コンポーネントをアーカイブする

コンポーネントの管理

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Jira インスタンスの整理のため、不要になったコンポーネントをアーカイブできます。コンポーネントをアーカイブすると、コンポーネントは課題で選択およびリンクできなくなりますが、引き続きレポートのための参照情報として保持されます。コンポーネントは引き続きコンポーネントの一覧に表示されますが、[アーカイブ済み] としてマークされます。

はじめる前に

  • コンポーネントをアーカイブまたは復元するには、Jira 管理者または Jira システム管理者権限が必要です。

  • 必要に応じて、どんなコンポーネントでもアーカイブし、後から復元させることができます。

コンポーネントをアーカイブする

コンポーネントをアーカイブする手順は次のとおりです。

  1. プロジェクトを開き、左側のナビゲーション バーの [コンポーネント] をクリックします。

  2. アーカイブするコンポーネントを見つけ、 > [アーカイブ] を選択します。

    コンポーネントはすぐに [アーカイブ済み] とタグ付けされます。

アーカイブしたコンポーネントはどうなりますか?

Jira Core / Jira Software

コンポーネントは引き続きコンポーネントの一覧に残り、[アーカイブ済み] としてマークされます。課題ページのコンポーネント ドロップダウンには表示されなくなり、選択したり新しい課題にリンクしたりすることができなくなります。課題にリンクされているアーカイブ済みコンポーネントは、[コンポーネント] フィールドで読み取り専用として表示されます。

Jira Service Desk

Jira Service Desk のインストールおよびライセンス付与が完了している場合にのみ利用可能です。

  • アーカイブ済みコンポーネントはチケットで読み取り専用として表示されます。

  • アーカイブ済みのコンポーネントを選択したり、チケットにリンクしたりすることはできません。


コンポーネントの復元

すべてのコンポーネント データは Jira に残るため、必要になったときにはいつでも復元できます。

コンポーネントを復元する手順は以下のとおりです。

  1. [コンポーネント] に移動し、復元するコンポーネントを選択します。ヒント: 必要なコンポーネントを見つけるため、[アーカイブ済み] ステータスでフィルタリングできます。

  2. 復元するコンポーネントの横の > [復元] をクリックします。

    コンポーネントは元の状態に復元され、[アクティブ] としてマークされます。

最終更新日 2019 年 5 月 20 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.