Jira アプリケーションを Azure SQL に接続する

ここでは、Jira Server または Jira Data Center を Azure SQLデータベースに接続する手順について説明します。

はじめる前に

1. Azure SQL データベースを作成する

Azure SQL データベースを作成します。「クイックスタート: Azure で単一のデータベースを作成する」を参照してください。

要件

  • 照合順序: データベースを作成するときは、[追加設定] で適切な照合順序を設定するようにします。あとから変更することはできません。Jira でサポートされる照合タイプは SQL_Latin1_General_CP437_CI_AILatin1_General_CI_AIです。


2. Jira にデータベースへの接続を許可する

Jira が Azure SQL データベースに接続できるようにするには、Jira サーバーの IP アドレスをデータベースのファイアウォール ルールに追加する必要があります。Azure SQL データベースのファイアウォール ルールを参照してください。


3. Jira を構成してデータベースに接続する

Jira サーバーを Azure SQL データベースに接続するには、2 つの方法があります。

tip/resting Created with Sketch.

接続文字列を見つける

Jira をデータベースに接続するときは、ホスト名、ポート番号、データベース名などの接続の詳細を指定する必要があります。これらは、Azure ポータルでデプロイされたデータベースを開き、[Connection strings] に移動することで見つけることができます。


データベース接続フィールド

以下のセクションは、Jira をデータベースに接続するときに入力する必要があるフィールドを示しています。 


セットアップ ウィザード/設定ツールの場合 ...
フィールド 説明 / 例
ホスト名

Azure SQL サーバーの名前または IP アドレス。 

例: sqlserver.database.windows.net

ポート

Azure SQL サーバーがリッスンしている TCP/IP ポート。このフィールドが空の場合、デフォルト ポートが使用されます。

既定: 1433

データベース

Azure SQL データベースの名前 (Jira のデータ保存先)。

例: jiradb

ユーザ名

Jira が SQL Server のサーバー接続時に使用するユーザー。

例: jiradbuser@sqlserver

パスワード Azure SQL サーバーとの認証に利用するユーザーのパスワード。
スキーマ

Azure SQL データベースが使用するスキーマ名。 

既定: dbo

dbconfig.xml の場合...
フィールド 説明 / 例
ホスト名

Azure SQL サーバーの名前または IP アドレス。 

-

<url>jdbc:sqlserver://;serverName=sqlserver.database.windows.net;

portNumber=1433;databaseName=jiradb</url>

ポート

Azure SQL サーバーがリッスンしている TCP/IP ポート。このフィールドが空の場合、デフォルト ポートが使用されます。

-

<url>jdbc:sqlserver://;serverName=sqlserver.database.windows.net;

portNumber=1433;databaseName=jiradb</url>


データベース

Azure SQL データベースの名前 (Jira のデータ保存先)。

-

<url>jdbc:sqlserver://;serverName=sqlserver.database.windows.net;

portNumber=1433;databaseName=jiradb</url>

ユーザ名

Jira が SQL Server のサーバー接続時に使用するユーザー。

-

<username>jiradbuser</username>

パスワード

Azure SQL サーバーとの認証に利用するユーザーのパスワード。

-

<password>yourpassword</password>

スキーマ

Azure SQL データベースが使用するスキーマ名。

-

<schema-name> dbo </schema-name>

dbconfig.xml ファイルのサンプル

上記の dbconfig.xml ファイルに含まれる、pool で始まる <jdbc-datasource/> の子要素の詳細については、「データベース接続のチューニング」を参照してください。

<jira-database-config>
  <name>defaultDS</name>
  <delegator-name>default</delegator-name>
  <database-type>mssql</database-type>
  <schema-name>dbo</schema-name>
  <jdbc-datasource>
    <url>jdbc:sqlserver://;serverName=sqlserver.database.windows.net;portNumber=1433;databaseName=jiradb</url>
    <driver-class>com.microsoft.sqlserver.jdbc.SQLServerDriver</driver-class>
    <username>adminsql@sqlserver</username>
    <password>T3ddybear</password>
    <pool-min-size>20</pool-min-size>
    <pool-max-size>20</pool-max-size>
    <pool-max-wait>30000</pool-max-wait>
    <validation-query>select 1</validation-query>
    <min-evictable-idle-time-millis>60000</min-evictable-idle-time-millis>
    <time-between-eviction-runs-millis>300000</time-between-eviction-runs-millis>
    <pool-max-idle>20</pool-max-idle>
    <pool-remove-abandoned>true</pool-remove-abandoned>
    <pool-remove-abandoned-timeout>300</pool-remove-abandoned-timeout>
    <pool-test-on-borrow>false</pool-test-on-borrow>
    <pool-test-while-idle>true</pool-test-while-idle>
  </jdbc-datasource>
</jira-database-config>
最終更新日 2019 年 9 月 8 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.