -Djava.util.logging.manager=org.apache.juli.ClassLoaderLogManager -Djava.endorsed.dirs=/usr/local/jira/endorsed -Dcatalina.base=/usr/local/jira -Dcatalina.home=/usr/local/jira -Djava.io.tmpdir=/usr/local/jira/temp

(info) Xmx (最大) および Xms (最小) 設定を探します。

これは、システム情報を表示することでも確認できます。

最終更新日 2019 年 5 月 20 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.