プロジェクトのアーカイブ

プロジェクトをアーカイブすると、プロジェクトを Jira から削除し、後で必要になったときのためにそのプロジェクトに含まれるデータを保持できます。Jira インスタンスでの情報の散在を防ぐために、アクティブでないプロジェクトや完了済みプロジェクトをアーカイブすることをおすすめします。プロジェクト数が少ないと、現在の作業に集中しやすくなります。

プロジェクトのアーカイブは、Jira Software Data Center および Jira Service Desk Data Center で使用できます。Jira Server でプロジェクトをアーカイブするには、このナレッジベース記事を参照してください。

はじめる前に

  • プロジェクトをアーカイブまたは復元するには、Jira 管理者または Jira システム管理者のグローバル権限が必要です。

  • アーカイブ用にプロジェクトを準備する必要はありません。必要に応じて、どんなプロジェクトでもアーカイブし、後から復元させることができます。

プロジェクトのアーカイブ

プロジェクトをアーカイブする手順は次のとおりです。

  1. > [プロジェクト] へ移動します。
  2. アーカイブするプロジェクトを見つけ、 > [アーカイブ] を選択します。 

    プロジェクトはすぐにビューで非表示になり、[アーカイブ済みプロジェクト] ページに移動します。

  3. プロジェクトのデータをインデックスから削除するには、Jira のインデックスを再作成します。この操作は、複数のプロジェクトをアーカイブした後や、適当と思われる任意のタイミングで実行できます。完全なパフォーマンスを活用するには、インデックスの再作成が必要です。

アーカイブしたプロジェクトはどうなりますか?

次の点を念頭に置いておく必要があります。

プロジェクト...
  • プロジェクトは制限され、すべてのユーザーに対して非表示になります。
  • プロジェクトはプロジェクト ピッカー、プロジェクト一覧、検索結果、JQL のオートコンプリートに表示されなくなります。[アーカイブ済みプロジェクト] ページ以外で表示することはできません。
課題...
  • 課題が所属するプロジェクトと同様に、課題は検索結果に表示されなくなります。
  • 課題は読み取り専用になります。編集することはできませんが、他のプロジェクトやアプリケーションからのダイレクト リンクやメンション経由で表示できます。
カスタマー ポータル...

Jira Service Desk のインストールおよびライセンス付与が完了している場合にのみ利用可能です。

  • カスタマー ポータルは制限され、すべてのユーザーに対して非表示になります。
  • カスタマー ポータルはヘルプ センターのナビゲーションに表示されなくなります。カスタマー ポータルのリンクにアクセスすると、そのサービス デスクが存在しないことを示すメッセージが表示されます。
構成...
  • プロジェクトのアーカイブは、そのプロジェクトが使用する設定 (スキーム、画面、ワークフローなど) には影響しません。設定は引き続き有効となり、他のプロジェクトと共有されます。これを変更した場合、アーカイブ済みプロジェクトには、プロジェクトが復元され次第適用されます。
インデックス...
  • プロジェクトはインデックスから無視され、Jira の再インデックスを行うと完全に削除されます。これによって、Jira に直接保存されているデータを削除し、パフォーマンスを改善します。

プロジェクトの復元と再インデックス

すべてのプロジェクト データはデータベース内に残るため、必要になったときにはいつでも復元できます。

プロジェクトを復元する手順は次のとおりです。

  1. > [プロジェクト] > [アーカイブ済みプロジェクト] へ移動します。このページには、アーカイブされたすべてのプロジェクトが表示されます。

  2. 復元したいプロジェクトを選択してから、 > [復元] を選択します。

    プロジェクトは元の状態に復元され、プロジェクト一覧とプロジェクト ピッカーに再び表示されます。 

  3. 課題が検索結果に再び表示されるよう、プロジェクトの再インデックスを行います。

    1. 復元したプロジェクトを開きます。

    2. [プロジェクト設定] > [プロジェクトのインデックス再作成] をクリックします。

    3. プロジェクトのインデックス再作成を開始するをクリックします。

最終更新日 2019 年 5 月 20 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.