AWS で Jira Data Center を管理する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

AWS 上の Jira Data Center で作業する際は、ノードの追加や既存の Jira インスタンスのアップグレードで環境を拡張したり、SSH を介して接続することができます。


カスタム DNS 名の設定

AWS 上で Jira Data Center をデプロイする場合、Amazon のロード バランサーを示す既定のドメイン名を取得します。これを使用して Jira にアクセスすることになります。このドメイン名はロード バランサーの名前と AWS のリージョンによって異なりますが、一般には "my-loadbalancer-1234567890.us-west-2.elb.amazonaws.com" のようになります。これは、より使い慣れた形式 (例: jira.atlassian.com) に変更できます。これを行うには、Quick Start の [Existing DNS (optional)] パラメーターに独自のドメイン名を入力します。これを実行するにはドメイン名が必要です。ドメイン名を持っていない場合はこちらから登録できます。

カスタム DNS 名を設定するには:

  1. Quick Start を使用して Jira をデプロイする際には、[Existing DNS (optional)] パラメーターに自身のドメイン名 (FQDN) を入力します。この名前は、Jira が使用する Web サーバーである Apache Tomcat の proxyName パラメーターに保存されます。すべてのノードがこのドメイン名を使用します。
  2. デプロイメント後、Amazon のロード バランサーのアドレスがわかったら、ドメイン名と関連付けます。これを行うには、DNS サービスを使用して、ソースおよびターゲット URL を入力する CNAME レコードを作成し、エイリアスを作成する必要があります。「カスタム ドメイン名をロード バランサー名と関連づける」を参照してください。

Jira をデプロイ済みの場合も、スタックで使用されるパラメーターを変更し、インスタンス タイプまたはドメイン名にすることができます。「リソース プロパティを変更する」を参照してください。

スケーリング (拡張および縮小)

クラスター内のノードの数を変更するには:

  1. AWS マネジメント コンソールにサインインし、ナビゲーション バーのリージョン セレクタを使用してデプロイメントに対応した AWS リージョンを選択し、https://console.aws.amazon.com/cloudformation/ で AWS CloudFormation コンソールを開きます。
  2. デプロイメントの [Stack name] をクリックします。これにより、デプロイメントのスタック情報が表示されます。ここで、[Update] をクリックします。
  3. [Select Template] ページで [Use current template] を選択したままにし、[Next] を選択します。
  4. [Specify Details] ページで、[Parameters] セクションの [Cluster nodes] に移動します。ここで、次のパラメーターに対して希望する数のアプリケーション ノードを設定します。
    1. Minimum number of cluster nodes
    2. Maximum number of cluster nodes
  5.  クリックしてスタックを更新します。

Auto Scaling の無効化について

クラスタの最小ノード数と最大ノード数が同じであるため、Auto Scaling が事実上無効化されています。

クラスタ ノードの最小数と最大数に異なる値を設定すると、Auto Scaling が有効になります。これにより、システム負荷に基づいてクラスタのサイズが動的にスケーリングされます。

ただし、Auto Scaling は無効化したままにすることをおすすめします。現時点では、Auto Scaling はご利用のデプロイメントのシステム負荷の急激な変化に効果的に対処できません。つまり、負荷に応じてクラスタを手動で再スケーリングする必要があります。

SSH 経由でノードに接続する

AWS Systems Manager の Sessions Manager を使用して、デプロイメントでノードレベルの構成または保守タスクを実行できます。このブラウザベースのターミナルでは、SSH キーや Bastion ホストを使用せずにノードにアクセスできます。詳細については、「Session Manager の開始方法」を参照してください。

Bastion ホスト経由でのアクセス

Bastion ホストをデプロイ済みの場合、それを経由してノードにアクセスすることもできます。これを実行するには、SSH 秘密鍵ファイル (Key Name パラメータに指定した PEM ファイル) が必要です。このキーはデプロイ内のすべてのノードにアクセスできるため、安全な場所に保管するようにします。

この Bastian ホストは、デプロイの内部サブネットの任意のインスタンスへの ”踏み台” として機能します。つまり、まず Bastion ホストに接続し、そこからデプロイ内の任意のインスタンスにアクセスします。 

Bastion ホストのパブリック IP は、ATL-BastionStack デプロイの BastionPubIp スタックの出力です。このスタックは、デプロイの Atlassian Standard Infrastructure (ASI) にネストされています。Bastion ホストにアクセスするには、以下の例のように、ユーザー名に ec2-user を使用します。

ssh -i keyfile.pem ec2-user@<BastionPubIp>

ec2-user は、 sudo アクセスを持ちます。root による SSH アクセスは許可されません。


バックアップ

スナップショットを使用して Jira Software Data Center のバックアップを作成する、AWS のネイティブ バックアップ機能を使用することをおすすめします。詳しくは、「AWS バックアップ」を参照してください。

AWS への既存のインスタンスの移行

tip/resting Created with Sketch.

Jira Data Center Migration アプリ

Jira インスタンスを AWS のクラスタ インフラストラクチャに移行する予定がある場合、Jira Data Center Migration アプリの使用を検討してください。このアプリは AWS インフラストラクチャのカスタマイズとデプロイメントを自動化し、その後、移行プロセスを進めます。詳細な情報については、「Data Center Migration アプリを使用して Jira を AWS クラスタに移行する方法」を参照してください。

AWS に既存のインスタンスを移行するには:

  1. データベースを PostgreSQL に移行します。
  2. 既存のホーム ディレクトリとデータベースのバックアップを作成します。
  3. バックアップ ファイルをファイル サーバー EC2 インスタンスにコピーします。
  4. ファイル サーバーの /media/atl/jira/shared でバックアップ ファイルを展開します。
  5. pg_restore を使用して、バックアップ ファイルに含まれる PostgreSQL データベースのダンプを RDS インスタンスにリストアします。

最終更新日 2019 年 5 月 20 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.